2019年07月05日

天然素材の除草剤ができた、ですって?

IMG_5686.JPG◎天然素材の除草剤(といわれている)「オーガニック社」の「ファームセーフティ」を豪政府が承認したという。(山田正彦氏情報).「日本には未だ入ってきていない」そうだ。が、
いま出回っている悪魔のグリホサート(除草剤名ラウンドアップ)にとって代われる可能性大だというのなら注目に値すると思われる。
◎もっとも、私にはもともと除草剤は無縁なのではあるが…。
農薬を使ったから全品売り物になるというわけではないのだ。
全滅を免れるから使っている、というのが実情なのだろうか?
どちらにしろ、そういう生産者によって日本人の生存が保たれているということは事実である。
どうぞ、ご自身で栽培してみてください。そのうえで、親身になって生産者を応援なさったらどうか…。
------------
◎かぼちゃの花の中にもきゅうりの花にもミツバチたちがせわしなく出入りしていて、それを眺めているだけでしあわせな気分になります。
鳩は私の足元まで近寄っても平気で戯れています。鳩の鳴き声も穏やかでいいものですね。
雀が栽培トンネルのなかに入り込んでチュンチュンしています。
「いつも元気をありがとう!」「ほどほどに摘まんで行ってヤァ」。
じつは、鳥獣忌避ラインの電池がさび付いていて、補正を積極的に進めないのは、いままで鳥の鳴かない山村にたびたび出くわしていることに関係しています。
◎銘木の産地として村名が広く知られている山村に行った人が、「ここの村は鳥の鳴き声がしないのですね」とそのあまりの静かさに驚いたといいます。すると、村の人いわく「除草剤をまき散らしていますからねぇ…」。


春も夏も、秋も冬も…、沈黙が続き、やがては人間もいなくなった、というのではね。ひとの為す所業は、あまりにも罪深いことです。

…そして生き物はみな、いなくなった…。「沈黙の春(レイチェルカーソン)」

◎この数日は、一番遠い栽培区へと足を運んでいます。夜になっても蚊がいない耕区です。
7月に入っても草の勢いが弱いということもありますが、草に振り回されない仕組みにしてあるからです。
完全不耕起です。耕しません。耕すのは微生物と植物の根っこたちだからです。
消毒薬とか殺虫液とか、除草剤といった農薬とは全く無縁です。
石灰などというのも有用微生物を減らしますので無縁です。
化成肥料とも化学肥料とも、有機肥料とも無縁です。
昨日から「カーボン(無機)」を撒き、それのみで栽培を始めました。
このカーボンは無機物ですから、燃えません。カーボンが土着の有用微生物を活性してくれるというのです。
家庭ごみや、庭の剪定枝などが上記の「燃えないカーボン」となるのです。
写真は、黒大豆と大納言小豆の種おろしのシーンです。しゃがみません。草に困らない仕組みを完成させた耕区は、本当に草に困りません。
草刈り機は使いません。不耕起ですから耕運機も無用です。
栽培シーンを生活に採りいれてください。人生が変わります。
posted by 大下伸悦 at 11:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミツバチさんたち、元気をありがとう

IMG_5686.JPG◎かぼちゃの花の中にもきゅうりの花にもミツバチたちがせわしなく出入りしていて、それを眺めているだけでしあわせな気分になります。
鳩は私の足元まで近寄っても平気で戯れています。鳩の鳴き声も穏やかでいいものですね。
雀が栽培トンネルのなかに入り込んでチュンチュンしています。
「いつも元気をありがとう!」「ほどほどに摘まんで行ってヤァ」。
じつは、鳥獣忌避ラインの電池がさび付いていて、補正を積極的に進めないのは、いままで鳥の鳴かない山村にたびたび出くわしていることに関係しています。
◎銘木の産地として村名が広く知られている山村に行った人が、「ここの村は鳥の鳴き声がしないのですね」とそのあまりの静かさに驚いたといいます。すると、村の人いわく「除草剤をまき散らしていますからねぇ…」。


春も夏も、秋も冬も…、沈黙が続き、やがては人間もいなくなった、というのではね。ひとの為す所業は、あまりにも罪深いことです。

…そして生き物はみな、いなくなった…。「沈黙の春(レイチェルカーソン)」

◎この数日は、一番遠い栽培区へと足を運んでいます。夜になっても蚊がいない耕区です。
7月に入っても草の勢いが弱いということもありますが、草に振り回されない仕組みにしてあるからです。
完全不耕起です。耕しません。耕すのは微生物と植物の根っこたちだからです。
消毒薬とか殺虫液とか、除草剤といった農薬とは全く無縁です。
石灰などというのも有用微生物を減らしますので無縁です。
化成肥料とも化学肥料とも、有機肥料とも無縁です。
昨日から「カーボン(無機)」を撒き、それのみで栽培を始めました。
このカーボンは無機物ですから、燃えません。カーボンが土着の有用微生物を活性してくれるというのです。
家庭ごみや、庭の剪定枝などが上記の「燃えないカーボン」となるのです。
写真は、黒大豆と大納言小豆の種おろしのシーンです。しゃがみません。草に困らない仕組みを完成させた耕区は、本当に草に困りません。
草刈り機は使いません。不耕起ですから耕運機も無用です。
栽培シーンを生活に採りいれてください。人生が変わります。
posted by 大下伸悦 at 08:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

アメリカとイランの関係、その行く末。平和共栄への道

IMG_5806.JPGIMG_5686.JPGIMG_5763.JPG◎日本サイドは、米イラン会談があってもいいようにセッティングしていたとされるが、イラン側のロウハニ大統領自身が「国父ともいえる最高指導者」の意向を図りかねて回避したにしても、イラン側にとっては、悪い気がしないだろう。
トランプ氏から「イランへ向けたメッセージ」→「アメリカは、イランの学校や公共施設などの整備に協力できる、が、核開発ストップが前提ではある…」という思いは伝わったことだろう。
日本は、密かに「両国の首脳会談」を9月でセッティングしているはずなので、先日のイラン訪問でホップ・大阪G20でステップ、9月でジャンプとなることを期待している。
◎日本は、世界を「平和と相互扶助」に向けて先頭を走っている。
◎日本人として誇りに思う自分がいる。なぜか?それは私が日本人だからです。
◎先日、米国はイランへの軍事攻撃をするところ、トランプ大統領は、攻撃10分前にストップした。
「攻撃すれば、兵士という名のイランの若者たち数十人が死傷するということが分かったから…」である。が、
実のところ、どなたがトランプ氏にストップを掛けたのだろう。
私は「イヴァンカさん」だろうと見ている。
イヴァンカ大統領補佐官は、じつは、板門店での「トランプ金両氏の首脳会談」にも同行していた。イヴァンカ氏は、コリアのことを個人的には毛嫌いしていてなかなか行きたがらないひとであるが、今回は同行なさっていた…。
米の国務省は、北コリアへの進攻を計画中であった。しかし、両首脳の笑顔の会談は、平和の道を歩み始めているのである。
posted by 大下伸悦 at 16:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

90年以上の親密な友好国、トルコ大統領ご夫妻へのおもてなし

IMG_5806.JPGIMG_5686.JPGIMG_5763.JPG◎オスマントルコは、超大国として歴史に刻まれている誇り高き大国だが、その「トルコと日本の友情関係」は、世界史上に特筆される長年の友好関係にある。が、
今回のG20大阪サミットでは、あまり脚光を浴びることがなかったものの、翌日、令和天皇のエルドアンご夫妻の謁見をご用意することで、「トルコと日本の関係は別格です」ということを世界に示すことで礼を尽くした。
安倍首相とエルドアン大統領は、個人的にも親しい関係にあるが、この、日本側の繊細な気遣いには、驚かされる。
そして、上記の一件もG20のフィールドでの功績なのだ、といえる。…めでたい…。感謝…
posted by 大下伸悦 at 16:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

愛しき日々、今日を楽しもう

IMG_5686.JPGIMG_5763.JPG昨日7/2は、Yさん親子のご来訪…。
うれしい1日となりました。

写真は、トマトの大苗です。
掻きとった茎に土を被せておくと
根が出てきます。

、これを寝かせ植えすると
長生きのトマト株になります。

これを20本ほど
痩せた砂地の耕区に定植します。

右の写真は
黒大豆を植えているシーンです。

ステッキで点巻きのくぼみを
つけ、種子下ろし器から
種子を下ろして歩きます。

全て立ったままで終了です。

本日から
高機能微粉カーボンのみでの
栽培となります。

家庭ゴミが
鉱物(燃えない)になり、
それのみで
有用微生物いっぱいの
土壌になるのです。
しかも土着菌ですからね。

生活に
栽培シーンを取り入れてください。
人生が変わります。
posted by 大下伸悦 at 05:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

「日本国民は(安倍)首相をとても誇りに思うに違いない」と,トランプ大統領

IMG_5806.JPGIMG_5686.JPGIMG_5763.JPGG20が「完璧な運営だった」と大国の大統領に褒められると、日本国民として誇らしく思います。================
◎トランプ氏が安倍首相称賛 G20「完璧な運営」 共同通信社     2019/07/02 00:58
【ワシントン共同】トランプ米大統領は1日、ツイッターで、20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)で議長を務めた安倍晋三首相について「ミスは一切なく完璧だった」と称賛した。
 トランプ氏は「素晴らしく、よく運営されたG20だった」と安倍氏をたたえた。
「日本国民は(安倍)首相をとても誇りに思うに違いない」とも述べた。
以上
 


◉日本が国際政治のなかで
各国から
頼られる存在へと
注目を浴びはじめたのは、まことに
喜ばしいことですよ。


◉さて7月です。
夏野菜の販売が加速しますね。

草に困らない仕組みづくりは80点レベルにまでなって、一応の合格点…。
2年目の今年は、キュウリ専用のプチドーム.トマト専用のプチドーム.スイカとマクワ瓜とレタス、白菜、シソのプチドームが出揃い、なかなかの景観になっています。
バス通り沿いにはカボチャがにぎやかに手を振っています。その隣の、もち米の稲もにぎやかです。
レタスのドームの戸締りをしっかりしていなかったため、アブラムシが宴会を開いていました。
そこで昨日からは、アブラムシと戯れています。(笑
自然農ですからね。生物多様な空間なのです。
殺傷してしまってはいけませんが、まずは、@水攻め半日、A水攻め一日、B塩結界、C50℃お湯洗い、D焼酎と酢のストチュウ噴霧など…。
私にとっては楽しい遊びです。「牛乳噴霧」は、彼らを殺傷してしまいますのでそれは行いません。
結論:簡単です。昨日も焼き肉店に持ち込んで出してもらっています。直前に水のジェット噴射で念の為、一枚一枚確認するのです。水攻めで90%が逃げています。
私は、焼き肉は食べられないのですが、サンチュレタスの反応が得たいですからね。
放任自然農から、管理自然農へと歩を進めます。
◉映画蘇生U、7月7日の試写会は東京です。
白鳥哲監督作品.
ご一緒いたしましょう。
13時からの方です。
あと1名です。お電話ください。
posted by 大下伸悦 at 08:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

日本に頼めばなんとかしてくれるかも…

IMG_5806.JPGIMG_5686.JPGIMG_5763.JPG◉日本が国際政治のなかで
各国から
頼られる存在へと
注目を浴びはじめたのは、まことに
喜ばしいことですよ。

G7やG20に限ったことでは
ありませんよ~。

大阪のG20のフィールドでの
首脳交流の展開も
見事なものでした。

米イラン首脳会談すら
予定に組まれていたぐらいですからね。

イランは国家指導者と
大統領がいて、どちらも
軍隊をもっているのですから、
大統領も、安易には
会談を決断しかねる、といった
事情があったのでしょう。

しかし、9月には実現するでしょう。
もちろん、日本の努力に
よって、なはずです。

日本!️ありがとうございます。


◉さて7月です。
夏野菜の販売が加速しますね。

きゅうりは1日2回収穫が
基本ですよ〜。
取れば取るほど、旺盛になる…。

きゅうりのプチドームの腰の部分は
荒い目のネットにしていますので、
ミツバチが活発に出入りしています。
が、8月半ばには
ウリバエが大発生しますね。

また模様替えかな?
栽培ごとは、人生を変えますよ~。

トマトの芽欠き、長苗に
なっちゃった。笑


◉映画蘇生U、7月7日の試写会は東京です。
白鳥哲監督作品.
ご一緒いたしましょう。
13時からの方です。
あと2名です。電話ください。
posted by 大下伸悦 at 16:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

比嘉照夫先生の新刊、私も関わっています。まもなく…

IMG_5806.JPG◉まもなく文芸アカデミーから
比嘉照夫先生の新刊が
刊行されます。

表紙のタイトル、デザインも
ほぼ決まってはおりますが、
もう一案を出して
最終決定へと詰めてまいります。

映画蘇生Uと合わせ、楽しみです。

◉7月7日の試写会は東京です。
白鳥哲監督作品.
ご一緒いたしましょう。
13時からの方です。
3名、電話ください。
posted by 大下伸悦 at 04:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月7日.蘇生?の試写会13時から

IMG_5806.JPG
白鳥哲監督作品.
ご一緒いたしましょう。
3名、電話ください。
posted by 大下伸悦 at 01:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

日本、国際捕鯨委員会を本日30日をもって脱退。


7月1日からは、自国日本の排他的経済水域内での捕鯨が可能となる。

とは言っても、年間の捕獲頭数は
いままでとほぼ変わらない見通し…。

変化は?

イワシやサンマ、鯵などの漁獲量は、
増えるだろう。

日本人は鯨を食べなくても
何事もなく、生きています。
posted by 大下伸悦 at 22:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米トランプさん、30日は、板門店で北の金正恩氏と会っている

IMG_5724.JPGIMG_5797.JPG
人たらしトランプさん、すごいなぁ。

北コリアの金さんは、誘われて
会わないわけにはいかない…。
事実上3度目の対談となったのです。

トランプさんは近未来の米軍引き上げのための
下準備が本来の訪韓目的だろうが、

それにしてもお見事です。
先日訪朝したばかりの
チャイナの思惑が粉砕されて
しまいましたね。

安倍さんは知っていたのか、ですって?
トランプさんは
安倍が控えているから、
大胆な行動がとれているのだよ。

ところで本日は
私も大事な大事なミーティングがあり、
ただちに大きな流れが起こりはじめました。

一同
1万2千年前の縄文の稲作(陸稲)を
履修するために植えたもち米の
背丈が早くも70pになっているのを見て
驚き、歓声をあげておりました。

本日もとってもしあわせです。
posted by 大下伸悦 at 20:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「日露あべプーチン首脳会談」25回目かな?すごいですね。

IMG_5717.JPG 日露首脳会談は確か25回目になるのでしたかね。
日本側としては今月6月中に「日露和平条約締結!」とすべく動いてこられたのでしょうが、
双方の諸条件がいまひとつかみ合いませんでしたね。
しかし、一定の前進は見られました。
https://jp.sputniknews.com/politics/201906296414852/
ロシアが困窮度を高めていてプーチンさんの影響力が弱まっているのでしょうか。
プーチンさんが2島返還を強行する状況にはない…。
米中の覇権争いが、先鋭化してきている状況下で、ロシアはいまのところチャイナ側についておかざるを得ない…。
米イランの今後の展開次第でロシアはイラン側に位置させておかざるを得ない…。
安倍退陣がそう遠くないことなのであれば、2島を返還したとしても、そこに米軍が進駐してくることは、充分にあり得ることなのである…。
ロシア人が生計をたてているロシア人の島を明け渡すには、彼らに申し訳が立たないではないか…。
まあ、でも安倍氏によって日露が友好的な関係にあることには変わりはない。安倍首相、河野外相には、日本国民として感謝せずにはおられません。感謝!!
posted by 大下伸悦 at 11:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

大阪の地で「米露トランププーチン会談」、しかも、正式な第3回会談となりました

IMG_5717.JPG この米露・露米正式会談の意味するところは大きい…。
米欧の対露経済制裁は、ただちにとは行かなくとも、解消に向けての始発点となっただろう。
トランプさんの本音は、以前からロシアプーチン氏と仲良くしていきたい、というところにある。
トランプさんへの執拗な魔女狩り「ロシアゲート」の仕掛けは、デッチアゲだったということが判明したのだから、大阪での両者正式対談は、グッドタイミングであった。
橋渡し役としての日本の仕掛けはみごとであった、といえる。
ヒラリーさんたちのウクライナへの「対ロに向けた戦争」の仕掛けは、すでに風化している、といえる。
ウクライナのクーデター組が表舞台から消えてしまったではないか。ポロシェンコ氏は、亡命するという情報が洩れ伝わってきていたが、その後はどうなったのかな?
とにもかくにも、米露首脳正式対談の意味するところは大きい。
大阪は場がいいのでしょうね。感謝感謝…。
posted by 大下伸悦 at 08:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日米印首脳の3者鼎談(ていだん)ありがとう??

IMG_5500.JPG 
安倍モディさんとトランプさんによる
三大国首脳正式鼎談が
昨28日、行われましたね。

以降毎年行われることになりました。

第1回首脳鼎談が
日本の大阪で行われたのです
うれしいですね。

TPPと合わせ、インド洋太平洋の
シーレーンの安全と、
平和と共栄が約束されます。

インド国民の平均年齢は25歳、
まもなくチャイナの人口を
抜くでしょう。

前夜の27日には
日中首脳の会食を伴っての対談…。

さぁ、米中首脳会談…!

さあ、米イラン首脳会談…!

さぁ、日露首脳会談…!

日本外交、頼もしいです。

米露会談…、トランプさんは
プーチンさんとも
会談するのでしたね。

みなさま大阪へようこそ…、
食い倒れ楽しんでください。
posted by 大下伸悦 at 06:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

トランプさん、精力的に会談をこなしていく…

IMG_5717.JPG トランプ大統領は、大阪でのG20の間に、9ヵ国以上の首脳との会談をこなすのですね。
精力的です。
米中会談…、習さんはおびき出されましたね。しかし、チャイナにとっても会って話すのはとってもいいことです。
米露会談…、プーチンさんとも会談するのです。この会談の意味するところも大きい…。
トランプ大統領は、イランのロウハニ大統領とも会談する予定です。すごい方ですねぇ。
尊敬します。日本側のお膳立て予定は、9月だったはず…。
安倍首相とは、3ヶ月連続の会談…。先月に続く日本での会談なのです。安倍さん、すごい方ですねぇ。感謝…。
トランプさんは、インドのモディさんとも会談したあと、安倍さんも交えての3者会談となるでしょう。
ドイツのメルケルさんとも会談するのですって!!へぇ〜、おみごとです。メルケルさん、体調がおかしいようですが大阪の食道楽で元気になってくださいね。

警備陣さん、お世話になります。よろしくお願いします。
posted by 大下伸悦 at 10:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする