2017年12月10日

お待たせいたしました。ビオトープで育ったお米です。


お待たせしました。
ビオトープのなかで育ったビオトープ米
お分けいたします。

玄米がおすすめですが、白米もどうぞ。

ビオトープでの稲作.20年。
小ブナがたくさん泳いでいます。

ゲンゴロウも、メダカも、
ドジョウも、ヤゴも…。
カブトエビも、豊年エビも…。

実に美しいビオトープ田んぼです。
小ブナは自宅前の池で採卵をして放流しています。

年に1回、有用微生物群で浄化しています。
新米を少量お分けします。

注文は臼田さんに直接どうぞ。

長野県の佐久平、千曲川の旅情豊かな川のそばです。
きれいな水で有名なところです。

5キロ単位だということです。
大下からの紹介、と言ってください。

「送料込みでお願いします」と言ってあります。

メールアドレス:usudase@yahoo.co.jp

TEL:0267−62−9591 臼田節夫さん

来年からは遺伝子組み換え米が大手を振って出回ります。

いまからこういう方とつながっておいたらいいでしょう。


本も出版してもらいます。
posted by 大下伸悦 at 09:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプマジック


2017年、年末の関心事と言えば

米国、政府機関の一部閉鎖(予算不足)問題と、
北コリア軍事暴発不安であったが、

トランプ大統領によるイスラエルの
首都認定署名が
世界の緊張拠点を一気に

3つの宗教の聖地エレサレムへと
人々の耳目を引っ張っていってしまった。

「北コリアとUSAの仲裁は国連が行う」ことで合意。
金氏と国連事務総長の会談の席でのことである。
これで北コリアの緊張はいったん解ける。
国連事務次長が4泊5日の北コリア訪問を終えて
北京経由で帰国の途へ。

同時に、トランプ氏による
イスラエルの孤立化策実施。
さあ、大変。
イスラエル消滅の危機も・・・。


米国議会が22年も前に決めた事案を
歴代大統領が、時効にすることなく
延べ40数回も署名を
回避してきたものなのだが、

まあ、トランプさんも
やるものです。

日本人からすれば
けったいな人たちだなぁとは思うものの

アブラハムさんも
モーゼさんも
キリストさんも
モハメッドさんも

生きていた時代は
いろいろとあったのでしょうが、

もう神様になったというのだから
いいかげん
争わなくていいように
何とかしてやっていただければありがたい。
神様なんだろうにね。
こんなことを言ったら大変なことになる。
それにしてもこの世とはけったいな世界ですね。

せっかくの
北コリアの緊張が台無しではないの。
まあ、こちらはいったん鉾は収められたかな。


ケネディ暗殺に関する公文書公開は
どうなったのだろう。
パパブッシュさんが犯人の一人っていうのは
ほんとうなの?


日本人はどうかって?

正義感ぶって
大学の経営を邪魔している方が
狂っているんだっての。

ばっかじゃないの。

そんなことより
川をきれいにしてきなさいな。


EUと日本の自由貿易協定が
正式決定!
6億人規模の自由貿易圏となるが、
USA主導ではない。




posted by 大下伸悦 at 03:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

トランプさんの陽動策。政府封鎖は起り得る、と…。

 
いつまでこんな茶番が続くのでしょう。
早く軍を引き揚げてください。
するとロシアとの関係が早く進む・・・。
------------------------

米大統領:暫定予算迫り記者団に「政府閉鎖は起こりうる」ーーーMSN配信

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は6日、暫定予算の期限が
8日いっぱいに迫っていることについて
「(予算切れによる政府閉鎖は)起こりうる。

民主党は非常に危険なことを考えている」と記者団に語った。

暫定予算の延長には与野党の合意が必要だが、協議は進んでいない。
政府機関の一部閉鎖に陥った場合、責任を野党民主党に負わせる狙いがあるとみられる。

 トランプ氏の発言に対し、民主党下院トップのペロシ院内総務は
「政府閉鎖と言っているのはトランプ氏だけ」との反論をツイッターに投稿した。

 トランプ氏と与野党は9月、今月8日を期限とする暫定予算で合意し、政府閉鎖を回避した。

しかし、今回は審議中の税制改革法案や本予算をめぐる対立が高まっている。

トランプ氏が選挙公約であるメキシコ国境の壁の建設費用を盛り込むよう求めるのに対し、
民主党が反対する構図も続いている。8日までに暫定予算を延長できなければ、
9日未明から一部の政府機関が閉鎖される。

 共和党はクリスマス前か年末までの短期の暫定予算を組み、時間をかせぐ方針。

ただ、期限切れのたびに次の延長を決める必要があり、
年末にかけ政府閉鎖の懸念が消えない状態が続きそうだ。
posted by 大下伸悦 at 06:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする