2019年03月23日

昔も今も、ワインは猿でもつくる

海岸線を歩くと
崖の合間合間に山ぶどうが
自生しておりました。

小学4年ぐらいのときでした。

ぶどう酒(ワイン)をつくって
お客さまに出そう、と思い、
ぶどう狩りに行ったのです。

秘めごとを決行するので
ひとりで行きました。(笑

ひとりというのは
怖いものです。

しかも何も知らずに
造るのです。

最初の年のものは
変な匂いがしてきたので
捨てました。

ワインなんて
飲めません。
うまくいっていたのかも
知れません。

なんだか怖くなって
2年目は
山ぶどうジュースに
しました。(笑

9000年前にも
つくっていないわけが
ないのです。
山ぶどうは何処にでも
生えています。

注ぎ口のある
注口器が使われています。

飲食の基本は
当時もいまも何も
変わりません。

むしろ、いまの方が
添加物がある分、
劣化しているでしょう。

ワインは、当時から
猿でも
つくっていたはずですよ。
小学4年の私よりは
頭がいいのですから…。
posted by 大下伸悦 at 01:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

驚くなかれ、あなたの存在の大きさ

17日の東京での講演は
少なからず
衝撃的な内容だったでしょうね。

リクエストを受けて
大阪では4月21日にエル大阪で
行います。

私は小学5年の頃から
黒曜石の原石を加工して
ナイフを作っていました。

専用の洞窟も
独り占めして使っていました。
黒曜石は豊富に
ありました。

洞窟は縄文の頃そのまま
だったのです。
大津波の襲来が
あったのでしょう。

日本書記や
大祓詞に歴として
載っている
偉大なくに「ひたかみ」は
何処にあったのか。
いや、あるのか。
やっと突き止めました。

すると
アマテラス神の源流は…。

勾玉は凡そ6000年前から
現物が顔を出しました。
すると…?

祈りのひとの源流は…?

それにしても
ひたかみ、の人口の多さよ。

いにしえのこのくに…?
ハイ、とてつもない文明でした。

あなたはとてつもない
存在です。
posted by 大下伸悦 at 12:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

関東のみなさま、ごめんなさい。先に関西4月21日です。

フル回転で17日からの
東京のスケジュールを
こなし、
戻ってきました。


17日の講演はリクエストが
殺到しております。
肝心な締めの部分の上手な生き方のワークがはしょられてしまいました。

もうひとりの講演の方をお目当てに
来られた方は
3名のみでしたが、

主催の池崎さんの
人選は、さすが、確かでした。

海底に沈んでいる
完璧なかたちの
ピラミッドの映像には
みなさま驚いて
おりましたね。本邦初公開かな?
エジプトのピラミッドやシュメールのジッグラッドより更に9000年は古いでしょう。
中米のピラミッドは日本の古代のものに酷似しています。
しかし、はるかに新しいものです。
祭壇に向かう階段も
見事でしたね。

17日、自分が
何者であるのか、
はっと気付かれた方には、
続きを
急かされるのでしたが…。

執筆を急がなければ
いけません。

4月は21日に
大阪.エル大阪会場で
講演いたします。
posted by 大下伸悦 at 10:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする