2017年03月12日

情報整理「ネットハイエナの構造を知っておけばふりまわされることはない。



時代は
「リアルビジネスだけでは
苦労する…、若者たちが月何十万も稼いでいるインターネットを
活用せよ」。

いまや、インターネットを使ったビジネスは
スマホ端末時代に入ってきた。

先駆者たち(若者たち)は、どんどん稼ぐ…。

しかし、それゆえに情報が氾濫する。
そして「サギ」が横行する。

混乱された95%の側は、失敗を繰り返し、
中にはだまされて絶望する。

だから、仲間で本物を見抜け。
初期投資1万円や2万円だからいいかな、と思って
手を出すと、サギまがいに合う。
「稼げないのは自分のせいだ」と言われる。

先駆者の背中を追いかけよう。

----------------------------------------

◎ネットハイエナの構造を知って、
中名の力で
しなやかにしたたかに、快適な生き方へと踏み出そう。

ネットハイエナの手口を知って大笑いをしよう。




百鬼夜行の横行時代とは、
それだけそのぶんやが

おおした
posted by 大下伸悦 at 15:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情報整理「ネットハイエナの構造を知っておけばひりまわされることはない。



時代は
「リアルビジネスだけでは
苦労する…、若者たちが月何十万も稼いでいるインターネットを
活用せよ」。

いまや、インターネットを使ったビジネスは
スマホ端末時代に入ってきた。

先駆者たち(若者たち)は、どんどん稼ぐ…。

しかし、それゆえに情報が氾濫する。
そして「サギ」が横行する。

混乱された95%の側は、失敗を繰り返し、
中にはだまされて絶望する。

だから、仲間で本物を見抜け。
初期投資1万円や2万円だからいいかな、と思って
手を出すと、サギまがいに合う。
「稼げないのは自分のせいだ」と言われる。

先駆者の背中を追いかけよう。

----------------------------------------

◎ネットハイエナの構造を知って、
中名の力で
しなやかにしたたかに、快適な生き方へと踏み出そう。

ネットハイエナの手口を知って大笑いをしよう。




百鬼夜行の横行時代とは、
それだけその分野が
これから主流となる分野であることの証なのだと知れ!

直ちに本物とつながり、背中を追いかけよ。

おおした
posted by 大下伸悦 at 15:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

豊かな人生、やはりYTビジネスは別格の宝物.

3月18日は末永さんに
皆さんに必ずやっていただく
行程の
ひとつを指導していただきます。

焼津の鈴木さんは
パソコンがあったら
お持ちください。
大井さんも、可能なら
お持ちください。
なければメモを取って
帰ってから手順を踏んでください。

おもに、4月15日参加組は
今月中に行ってもらいます。

いま、アマゾンとfacebookが
運営内容を変えたので、
物販系の無店舗ビジネスに
大きな地殻変動が
起こっております。

第5のビジネスモデル(物販系)には
まだ手を出すな、と
何者かに耳打ちされた意味に
いまさらながら驚かされます。

私たちは?
100%成功する側の、選ばれた
人たちなのです。

しかも、初期投資を
限りなく控えた上で
生き方を劇的に変えていくのです。

おおした
posted by 大下伸悦 at 10:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフリカからの自衛隊撤退発表、ありがとう。(5月末まで気を抜くな)

アフリカへの派遣部隊の撤収が
決まった。

まずはありがとう。

政府もよく決断したものだ。


昨年のロシアとの独自外交に
続く、日本政府の独自判断とも
思える。

USAの過干渉が収まりつつあると
見ていいのではないか。

自衛隊に持たされた役割は
要するに「日本防衛軍」なのだから、

他国に踏み入るようなことがあっては
ならない。

しかし、撤退までは約80日もある、
くれぐれも無事であってほしい。

自衛隊さん、ありがとう。

政府もよく決断した。
小泉時代からの過ちは過ちとして、
スパッと決断できたことは
評価してよい、と思う。

さあ、青春時代の夢に立ち返り、
あのころの夢を実現させようではないか。

みんなで「青春18切符」を手にしよう。

まずは「にきびクラブ」を
立ち上げようかな???
「ちょい÷クラブ」という名称もいいよね。

ちょっとだけ悪(ワル)ガキクラブ。
どうです。わくわくしますよね。

おおした
posted by 大下伸悦 at 06:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

若いおふたりの対談いかがでしたか。

先ほどの「若いお二人の対談」
いかがでしたか。

このお二人にさっそく
お会いできそうです。(19日).

うまくいくコツ。
ついているひと、利他に
生きている人や
集団に接していることが
非常に大事ですよね。

現在の彼のビジネスのはじまりは
1千円から…、
彼女の場合は1万円からですよ。


いかがですか。
しかし、過信は禁物です。

今年は、私企業であるところの
中央銀行システムがどうなるか
わかりません。

しかし、確実に
お金が残ることは確かです。

横浜での集まりは18日です。
19日にこのお二人とお会いします。
そして大阪が20日です。

25日はYTビジネスの
大御所とお会いします。

27日はYTビジネスの
コンサルタントとお会いします。

その前の11日が手持ちの「写真」に
稼いでもらうビジネスがあるという?

その取材に行ってきます。
これについては本物かどうかの
点検のためです。

自分の写真がマネーを稼ぎ出すかどうかは
私の経験上、確実であることは事実です。
しかし、経験から行けば、そんなに
早くは売り上げが稼げません。工夫をすれば
もっと効率が上がる可能性がありそうです。
果たして、そういう仕組みが構築されて
いるのかどうか。
いずれにしろ、スマホを人差し指で
押すだけでそれが商品になっていく…。
これは面白い…。

彼女のやり方はどうなのか。そこを
確かめてみたいのです。

13日にも大事な面談が控えています。

これらを踏まえての4月のセミナー、
4月1日、ヒカルランドはお楽しみに…、ね。
15日は、あと8名で定員です。

16日のヒカルランドは、まだ大丈夫
でしょう。が、菅原さんのセミナーは
残り3席です。定員が20名なので
まことに申し訳ございません。

さあ、夢をもって楽しんで
生きてまいりましょう。

私がお会いした方々、月例会に
いらしていただけるように
働きかけていきたいと思っています。

おおした
posted by 大下伸悦 at 00:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

こういう若い子たちもいるんですね。

ひまつぶしに
今夜の若い二人の対談を
どうぞ。
posted by 大下伸悦 at 20:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

ヒマついでに、楽しんでみる。



20歳代30歳代の新富裕層(億万長者)が続々誕生している日本・・・。

考えてみれば
彼らよりは団塊の世代のほうが時間はたっぷりありますよね。

ヒマついでに知的ゲームとして楽しんでみましょうか。
安定して月10万円の収入が生み出せればいい・・・。

リスクなしで
気軽に
ゲームとして楽しんでみましょう。



posted by 大下伸悦 at 08:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月9日.名古屋での講演会.「10坪からはじめる10?1000万円計画と、「らく」を楽しむシンプル栽培&早期月収30万円達成法



◎新春からの講演会は、東京・大阪・横浜・大阪と
続いてきましたが、
GOPグリーンオーナークラブ愛知の代表橋本さんが、
名古屋会場を用意してくださいました。

4月9日、「イーブル名古屋第2研修室」です。
 
正式には13時からということのようですが、
せっかくですから午前は、
18歳のころの夢をかなえる「青春18キップ」の
勉強会をしましょうかね。

午後は、10坪からはじめる10e1000万円計画と、
「らく」を楽しむシンプル栽培&早期月収30万円達成法
という内容にしましょう。

腰を折らずに行う種まき法、
種テープの実演もいいですね。

会場は金山から地下鉄で一駅かな?
別院という駅名でしたね。
おおした



なお、3月18日の横浜での講演会の
受付は終了しております。

スタートは午前10時30分となっていますが、
非公式に10時からシェアータイムと
いたしましょう。

もちろん10時30分からが正規のスタート
時間です。

よろしくお願いします。
posted by 大下伸悦 at 01:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

青春18キップで、夢が実現に向かう。



青春時代の夢を叶える旅にでる…。

4月15日は、池袋で劇団NLTのコメディを
観劇して「笑いがはじけている自分」を発見しましょう。

そして、私たちが掲げている「1日数10分で済む
第3のビジネス…。
名付けて「青春18きっぷ」を手にして夢を叶える旅に
でる…。その具体的な開始日となります。
アカウントが取れるひとは、先に取っておいて
もらっていいです。

夢を叶えてストック型の報酬も得る。

3月5日現在で「7+4名」で、残枠は9席です。

観劇料は、私のほうでお預かりしてお支払いします。
よろしくお願いします。(HPに載せてあります)


◎ 昨日は啓蟄の日の横浜での栽培オペレーション。
さわやかな1日となりました。

栽培に利用するスペースは、
使われていない玄関アプローチです。
5〜6坪はあるでしょうか。

そこで、10坪ならぬ「5坪から始める10e1000万円売上
プロジェクト」の見本となるウネを完成させ、
レタス(2種)とキャベツを定植しました。

皆さんのはつらつとした動きでひかりのように
躍動しています。

そして、今日は恵みの雨です。
うまいことできていますね。
どういうわけか私の「栽培ごと」には、畑にでた直後に雨、か
翌日に雨、がついて回ります。
まあ、それぐらい畑にでることが少ない、という意味でも
ありますが…。

「草に困らないようにつくるコツ」。
「虫に困らないようにつくるコツ」。
「草の進入路を遮断する」。
「無農薬は当たり前、無肥料で野菜への栄養は
微生物まかせ」。
「虫食いのない野菜」。
「楽であることが前提」。

こうして
後で点検してみると、それができていないところがありました。
おおよそ、1メートルほどのところは草に侵入される
隙をつくっていました。
が、私はあえてそれを繕ってはおりません。

今回の参加メンバーが気づいて補正をしてくださること
でしょう。
あるいは、そのまま草に困る場面を観察させてもらうことに
しましょうか。

「草」と「虫」に困らないウネにしたあとは、
強風と豪雨への予防オペです。

その点も出来栄えは50点です。
ここでも「自分が思いもしていなかった失敗」を
体験してもらいましょう。

当日はウネの両側が金網のフェンスなので足場がなく、
その分手間取ってしまいましたが、ウネの両側が
解放されたところであれば、30分程度で終わる程度の
オペレーションでした。

しかし、この日出来上がったウネが、10e1000万円コース
のプロセスを踏み始めたことになります。

無農薬で、無肥料です。その上、虫食いもない…。
草に困らない、虫に困らない。
収穫までに行うのは、微生物希釈溶液の定期的な噴霧
だけです。

さあ、思いどおりになってくれるでしょうか。


いくつかのエイトポケットプランター栽培も始り、
ピンクの格子ネットの帽子が被せられていきます。

横浜での春の農事始めは見事なロケットスタートと
なりました。
お集まりのみなさま、おめでとうございました。

折しも岩手の阿部さんから見事なホウレンソウが
届きました。これはおいしい。

さあ、みなさま
ヒカルランドさんへの野菜の出荷、
よろしくお願いします。


栽培歴16年目の桐生さんが参加なさいました。
「水耕がうまくいかない」とのことです。

一度採りあげた栽培例を提案してみましたが、
「以前検討した」とのこと…。
しかし、設備費が掛かり過ぎるとのことで、
「断念した」とのことです。
私が発したのは一言です。
しかし、それが安価でできるやり方で、現在
設置してある設備はそのまま使えるのですが、
まあ、自ら気が付かれるのを待ちましょう。

おおした



LINEとLINE@(ラインアット)の違い
「LINE」と「LINE@」は、それぞれ別のアプリです。
簡単に違いを説明すると・・・
・「LINE」は、1対1のやりとりに特化したアプリ(プライベートで活用)
・「LINE@」は、多数の人への情報発信できるアプリ(情報発信やビジネスに活用)
となります。
もっと、分かりやすく言うと・・・
・「LINE」は、個人でのメールのやり取り
・「LINE@」は、メルマガ
に近い感覚です。
LINE@の特徴は、メルマガのように、あなたのメッセージを多数の人へ一斉送信できます。
さらに、LINE@専用のホームページが持て、クーポン配信やアンケート投票機能もあります。
またLINEと同じように、友だち登録してくれた人と、1対1のトークや、タイムラインへ投稿も可能です。
LINE@(ラインアット)の現状
LINE@はサービス開始当初、実店舗を持つ事業者が対象でした。
ところが、2015年02月に、その対象範囲を大幅に拡大してリニューアル!
法人・個人を問わずアカウントを開設できるようになりました。
店舗に加えて、ECサイトや、移動販売事業者、個人事業主、企業名、個人名でアカウント取得が可能です。
LINE@に登録できないのは、18歳未満の個人、ネットワークビジネス系、自己啓発系、アダルト系です。
主な禁止事項は、「自社以外の第三者の宣伝が禁止」とあるので、アフィリエイトへのリンクや知り合いの店舗の宣伝は禁止です。
LINE@を始める前に知っておきたい注意事項

料金プラン
料金プランは、「無料プラン」と「有料プラン(2種類)」があります。
メッセージ配信数が月1,000通(1通=1吹き出し)までだと、「無料プラン」で利用できます。
無料プラン
メッセージ配信数=月1,000通まで
タイムライン投稿=月間4回まで
ベーシックプラン
月額5,400円(税込み)
メッセージ配信数=有効友だち数(ブロックされた数を除く)5,000人以内は無制限で配信可能
タイムライン投稿=無制限
プロプラン
月額21,600円(税込み)
メッセージ配信数=有効友だち数100,000人以内は無制限で配信可能
タイムライン投稿=無制限
友だちの属性表示(性別・年齢・都道府県など)、属性別にメッセージ配信が可能
LINE@でできること
LINE@でできる主なこと8つを紹介します。
1. メッセージ配信
友だち登録してくれた方全員に一斉メッセージを送れます
2. 1:1トーク
LINEと同じように1人の方とトークのやりとりができます
3. ホーム投稿(ブログの役割)
ブログのようにメッセージを投稿すると、友だち登録してくれた方のLINEのタイムラインに流れます
4. クーポン・PRページなどの配信
メッセージ配信でクーポンを一斉に送ることができます。PRページは特別案内ページを制作してメッセージ配信できます。
5. アカウントページ作成(ホームページの役割)
ホームページのように、メニューや地図、アカウントの紹介を掲載できます。
6. ショップカード
10ポイントで1000円引きのようなポイントカードをLINE上に作れます。
7. リサーチページ
アンケートを作れます
8. コマース(通販機能)
初期費用・月額無料で通販機能を利用できます。審査が必要です。

無料でこれだけのことができるLINE@、あなたも始めてみませんか?
店舗系はもちろん、セミナー講師、コンサルタント、カウンセリング業、自宅サロン経営者など、個人起業家にもオススメです。
LINE@(ラインアット)の登録方法
アカウント種別は2種類あり、
・誰でも取得できる「一般アカウント」
・審査を通過することで、認証済みバッジが付与される「認証済みアカウント」
があります。
「認証済みアカウント」は、店舗、通販サイト系の職種が開設可能です。
認証済みアカウントになると、LINEの検索結果に出たり、LINEキャラクターのポスターを無料で作成したりできます。
LINE@(ラインアット)の使い方 誰でもすぐできる!簡単基本設定方法
【まとめ】LINE(ライン)とLINE@(ラインアット)の違いと現状
・LINEは日本国民の5割以上が登録していて、登録者の7割は毎日利用している
・「LINE」はプライベートで活用し、個人でのメールのやり取りするイメージ
・「LINE@」は情報発信やビジネスに活用し、メルマガ配信のイメージ
・LINE@は法人・個人を問わずアカウントを開設できるようになった
↓LINE@でリピーターやファンを増やしたい方にオススメ!
【特別価格】初心者必見!LINE@集客スタートアップ動画講座
「今なら3大特典付」
・ライバルがまだ知らない!個人起業家のLINE@集客法10選レポートプレゼント
・理想のお客さまを引き寄せる!ターゲット棚卸シートプレゼント
・10日間無料メールサポート無制限
【LINE@集客設定運用代行】使い方、初期設定、クーポンの運用代行などをサポート!
スポンサーリンク
posted by 大下伸悦 at 16:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月18日の横浜会場は受付終了です。キャンセル待ちもございません。

3月18日の横浜での講演会の
受付は終了です。
キャンセル待ちもありませんので
ご了承ください。

スタートは午前10時30分となっていますが、
非公式に10時からシェアータイムです。

もちろん10時30分からが世紀スタートタイムです。

よろしくお願いします。

おおした

----------------------------------


ライン@の情報を仕入れておきましょう。

スマホとは何ぞや。電話ではない。パソコンにも代わる情報端末機器
なんですよね。

メルマガは時代遅れ、メールもビジネスにはあまり生きてこない、そういう
時代になってきています。


LINEとLINE@(ラインアット)の違い
「LINE」と「LINE@」は、それぞれ別のアプリです。
簡単に違いを説明すると・・・
・「LINE」は、1対1のやりとりに特化したアプリ(プライベートで活用)
・「LINE@」は、多数の人への情報発信できるアプリ(情報発信やビジネスに活用)
となります。
もっと、分かりやすく言うと・・・
・「LINE」は、個人でのメールのやり取り
・「LINE@」は、メルマガ
に近い感覚です。
LINE@の特徴は、メルマガのように、あなたのメッセージを多数の人へ一斉送信できます。
さらに、LINE@専用のホームページが持て、クーポン配信やアンケート投票機能もあります。
またLINEと同じように、友だち登録してくれた人と、1対1のトークや、タイムラインへ投稿も可能です。
LINE@(ラインアット)の現状
LINE@はサービス開始当初、実店舗を持つ事業者が対象でした。
ところが、2015年02月に、その対象範囲を大幅に拡大してリニューアル!
法人・個人を問わずアカウントを開設できるようになりました。
店舗に加えて、ECサイトや、移動販売事業者、個人事業主、企業名、個人名でアカウント取得が可能です。
LINE@に登録できないのは、18歳未満の個人、ネットワークビジネス系、自己啓発系、アダルト系です。
主な禁止事項は、「自社以外の第三者の宣伝が禁止」とあるので、アフィリエイトへのリンクや知り合いの店舗の宣伝は禁止です。
LINE@を始める前に知っておきたい注意事項

料金プラン
料金プランは、「無料プラン」と「有料プラン(2種類)」があります。
メッセージ配信数が月1,000通(1通=1吹き出し)までだと、「無料プラン」で利用できます。
無料プラン
メッセージ配信数=月1,000通まで
タイムライン投稿=月間4回まで
ベーシックプラン
月額5,400円(税込み)
メッセージ配信数=有効友だち数(ブロックされた数を除く)5,000人以内は無制限で配信可能
タイムライン投稿=無制限
プロプラン
月額21,600円(税込み)
メッセージ配信数=有効友だち数100,000人以内は無制限で配信可能
タイムライン投稿=無制限
友だちの属性表示(性別・年齢・都道府県など)、属性別にメッセージ配信が可能
LINE@でできること
LINE@でできる主なこと8つを紹介します。
1. メッセージ配信
友だち登録してくれた方全員に一斉メッセージを送れます
2. 1:1トーク
LINEと同じように1人の方とトークのやりとりができます
3. ホーム投稿(ブログの役割)
ブログのようにメッセージを投稿すると、友だち登録してくれた方のLINEのタイムラインに流れます
4. クーポン・PRページなどの配信
メッセージ配信でクーポンを一斉に送ることができます。PRページは特別案内ページを制作してメッセージ配信できます。
5. アカウントページ作成(ホームページの役割)
ホームページのように、メニューや地図、アカウントの紹介を掲載できます。
6. ショップカード
10ポイントで1000円引きのようなポイントカードをLINE上に作れます。
7. リサーチページ
アンケートを作れます
8. コマース(通販機能)
初期費用・月額無料で通販機能を利用できます。審査が必要です。

無料でこれだけのことができるLINE@、あなたも始めてみませんか?
店舗系はもちろん、セミナー講師、コンサルタント、カウンセリング業、自宅サロン経営者など、個人起業家にもオススメです。
LINE@(ラインアット)の登録方法
アカウント種別は2種類あり、
・誰でも取得できる「一般アカウント」
・審査を通過することで、認証済みバッジが付与される「認証済みアカウント」
があります。
「認証済みアカウント」は、店舗、通販サイト系の職種が開設可能です。
認証済みアカウントになると、LINEの検索結果に出たり、LINEキャラクターのポスターを無料で作成したりできます。
LINE@(ラインアット)の使い方 誰でもすぐできる!簡単基本設定方法
【まとめ】LINE(ライン)とLINE@(ラインアット)の違いと現状
・LINEは日本国民の5割以上が登録していて、登録者の7割は毎日利用している
・「LINE」はプライベートで活用し、個人でのメールのやり取りするイメージ
・「LINE@」は情報発信やビジネスに活用し、メルマガ配信のイメージ
・LINE@は法人・個人を問わずアカウントを開設できるようになった
↓LINE@でリピーターやファンを増やしたい方にオススメ!
【特別価格】初心者必見!LINE@集客スタートアップ動画講座
「今なら3大特典付」
・ライバルがまだ知らない!個人起業家のLINE@集客法10選レポートプレゼント
・理想のお客さまを引き寄せる!ターゲット棚卸シートプレゼント
・10日間無料メールサポート無制限
【LINE@集客設定運用代行】使い方、初期設定、クーポンの運用代行などをサポート!
スポンサーリンク
posted by 大下伸悦 at 14:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

3月18日残席3名です。それ以降はキャンセル待ちでお願いします。



休憩時間も何名かで食事をしながら
情報共有をいたします。(2月26日参加者)
ノートパソコンを持ってこれる方は
どうぞ。
情報共有はYTビジネスの関連です。
おおした


LINEとLINE@(ラインアット)の違い
「LINE」と「LINE@」は、それぞれ別のアプリです。
簡単に違いを説明すると・・・
・「LINE」は、1対1のやりとりに特化したアプリ(プライベートで活用)
・「LINE@」は、多数の人への情報発信できるアプリ(情報発信やビジネスに活用)
となります。
もっと、分かりやすく言うと・・・
・「LINE」は、個人でのメールのやり取り
・「LINE@」は、メルマガ
に近い感覚です。
LINE@の特徴は、メルマガのように、あなたのメッセージを多数の人へ一斉送信できます。
さらに、LINE@専用のホームページが持て、クーポン配信やアンケート投票機能もあります。
またLINEと同じように、友だち登録してくれた人と、1対1のトークや、タイムラインへ投稿も可能です。
LINE@(ラインアット)の現状
LINE@はサービス開始当初、実店舗を持つ事業者が対象でした。
ところが、2015年02月に、その対象範囲を大幅に拡大してリニューアル!
法人・個人を問わずアカウントを開設できるようになりました。
店舗に加えて、ECサイトや、移動販売事業者、個人事業主、企業名、個人名でアカウント取得が可能です。
LINE@に登録できないのは、18歳未満の個人、ネットワークビジネス系、自己啓発系、アダルト系です。
主な禁止事項は、「自社以外の第三者の宣伝が禁止」とあるので、アフィリエイトへのリンクや知り合いの店舗の宣伝は禁止です。
LINE@を始める前に知っておきたい注意事項

料金プラン
料金プランは、「無料プラン」と「有料プラン(2種類)」があります。
メッセージ配信数が月1,000通(1通=1吹き出し)までだと、「無料プラン」で利用できます。
無料プラン
メッセージ配信数=月1,000通まで
タイムライン投稿=月間4回まで
ベーシックプラン
月額5,400円(税込み)
メッセージ配信数=有効友だち数(ブロックされた数を除く)5,000人以内は無制限で配信可能
タイムライン投稿=無制限
プロプラン
月額21,600円(税込み)
メッセージ配信数=有効友だち数100,000人以内は無制限で配信可能
タイムライン投稿=無制限
友だちの属性表示(性別・年齢・都道府県など)、属性別にメッセージ配信が可能
LINE@でできること
LINE@でできる主なこと8つを紹介します。
1. メッセージ配信
友だち登録してくれた方全員に一斉メッセージを送れます
2. 1:1トーク
LINEと同じように1人の方とトークのやりとりができます
3. ホーム投稿(ブログの役割)
ブログのようにメッセージを投稿すると、友だち登録してくれた方のLINEのタイムラインに流れます
4. クーポン・PRページなどの配信
メッセージ配信でクーポンを一斉に送ることができます。PRページは特別案内ページを制作してメッセージ配信できます。
5. アカウントページ作成(ホームページの役割)
ホームページのように、メニューや地図、アカウントの紹介を掲載できます。
6. ショップカード
10ポイントで1000円引きのようなポイントカードをLINE上に作れます。
7. リサーチページ
アンケートを作れます
8. コマース(通販機能)
初期費用・月額無料で通販機能を利用できます。審査が必要です。

無料でこれだけのことができるLINE@、あなたも始めてみませんか?
店舗系はもちろん、セミナー講師、コンサルタント、カウンセリング業、自宅サロン経営者など、個人起業家にもオススメです。
LINE@(ラインアット)の登録方法
アカウント種別は2種類あり、
・誰でも取得できる「一般アカウント」
・審査を通過することで、認証済みバッジが付与される「認証済みアカウント」
があります。
「認証済みアカウント」は、店舗、通販サイト系の職種が開設可能です。
認証済みアカウントになると、LINEの検索結果に出たり、LINEキャラクターのポスターを無料で作成したりできます。
LINE@(ラインアット)の使い方 誰でもすぐできる!簡単基本設定方法
【まとめ】LINE(ライン)とLINE@(ラインアット)の違いと現状
・LINEは日本国民の5割以上が登録していて、登録者の7割は毎日利用している
・「LINE」はプライベートで活用し、個人でのメールのやり取りするイメージ
・「LINE@」は情報発信やビジネスに活用し、メルマガ配信のイメージ
・LINE@は法人・個人を問わずアカウントを開設できるようになった
↓LINE@でリピーターやファンを増やしたい方にオススメ!
【特別価格】初心者必見!LINE@集客スタートアップ動画講座
「今なら3大特典付」
・ライバルがまだ知らない!個人起業家のLINE@集客法10選レポートプレゼント
・理想のお客さまを引き寄せる!ターゲット棚卸シートプレゼント
・10日間無料メールサポート無制限
【LINE@集客設定運用代行】使い方、初期設定、クーポンの運用代行などをサポート!
スポンサーリンク
posted by 大下伸悦 at 13:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

前文訂正:4月16日がヒカルランドでの私と菅原さんの講演。15日は池袋でのYTビジネス取材会です。




いま私たちが意識するのは、
「ソーシャルネットワークビジネス」です。


4月15日は、後半に菅原克行さんのお話を予定していますが、
前半とセットですので、片方だけという方はご遠慮ください。

4月16日参加の方には、その直前(3月中)に関連の
失敗のない「YTビジネス」講座(無料)割り当てを考慮中です。

これは日本での第一人者との少人数セッション、夢のような出会
となるでしょう。まだ、確定ではありません。
こちらは無料です。くれぐれも15日の取材&喜劇観劇は
20名限定です。

大阪も同じような場を考慮中です。
ほんとに短期で人生を変えたい方だけですよ。
なんとなく、という方はお断りします。

さあ、「楽しんでゆったりと生きていく」を数ヶ月で現実のものに
していきましょう。

おおした


さて、ライン@の情報を仕入れておきましょう。

スマホとは何ぞや。電話ではない。パソコンにも代わる情報端末機器
なんですよね。

メルマガは時代遅れ、メールもビジネスにはあまり生きてこない、そういう
時代になってきています。


LINEとLINE@(ラインアット)の違い
「LINE」と「LINE@」は、それぞれ別のアプリです。
簡単に違いを説明すると・・・
・「LINE」は、1対1のやりとりに特化したアプリ(プライベートで活用)
・「LINE@」は、多数の人への情報発信できるアプリ(情報発信やビジネスに活用)
となります。
もっと、分かりやすく言うと・・・
・「LINE」は、個人でのメールのやり取り
・「LINE@」は、メルマガ
に近い感覚です。
LINE@の特徴は、メルマガのように、あなたのメッセージを多数の人へ一斉送信できます。
さらに、LINE@専用のホームページが持て、クーポン配信やアンケート投票機能もあります。
またLINEと同じように、友だち登録してくれた人と、1対1のトークや、タイムラインへ投稿も可能です。
LINE@(ラインアット)の現状
LINE@はサービス開始当初、実店舗を持つ事業者が対象でした。
ところが、2015年02月に、その対象範囲を大幅に拡大してリニューアル!
法人・個人を問わずアカウントを開設できるようになりました。
店舗に加えて、ECサイトや、移動販売事業者、個人事業主、企業名、個人名でアカウント取得が可能です。
LINE@に登録できないのは、18歳未満の個人、ネットワークビジネス系、自己啓発系、アダルト系です。
主な禁止事項は、「自社以外の第三者の宣伝が禁止」とあるので、アフィリエイトへのリンクや知り合いの店舗の宣伝は禁止です。
LINE@を始める前に知っておきたい注意事項

料金プラン
料金プランは、「無料プラン」と「有料プラン(2種類)」があります。
メッセージ配信数が月1,000通(1通=1吹き出し)までだと、「無料プラン」で利用できます。
無料プラン
メッセージ配信数=月1,000通まで
タイムライン投稿=月間4回まで
ベーシックプラン
月額5,400円(税込み)
メッセージ配信数=有効友だち数(ブロックされた数を除く)5,000人以内は無制限で配信可能
タイムライン投稿=無制限
プロプラン
月額21,600円(税込み)
メッセージ配信数=有効友だち数100,000人以内は無制限で配信可能
タイムライン投稿=無制限
友だちの属性表示(性別・年齢・都道府県など)、属性別にメッセージ配信が可能
LINE@でできること
LINE@でできる主なこと8つを紹介します。
1. メッセージ配信
友だち登録してくれた方全員に一斉メッセージを送れます
2. 1:1トーク
LINEと同じように1人の方とトークのやりとりができます
3. ホーム投稿(ブログの役割)
ブログのようにメッセージを投稿すると、友だち登録してくれた方のLINEのタイムラインに流れます
4. クーポン・PRページなどの配信
メッセージ配信でクーポンを一斉に送ることができます。PRページは特別案内ページを制作してメッセージ配信できます。
5. アカウントページ作成(ホームページの役割)
ホームページのように、メニューや地図、アカウントの紹介を掲載できます。
6. ショップカード
10ポイントで1000円引きのようなポイントカードをLINE上に作れます。
7. リサーチページ
アンケートを作れます
8. コマース(通販機能)
初期費用・月額無料で通販機能を利用できます。審査が必要です。

無料でこれだけのことができるLINE@、あなたも始めてみませんか?
店舗系はもちろん、セミナー講師、コンサルタント、カウンセリング業、自宅サロン経営者など、個人起業家にもオススメです。
LINE@(ラインアット)の登録方法
アカウント種別は2種類あり、
・誰でも取得できる「一般アカウント」
・審査を通過することで、認証済みバッジが付与される「認証済みアカウント」
があります。
「認証済みアカウント」は、店舗、通販サイト系の職種が開設可能です。
認証済みアカウントになると、LINEの検索結果に出たり、LINEキャラクターのポスターを無料で作成したりできます。
LINE@(ラインアット)の使い方 誰でもすぐできる!簡単基本設定方法
【まとめ】LINE(ライン)とLINE@(ラインアット)の違いと現状
・LINEは日本国民の5割以上が登録していて、登録者の7割は毎日利用している
・「LINE」はプライベートで活用し、個人でのメールのやり取りするイメージ
・「LINE@」は情報発信やビジネスに活用し、メルマガ配信のイメージ
・LINE@は法人・個人を問わずアカウントを開設できるようになった
↓LINE@でリピーターやファンを増やしたい方にオススメ!
【特別価格】初心者必見!LINE@集客スタートアップ動画講座
「今なら3大特典付」
・ライバルがまだ知らない!個人起業家のLINE@集客法10選レポートプレゼント
・理想のお客さまを引き寄せる!ターゲット棚卸シートプレゼント
・10日間無料メールサポート無制限
【LINE@集客設定運用代行】使い方、初期設定、クーポンの運用代行などをサポート!
スポンサーリンク
posted by 大下伸悦 at 17:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月18日は、私たちが急ぐ「新たな「安定収入源伝・電車ででも自宅ででも簡単に稼ぐ」スマホビジネスについて



私たちの日常生活は、現在第4次産業革命とも揶揄される時代に
入ってきています。

生活の基盤となる産業構造が激しく変化してきているということです。

20歳台そこそこの方々がたいしたスキルもないまま、
月収50万、100万、300万円と稼いでいるのです。

肉体労働ではなく時間の拘束されず、20分ほどで安定月収を得ている
のだから、やはり、まったく過去の概念とは違う時代になってきている
といえそうです。

やがて現在の仕事の47%が消えていくといわれています。

うんざりする語彙が目に付きだしました。載せるのもいやですが、
一応、載せてみましょう。AI・ロボット・IoT(インターネットofスィングs)・
ビッグデータなど聞いただけでも拒絶したくなります。

シェアリングエコノミー?この辺になるとなんとなく「分かち合い」かい、と
いいたくなります。ライドシェア?それって同じことだろう、とも
思いたくなります。エアB&Bやウーバーもそういう分野ですよね。

仮想通貨?いい加減にしろよ、ともいいたくなる・・・。

しかし、いま私たちが意識するのは、
「ソーシャルネットワークビジネス」です。

難しく考えず、のんびりとゆったりと生きていきましょうね。
結束力、環境力が大事です。

アマゾンだのコンビニだのが全盛のように言われているけれど、
所詮は「物流」しだい。物をどうやって入荷出荷するのかな?

道路の自動運転?ドローン?
まやがしごとはいい加減にしなさいや。

やはり人間の労働力を増やさなければ、ね。

24時間営業の外食店も人不足、って?
そんなのは深夜をやめたらいいよね。

アマゾンの翌日配達なんて続くわけがないんだって・・・。
机に張り付いていないで自分で運んでみなさい。こんにゃろ.

3月18日、3月20日、4月1日、4月16日の内容は
すべて違います。

栽培の話は、4月1日と4月16日です。

4月16日は、後半に菅原克行さんのお話を予定していますが、
前半とセットですので、片方だけという方はご遠慮ください。

4月16日参加の方には、その直前(3月中)に関連の「Y・Tビジネス」
講座(無料)割り当てを考慮中です。
日本での第一人者との少人数セッションになります。
こちらは無料です。くれぐれも15日の取材&喜劇観劇は
20名限定です。

さあ、「楽しんでゆったりと生きていく」を数ヶ月で現実のものに
していきましょう。

おおした


さて、ライン@の情報を仕入れておきましょう。

スマホとは何ぞや。電話ではない。パソコンにも代わる情報端末機器
なんですよね。

メルマガは時代遅れ、メールもビジネスにはあまり生きてこない、そういう
時代になってきています。


LINEとLINE@(ラインアット)の違い
「LINE」と「LINE@」は、それぞれ別のアプリです。
簡単に違いを説明すると・・・
・「LINE」は、1対1のやりとりに特化したアプリ(プライベートで活用)
・「LINE@」は、多数の人への情報発信できるアプリ(情報発信やビジネスに活用)
となります。
もっと、分かりやすく言うと・・・
・「LINE」は、個人でのメールのやり取り
・「LINE@」は、メルマガ
に近い感覚です。
LINE@の特徴は、メルマガのように、あなたのメッセージを多数の人へ一斉送信できます。
さらに、LINE@専用のホームページが持て、クーポン配信やアンケート投票機能もあります。
またLINEと同じように、友だち登録してくれた人と、1対1のトークや、タイムラインへ投稿も可能です。
LINE@(ラインアット)の現状
LINE@はサービス開始当初、実店舗を持つ事業者が対象でした。
ところが、2015年02月に、その対象範囲を大幅に拡大してリニューアル!
法人・個人を問わずアカウントを開設できるようになりました。
店舗に加えて、ECサイトや、移動販売事業者、個人事業主、企業名、個人名でアカウント取得が可能です。
LINE@に登録できないのは、18歳未満の個人、ネットワークビジネス系、自己啓発系、アダルト系です。
主な禁止事項は、「自社以外の第三者の宣伝が禁止」とあるので、アフィリエイトへのリンクや知り合いの店舗の宣伝は禁止です。
LINE@を始める前に知っておきたい注意事項

料金プラン
料金プランは、「無料プラン」と「有料プラン(2種類)」があります。
メッセージ配信数が月1,000通(1通=1吹き出し)までだと、「無料プラン」で利用できます。
無料プラン
メッセージ配信数=月1,000通まで
タイムライン投稿=月間4回まで
ベーシックプラン
月額5,400円(税込み)
メッセージ配信数=有効友だち数(ブロックされた数を除く)5,000人以内は無制限で配信可能
タイムライン投稿=無制限
プロプラン
月額21,600円(税込み)
メッセージ配信数=有効友だち数100,000人以内は無制限で配信可能
タイムライン投稿=無制限
友だちの属性表示(性別・年齢・都道府県など)、属性別にメッセージ配信が可能
LINE@でできること
LINE@でできる主なこと8つを紹介します。
1. メッセージ配信
友だち登録してくれた方全員に一斉メッセージを送れます
2. 1:1トーク
LINEと同じように1人の方とトークのやりとりができます
3. ホーム投稿(ブログの役割)
ブログのようにメッセージを投稿すると、友だち登録してくれた方のLINEのタイムラインに流れます
4. クーポン・PRページなどの配信
メッセージ配信でクーポンを一斉に送ることができます。PRページは特別案内ページを制作してメッセージ配信できます。
5. アカウントページ作成(ホームページの役割)
ホームページのように、メニューや地図、アカウントの紹介を掲載できます。
6. ショップカード
10ポイントで1000円引きのようなポイントカードをLINE上に作れます。
7. リサーチページ
アンケートを作れます
8. コマース(通販機能)
初期費用・月額無料で通販機能を利用できます。審査が必要です。

無料でこれだけのことができるLINE@、あなたも始めてみませんか?
店舗系はもちろん、セミナー講師、コンサルタント、カウンセリング業、自宅サロン経営者など、個人起業家にもオススメです。
LINE@(ラインアット)の登録方法
アカウント種別は2種類あり、
・誰でも取得できる「一般アカウント」
・審査を通過することで、認証済みバッジが付与される「認証済みアカウント」
があります。
「認証済みアカウント」は、店舗、通販サイト系の職種が開設可能です。
認証済みアカウントになると、LINEの検索結果に出たり、LINEキャラクターのポスターを無料で作成したりできます。
LINE@(ラインアット)の使い方 誰でもすぐできる!簡単基本設定方法
【まとめ】LINE(ライン)とLINE@(ラインアット)の違いと現状
・LINEは日本国民の5割以上が登録していて、登録者の7割は毎日利用している
・「LINE」はプライベートで活用し、個人でのメールのやり取りするイメージ
・「LINE@」は情報発信やビジネスに活用し、メルマガ配信のイメージ
・LINE@は法人・個人を問わずアカウントを開設できるようになった
↓LINE@でリピーターやファンを増やしたい方にオススメ!
【特別価格】初心者必見!LINE@集客スタートアップ動画講座
「今なら3大特典付」
・ライバルがまだ知らない!個人起業家のLINE@集客法10選レポートプレゼント
・理想のお客さまを引き寄せる!ターゲット棚卸シートプレゼント
・10日間無料メールサポート無制限
【LINE@集客設定運用代行】使い方、初期設定、クーポンの運用代行などをサポート!
スポンサーリンク
posted by 大下伸悦 at 16:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

2月12日26日参加のメンバーへ.ラインについてのおさらい1



ラインについてのおさらいから
はじめましょう。

気楽に
何度もみて
特性を知るところから始めましょう。

本格的なツールは4月から稼働の予定ですが、
その前の動きも出てきます。

まずは、「ライン@」と
「ライン」の違いから学び合いましょう。

毎月お送りしている「世話人」の方向けの「世話人通信」は
明日3月2日に郵送しますが、非常に大事な内容に
なっています。

世話人以外の方へは
3月18日横浜会場でお話しします。

3月20日の大阪会場での内容は、横浜での2月26日の
内容になります。(今後進めていく4つのビジネスタイプの説明と
栽培との関係、そして
その2つともう一つの芸術文化スポーツビジネスとの関係性に
ついてです).

◎お願いがあります。
「メールは手紙、ラインはSNS」、この認識を明確にして
おいてください。






LINEの現状
LINEの国内登録者数は6800万人以上。
日本の人口の53%以上をカバーしています。(2016年1月時点)
毎日利用しているユーザーも7割を超えています!
国内利用者数とアクティブ率
※1 出典元:LINE Corporation調べ 2016/1/28時点 
※2 DAU = Daily Active User( 1日に1回以上利用したユーザー)の略。 出典元:マクロミル社・インターネット調査(2016年1月実施/全国15〜69歳のLINEユーザーを対象 サンプル数2,112) 
※3 LINEの国内利用者数6800万人÷日本の総人口1億2694万人(平成28年1月1日現在(確定値) 総務省統計局)
LINEユーザー属性(年齢・職業)
出典元:マクロミル社・インターネット調査(2016年1月実施/全国15〜69歳のLINEユーザーを対象 サンプル数2,112)
LINEは、日本人の生活インフラ
LINEは、日本人口の半数以上が利用していて、毎日利用しているユーザーも7割以上います。
年齢層は、50歳以上の方も利用していて、幅広い年齢層に使われています。
現在、携帯キャリアのメールアドレスは、ほとんど使わなくなり、LINEは人々の生活に欠かせないものとなっています。
LINEとLINE@(ラインアット)の違い
「LINE」と「LINE@」は、それぞれ別のアプリです。
簡単に違いを説明すると・・・
・「LINE」は、1対1のやりとりに特化したアプリ(プライベートで活用)
・「LINE@」は、多数の人への情報発信できるアプリ(情報発信やビジネスに活用)
となります。
もっと、分かりやすく言うと・・・
・「LINE」は、個人でのメールのやり取り
・「LINE@」は、メルマガ
に近い感覚です。
LINE@の特徴は、メルマガのように、あなたのメッセージを多数の人へ一斉送信できます。
さらに、LINE@専用のホームページが持て、クーポン配信やアンケート投票機能もあります。
またLINEと同じように、友だち登録してくれた人と、1対1のトークや、タイムラインへ投稿も可能です。
LINE@(ラインアット)の現状
LINE@はサービス開始当初、実店舗を持つ事業者が対象でした。
ところが、2015年02月に、その対象範囲を大幅に拡大してリニューアル!
法人・個人を問わずアカウントを開設できるようになりました。
店舗に加えて、ECサイトや、移動販売事業者、個人事業主、企業名、個人名でアカウント取得が可能です。
LINE@に登録できないのは、18歳未満の個人、ネットワークビジネス系、自己啓発系、アダルト系です。
主な禁止事項は、「自社以外の第三者の宣伝が禁止」とあるので、アフィリエイトへのリンクや知り合いの店舗の宣伝は禁止です。
LINE@を始める前に知っておきたい注意事項
 
料金プラン
料金プランは、「無料プラン」と「有料プラン(2種類)」があります。
メッセージ配信数が月1,000通(1通=1吹き出し)までだと、「無料プラン」で利用できます。
無料プラン
メッセージ配信数=月1,000通まで
タイムライン投稿=月間4回まで
ベーシックプラン
月額5,400円(税込み)
メッセージ配信数=有効友だち数(ブロックされた数を除く)5,000人以内は無制限で配信可能
タイムライン投稿=無制限
プロプラン
月額21,600円(税込み)
メッセージ配信数=有効友だち数100,000人以内は無制限で配信可能
タイムライン投稿=無制限
友だちの属性表示(性別・年齢・都道府県など)、属性別にメッセージ配信が可能
LINE@でできること
LINE@でできる主なこと8つを紹介します。
1. メッセージ配信
友だち登録してくれた方全員に一斉メッセージを送れます
2. 1:1トーク
LINEと同じように1人の方とトークのやりとりができます
3. ホーム投稿(ブログの役割)
ブログのようにメッセージを投稿すると、友だち登録してくれた方のLINEのタイムラインに流れます
4. クーポン・PRページなどの配信
メッセージ配信でクーポンを一斉に送ることができます。PRページは特別案内ページを制作してメッセージ配信できます。
5. アカウントページ作成(ホームページの役割)
ホームページのように、メニューや地図、アカウントの紹介を掲載できます。
6. ショップカード
10ポイントで1000円引きのようなポイントカードをLINE上に作れます。
7. リサーチページ
アンケートを作れます
8. コマース(通販機能)
初期費用・月額無料で通販機能を利用できます。審査が必要です。
 
無料でこれだけのことができるLINE@、あなたも始めてみませんか?
店舗系はもちろん、セミナー講師、コンサルタント、カウンセリング業、自宅サロン経営者など、個人起業家にもオススメです。
LINE@(ラインアット)の登録方法
アカウント種別は2種類あり、
・誰でも取得できる「一般アカウント」
・審査を通過することで、認証済みバッジが付与される「認証済みアカウント」
があります。
「認証済みアカウント」は、店舗、通販サイト系の職種が開設可能です。
認証済みアカウントになると、LINEの検索結果に出たり、LINEキャラクターのポスターを無料で作成したりできます。
LINE@(ラインアット)の使い方 誰でもすぐできる!簡単基本設定方法
【まとめ】LINE(ライン)とLINE@(ラインアット)の違いと現状
・LINEは日本国民の5割以上が登録していて、登録者の7割は毎日利用している
・「LINE」はプライベートで活用し、個人でのメールのやり取りするイメージ
・「LINE@」は情報発信やビジネスに活用し、メルマガ配信のイメージ
・LINE@は法人・個人を問わずアカウントを開設できるようになった
↓LINE@でリピーターやファンを増やしたい方にオススメ!
【特別価格】初心者必見!LINE@集客スタートアップ動画講座
「今なら3大特典付」
・ライバルがまだ知らない!個人起業家のLINE@集客法10選レポートプレゼント
・理想のお客さまを引き寄せる!ターゲット棚卸シートプレゼント
・10日間無料メールサポート無制限
【LINE@集客設定運用代行】使い方、初期設定、クーポンの運用代行などをサポート!
スポンサーリンク
posted by 大下伸悦 at 05:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

3月20日は大阪(環状線天満駅線路沿い徒歩3分)、ストック型安定月収と農でゆったり生きる.

3月20日、大阪会場….



3月20日は環状線天満駅、徒歩3分の


国労会館2階です。

13時15分からです。が、13時00分からの
15分間は、自己紹介などのシェアタイムです。
(2月25日と同じ要領)

会場は椅子は補充できるとのことですので
今回はギリギリに来ても立ち見はありません。



この日は「2月25日参加者のため」の
第2回目の会です。

2月25日に参加できなかった方は
この日の会には参加できません。

時代に合わせた収入の確立!

在宅ビジネス(一日15分から30分)で
月収30万以上を目安にします。

これと栽培をセットにしたゆったり生活を
確立してまいりましょう。

年金減や給与減をものともしない
上手な生き方を…。

時代はリアルビジネスだけでは
立ちいかない時代になりました。

フロー型の苦しむ収入から
ストック型の収入を生み出していきましょう。

4通りのビジネスモデルの勉強会に
なっていきます。


入場費は3000円です。

申し込み案内フォームは
もう、じきにアップされると思います。
少々お待ちください。



4月15日(土)は、東京池袋

東京池袋駅東口近くの会場で

自作「ユーチューブ」の
初回アップの統一テーマを
取材…。
参加メンバーは20名限定です。

参加費は3800円ですが、そのまま
劇場観劇料として支払われます。

勉強会は10時開始。
観劇取材は14時スタート、
近くのシアターグリーン
で行います。

全員が同じテーマでアップすることで
各人のうまくいった点と改善点を
学び合います。

記念すべき初回テーマは、
「コメディ・笑い」です。

売り上げを稼ぐ四大テーマ「稼ぎ頭」候補の
「笑い・涙・ペット(犬.猫)・母親両親子供」
のうち、今回は笑いを取り上げます。

「ユーチュバー」リーダーを目している
俳優タクトさんの新作喜劇の
「笑い」を取り上げます。

なんと演出は演劇界の巨匠、池田政之
先生です。

添削をしながら記念すべき自分の作品を
稼げる作品に仕上げてアップしてまいりましょう。

さあ、在宅ビジネスの立ち上げ第一弾です。

この時期は、ヒカルランドさんへの
天然自然野菜の出荷をお願いしまぁす。


追伸.
20名をオーバーした場合は、
平日18日(火)の18時から第2陣の
始まりとなります。

大下





おおした
posted by 大下伸悦 at 12:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする