2017年09月04日

大阪会場、盛り上がっております。


一年分の凶を消したひとも・・・

横山卓ワールド、予想どおり大反響です。

栽培の世界も
どうやら究極のレベルまで来ましたね。

佐藤なにがしのお誘いがありました、というといわせ、
おやめなさい。くれぐれもおやめなさい。

明日まで大阪

おおした
posted by 大下伸悦 at 08:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

遠ざける 遠ざかるの法

現在進めている新著「開き直りの成功法則」の一節です。


「遠ざける」「遠ざかる」

最後に、暫定避難の方法です。

悲観的な思いを使う癖のある人。
自分をツイていないと、頑なに思っている人。
反抗的な態度が、どうしても変えられない人。
親身になって、何とかしてあげたいと思いますよね。
深刻なケースになると、先ほど述べた「包み込み法」によって、相手が変わっていくことが 
あります。

「包み込み法」を8回から9回行うことで、相手が「自分の感謝系の場」で変化するのです。
ただし、貴重な自分の時間を、相手のために使っているのですね。
自分の行動の「優先順位」の上位に、「彼への対処」が食い込んでいるのです。

彼への対処のための時間が多くとられすぎです。
もう、自分がイライラし出しています。
相手の「不安の場」に足を踏み入れ出しているのです。

どこかで、いったん、暫定避難を決断する必要があります。
それが、最後の手段、「遠ざける」「遠ざかる」の方法です。

その場合、自分のそばからいったん「遠ざける」のです。

暫定避難ですので、緊急避難とは違います。
緊急避難ともなれば一刻を争う「問答無用」の退避となりますが、
ここは自分が、自分の意志でいったん、「遠ざかる」のですから、暫定的避難です。

その時、イライラして決断していては、自分のツキが消えてしまいます。

おおした
posted by 大下伸悦 at 08:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日(3日)大阪会場、開始時間10時00分です。なるべく10時にいらしてください。


9月3日、大阪です。
開始時間が変更になりました。
10時00分からです。   10時30分から変更しました。
急に変更するなと叱られそうですが、10時30分でももちろん構いません。


本日9月2日は名古屋です。さあ、独立起業はどんな感じで
進めましょうかね。

楽しみです。

BIBAカリキュラムに沿って
気楽に楽しみながら進めましょう。


posted by 大下伸悦 at 06:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

資金を3倍に増やしましたよという方がおります。その調子で…


この数日、夜は貫全徹夜で一睡もできなかったのでした。
ともかく集中できました。

そんななか、30日は山形のIさんと午前10時から夕方まで
マンツーマンで勉強会をしました。
そう、松岡モデル特訓です。

わたしは、原稿作成に追われて、息抜きツールには
まったく触れる時間がありませんでした。

本日は、久しぶりに実践者のお一人に
実績を伺ってみました。

「すると、おかげさまで資金が3倍に膨らみました」との
回答…。
うんそうでしょうね。

このツールはシグナルが来たら、シグナルどおりに
クリックをすればいいだけなので、私は無思考です。
息抜きにはすごくいいのです。

それでは物足りないという方もいまして、
システムが「情緒で組み立てられている」というようなことを
おっしゃいますが、それは人間には
そのように見えているだけなのです。

本来人間が行ってきた分析と予測を常時判断をているのが
人工知能です。
AIの頭脳に24時間読み取ってもらっているものです。

人工知能にはやってもらわなくていい、という方は
別なものを選んだらいいでしょう。

世界一の実績をあげていらっしゃる前川君が、
ご自身のスタッフのほとんどの方にこのツールで
オペをさせはじめたというのです。

松岡さんも、これを使って数年で財を成してきているのです。

何をもってしても、対抗できるわけがないのです。

わたしは実にいいものに出合ったものだと、
悦に入っているのです。

0−0でノーカウントのはずが、
ルールが変わってしまったというのです。が、

0-0でノ―カウントではなくなったといったって、
予測上は分けなのであれば、それでよしとしたら
いいではないか、というのが大雑把な私の発想です。

無思考で済む分、ゆったりできます。

しかも、Mモデル2つのほかに、
別な方のAIも表示させていくのです。
別な方のAIシステムは6日に頂けるでしょう。

シンプルなものどおしではありますが、
付け合せするツールを3つから4つ持ったら
より安泰なのではないか、という発想で

より楽に
より確実に、というのが私のやりかたです。
無料でなければ、切り捨てるだけです。

更にもう一つは、本当に無料で送ってきました。

ラインをカットしたら、静かなこと静かなこと…。

人生たのしいんで行きましょうね。


本日、長崎さんのAIも手配しましたので、
ストレスを感じることなく、
したがって、楽しめますね。

みなさまはいかがですか。

各人、それぞれに運用なさったらいいでしょうね。

大阪はBIBAカリキュラムでのユーチューブの講座が
定例化していきます。

本も出版してくださいね。

今晩から詩集の編集に入ります。

人生夢をもって楽しんで行きましょう。

格安スマホ代理店、10台は達成したようですので、
もう待遇は安泰ですね。

お名前をいただいて先方とすり合わせをいたします。

お名前と生年月日と、住所とスマホ番号を
いただくようになりますのでその時はよろしく。

おおした
鈍感力でおおらかに生きたらいいでは
ないでしょうかね。



posted by 大下伸悦 at 18:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日はヒカルランドさんへ。原稿があさっき校了.すさまじい日程でした。開き直りの成功法則校了。

 まさに生きているということを実感!

少し体を落ち着かせてから、次の行動へと
入ります。

開き直りの成功法則!
どうぞ、よろしくお願いします。
posted by 大下伸悦 at 17:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

著作に没頭させていただいております。ありがとうございます

著作に没頭させていただいております。


人生!所詮(しょせん)
運のいいひとにはかなわない! 

「運の引き寄せステーション」のパワーを強化せよ

さて どう生きる
きっと うまくいく

そろそろ真・善・美・健・創の領域に生きよう
差し上げ上手な生き方 自他同然の境地に生きる
                           
大下伸悦

目次
人生…しょせん運のいいひとには敵(かな)わない
どうやら運の上手な引き寄せ方があるようだ
「思ったことは実現する」というのは本当か
思っても実現しないことはあるのか
こちらの今生世界は「思い」と「行動」で成り立っている
行動しても実現しないのはなぜか
他者の「思いと行動」が、あなたへの干渉波となって具象化を阻害する場合がある
干渉波とは関係なく自分の「思い」が実現しないケースはあるのか
「熱意と行動」が強烈なエネルギーを呼び込む
ジャパニーズことだまワールド
和歌… 三十一音の想念世界は「現実」をつくる
俳句… 十七音の想念世界は「虚」をつくる
余情の潜在力
思いが現実化していく流れ
行動をとるのは、まず微生物であると捉えたほうがいい
創造は「マネ」から始まり、経験を経て「独創」の境地に至る
思いは陳腐化する
みんな自分の季節を生き、そして消える
正義はふたつある
今生での醍醐味は「夢を持ち続けること」にある
「創造主」とは?「創造主体」とは?
試行錯誤は、創意工夫のプロセス
プロセス成果と、結果成果
悩みや怒りなど、地球の素材を用いて自分がつくられる

一「思いと行動」がセットになって現実がつくられる
今生世界での現実は「思い」と「行動」によってつくられる
「思えば思った通りになるのか」?
なまけもののエイト
夢を見失うな
二 2つの真実
実感の真実を受け止め、時代の風に乗る
運を吸引するソフトパワー
三 運のいいひと ツイているひととつき合う
ついている人 徳のある人とつき合う
「マネび」グセとは、コピーと貼り付け
四 優先順位をあげ 運を引き寄せよ
五 黒字から入る新規就農は?
まず安定収入・安心から
「らく」が前提
健康安全を優先
短所の長所化
六 飛び込む!優先順位をあげる
準備はほどほどに、優先順位をあげよう
楽しむこと・リラックス
なあんだ関係
なあんだ消極
七 開き直りの成功法則
人生、困ったことは起こらない
いったんそのルールから外れてみる
過去オール善
必要必然ベスト
そもそも死を受け入れてもらえないという天の掟はあるのか。
死んでいくのに持っていけるものはなにか。
いざとなれば国は優しい
対峙するな.理解者になれ.
八 人生の醍醐味は夢を持ち続けることである
九 投げ出すな!まだプロセス
あきらめ放棄が運を取り逃がす
陰口を言わないクセ
ベストがだめならベターに向かう
奔りながら考える。拙速がベストの時もある
包み込み法
絶体絶命の危機を救う
微量なほど、微細なほど
十 思いの5つの領域
思いの5つの領域
100とおりの思い
感謝系の思いは10とおり
神の領域 ……33
発明が生まれるしくみ
自他貢献
十一 陰の感謝系へと踏み入る
十二 感謝の4姉妹
「ありがとう」が長女さん
「ごめんなさい」のTPO
「感謝貯金」と「不安債務」
自分の内面に対して ……
足を折った話 ……
肯定と感謝 ……
思う存分悩みなさい ……
「素直」は性格ではない ……
十三 過去は変えられる.思いには時間性はない。 ……
思いには時間性がない……
過去は変えられる……
十四 変えようとするとツキを落とす ……
「反応」と「意志」
変えようとすると、つきを落とす
上手な思い込み
「遠ざける」「遠ざかる」
やさしさとは強さのことである
十五 「ありがとう」のかたち
親身になる
「産んでくれて、ありがとう」
中世のお城の晩餐会
3つの襖を開ける
アイドリングの話
十六 思えば叶う 宇宙通信
十七 素晴らしきかな人生 初めに言霊ありき
始めに思いありき
十八 ひとは「真 善 美」へ到達する 
真善美、良心にしたがう。崩壊と蘇生
十九 時代の変化に乗る
 変われなければ消え去るのみ
 人工知能 ビッグデータ 産業大変革
ロングテール戦略
変わらなければ悲惨なことになる
二十 自分のブランド化……
ものかきとなり印税を得る面接に来た女性 ……
映像作家となり、
こんな時代をどう生きる?
二一 体温 そして呼吸 ……
微生物の営みが自分 ……
呼吸の仕方
体温の維持と、健康 ……
むすび

posted by 大下伸悦 at 06:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

世界人口はなぜ増え続けているのか。


食べるものが無ければ餓死者が出るのですよね。

地球の人口は70数億人、
なぜこんなに増え続けるのでしょう。

「食べるものがあるから増えているのです。」
当たり前のことですよね。

すると、意外そうな顔をする人がいます。
餓えているひとがたくさんいるのではないですか?と、

いやいや、食べるものが無ければ人口は増えません。
食べものの確保に苦労しているところは増えている、これは事実でしょう。
社会不安に支配されている時代は人口が増えている事実がある。
平和な時代は増えない。日本でも平安時代と、江戸元禄時代、そして
現代がそうです。

日本は餓えていないのに
人口が減っているのではないですか?

豊かになっていく過程では増えるのですね。
豊かになってしまったら増えない…。

現在、世界人口が爆発的に増えていることは
まぎれもない事実です。

こうして生き続けているひとは
生きていけるだけのものは食べているのです。

貧乏人だって生きていけますとも…。

実りの秋を迎えて…
鳥獣害の問題は解決するということが
判ったのです。なんとモグラまでいなくなってしまう。
毎年収穫期にリンゴを食べに来ていた猿軍団が
近寄れなくなった。

しかし、人間が農産物を盗んでいくという人害対策は
未解決です。

近くのお店で店内にあった大きな券売機が
盗まれたそうです。農産物だけではないのですね。
なんとまあ、大胆な…。

おおした


posted by 大下伸悦 at 05:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

食糧危機が来ようが、金融封鎖があろうが、超高齢になろうが…にっこり笑って穏やかに生きていこう。


毎年1月恒例の「夢をもって楽しく生きる会・幸塾GOPの新春の集い」も
来春で22回目になります。

神聖にしてめでたい新年の門出です。
そろそろ登壇頂く方々を内定いたします。
「何ごともないかのようなのんびりした生活ができる。」
「なにより、健康であり続ける。」
そこを優先してまいります。

当たり前?いえ、当たり前とは言えない時代に入っています。

----------------
来春を起点にすれば
2年経つと「女性の半数が50歳以上」になります。
そこから4年経つと「3人に1人が65歳以上」になります。

どうか、寝たきりにならないように…。
どうか、認知症にならないように…。
どうか、生活できないということのないように…。

高齢になっていく子供らには迷惑を掛けない。
これだけはきっぱりしておこう。
どうか、ひとりで栽培ごとができるように…。
どうか、高齢になっていく子にときどき小遣いがあげられるように…。

これは、月例会に集う友人たちにだけではなく、
自分自身への仮題である。

そう思い立って、しかし幸いなことに、もうその手順を
見つけてしまった。
もう先行投資は要らない。
しゅくしゅくと楽しみながら進んで行けるようになった。

もうスピリチュアルとやらも楽しめるのかもしれない。
-----------

スピリチュアルがはやるのは、下記のような現実から
逃げるという面があるというひとがいます。が
おそらく、そのとおりでしょう…。

昨日までの自分なら

「死ねばこうなる」といわれたって、
「生きているいまをどうすることもできない」、という
時代を迎えているときにそんなことに逃げ込んでいて
どうするのか。
寝たきりになる迄の逃避行動か?

などと思っていた。
----------------
例えば、
お年寄りが、さらに年老いた親の介護をする。
親が認知症で徘徊を始める。寝たきりになる。
いまだって月8万程度の年金では食えないのに
介護費だけなど負担できるわけがない。
年金が多い人だって食えなくなる。
火葬できない。墓がない。
葉かに入ったって、いまだって無縁仏だらけだ。

ともかく、報酬の獲得手段だけは
見つけておく必要がある。

しかし、いままでの商売は成り立たなくなる。
腕が良くても客がこない。

そんな中で、世界は人類始まって以来の大変革の真っただ中にある。
(第4次大産業革命というけれど、それ以上の変化)

いままでは「愚痴」を言ったり、
政治批判をしていても食えてはいましたが、
もうそうはいかない時代に突入しているのではないですか。

-------------
あなたは下の状況を説明できますか?
−−−−−−−−−
ビッグデータが産業を支配しはじめる。
人工知能どうしが会話をはじめだした。
車が運転者なしで走り始める。
仕事のほぼ半分が消えてなくなる。
シェアリングエコノミー
銀行がフィンテックに馴染めない。
インダストリー4.0
UberEATS
ドルはいったいどうなるのか。どのような形で何に代わるのか。
銀行封鎖は?
仮想通貨は生まれては消えていく。
詐欺詐欺詐欺!ビットコインなるものだけがまだ消えない。なぜ?

食い物は誰がつくるのか。
誰がどうやって運ぶのか。
−−−−−−−−
こういう現実(変革の波)からは
誰だって、目をそむけたくなります。

故船井幸雄は「スピリチュアルはほとんど嘘」と
言い残しました。
でも、スピリチュアルに逃げ込みたくなるのは
判ります。

しかし、いま行うのはそんなことではありません。
−−−−−−−−

変われないものは変われないがゆえに
消えていくしかない。

新春にあたり
しなやかにゆったりと生きていける手順を踏んでいきたい。
と、思います。
−−−−−−−−

しかし、仕込みはもう終わりました。
2017年の8月でレールは敷き終えましたので
あとは楽しんで、大変革に応じ、
経済的に困らない穏やかな生活を送っていくことが
できるようにしてまいりましょう。
−−−−−−−−−
2018年新春の集いの候補

松岡沙耶さん(やっと見つけた救世主.無思考でできる)
      (しかも世界的に知られた職業)
      (この分野で世界一の業績を誇る前川さんですら
       自分のところのスタッフに松岡さんのシステムを
       導入している。しかも全員にである)
松下明弘さん(10年以上無農薬で草が生えない田んぼの実践者)
      (玄米ご飯用の胚芽の大きいお米を発見。よく知られるようになってきた)
船瀬俊介さん(3度目の登場なるか?本物探求者.松岡さんが無理な時は船瀬さん)
横山 卓さん(ビックリ!ほとんど触らないのに・・・)
近藤洋一さん(トータルヘルスデザイン社主)
大下伸悦  (他人事ではない。自分のためにも大変革に合わせた生き方を構築)
加津間広之さん
二宮 直さん
写真作家数名、動画作家(Youtube)数名
 
食糧危機が来ようが、金融封鎖があろうが、超高齢になろうが…
転変地変があろうが…

にっこり笑って穏やかに生きていこう。
それは、どうも、できる。

おおした



posted by 大下伸悦 at 06:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

久しぶりに「著作は骨身を削る」を体験しています。


強烈!
「運の引き寄せ/吸引ステーション」のパワー

人生!
所詮運のいいひとにはかなわない!

もうそろそろ、真・善・美・健の領域に生きていい

著作も生き物なのですよね。

やっと生命が入り込んできました。


編集長に感謝!

昨日の「ユーチューバー研究会」は素晴らしかったですね。

もう全員が各々の「新潮流」に乗ってきました。
すごいなあ。

大阪の講演会、受付終了です。
ごめんなさい。
横山卓先生のセッションは、11月にも行います。
毎月開催を提案しています。

1月7日の大阪での第22回「新春の集い」には、横山卓先生も登場します。

1月13日の東京での第22回「新春の集い」は、松岡沙耶さんに登壇依頼をしています。
みなさま、松岡さんに連絡を取って出演を依頼してください。
横山卓先生は内定済です。

19日20日の松岡セッション終了しましたね。

9月26日、ユーチューバー研究会、横浜、港北公会堂2階です。
9月29日、松岡モデル体験会、会場は横浜、港北公会堂2階です。

横浜の定例会、新宿の9月、金沢はもう少しお待ちください。

新著は、間もなく校了となります。

食事を忘れていました。





posted by 大下伸悦 at 17:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

「世界の工場」は、チャイナから「インド+ASEAN」へと移行中


世界の工場は、今後5年間で、チャイナから、
「インド+ASEAN」へ移っていく。
ASEANでも「特にタイ・ベトナム・インドネシア・マレーシアが
世界のものづくりセンターに
なっていく」。

◎ この研究結果の発表は、世界最大の会計事務所
デロイト・トウシュ・トーマツ(DTT)のものである。

チャイナは「世界の工場」としてのポジションを失いつつある。というのは
上記の発表を待つまでもなく、多くの人の共通認識である。

転載はここまで。


「工場の神様」は、
外資企業の対中投資の減少
撤退企業の増加
人件費の高騰を見極めて
次なる地へと向かう。

しかし、チャイナは内需拡大で、安定成長へと
向かうだろう。
同じ東洋の隣国が豊かになってきたのだから
悲観するほどのことではない。

「世界の工場」の移行の流れは人件費の低いところへ
低いところへと流れていく宿命にあるのだが、
日本だけは唯一例外となっている、という点に
お気づきだろうか。

日本は、まったくもってすごい国だ、ということがいえる。
もちろん他国と比較してでの話である。

日本のメーカーは、続々と日本回帰を進めている。

日本の「6期連続GDPアップ(前年比)」は、
お見事といえるのではないか。

9月には、日本の宰相安倍氏の「インド訪問」がある。
チャイナが他国領に平然として道路をつくっている。
インドとしては動かざるを得ないだろう。

実に絶妙なタイミングで訪問をするものだ、と感心せざるを
得ない。

世界の首脳のなかで、もっとも有効な外交を繰り広げているのは
唯一日本だけなのだが、それの何が不満で「せっかくの独立国」を
「属国回帰」させたがるのか。

ネットの論客たちの劣化が目立ってきたように思われる。

尚、名古屋でのセミナーは9月2日です。

大阪は、9月3日4日に、5日が追加されました。
「8月22日にも開催します」との報告も届いている。

プロ講師育成計画は、順調です。

私の本も順調です。

本日も夢をもって楽しんで行きましょう。


posted by 大下伸悦 at 14:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

いそがしくも、楽しき日々


予定より数日遅れましたが
懸案のイラスト22枚を徹夜で描き終えたところです。

普段あまりやらないことを手掛けるというのは
新鮮でいいですね。

生きているという実感がします。

さて、勢いに乗って
別な原稿の校正に入ります。

2冊分、一気に進めていきます。

それが終わったら
古代文字での書を一葉、仕上げます。

そして、お伊勢詣でです。

それにしても私たちはいい時代に生かされていますね。

9月3日の大阪会場は、間もなく受付終了に
なります。あと5名かな?

おおした

posted by 大下伸悦 at 08:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

入道雲


入道雲   (おおしたしんえつ)

波打ち際に 蟹がうごめいている

濡れた砂と乾いた砂とが
ゆるやかな曲線を引いて…

打ち寄せられた海草がその線上にくねっている


今年、ひとりの海の男が死んだ

海上では
海で死んだ男の精霊流しをしていて
波間に海鳥が浮かんでいる


小型ボートに牽かれるちいさなお船には
花と果物を満載して
海の男は黄泉のくにへと向かうらしい


なぎさには
赤ん坊を抱いた若い女と
ひとりの老婦人が立ち

少し離れて
杖をついたふたりの老婦人

半ズボンの子は足元の蟹を追い
おとなたちは手を振るともなく見送っている


ジーワジーワと蝉が鳴く

見渡せば
背後の崖の上に緑が連なり
せわしない鳴き声が滝のように降りつづく


せき立てられるように
精霊流しのボートは
海の青に
白い線をひいていく

水平線には大きな大きな入道雲が…


ひとり去り
ふたり去り
過ぎ行く時の早さよ

ああ 夏がいく
ジーワジーワと夏がいく

ことしも
ひとり去り
ふたり去りして

時はますます先を急ぐ

姉は遠くにあって今年も会えず
足元の蝉も
やがては土に還っていく


おまえは何処へ行くのだ、と
潮風が吹き抜けながら呟いていく

海草を引きずりながら
水ぎわを彷徨している男の姿がある
ふと 思う
あれは だれだ


おおした (Kotaki流水)

2017年 過ぎゆきし和暦のお盆…
黄泉へと旅立つ尊敬する海のおとこへ捧ぐ
posted by 大下伸悦 at 06:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

イラスト描きを楽しむそばで、松岡システムがささやいてくる

イラスト描きを楽しむそばで、松岡システムがささやいてくる。
---------
今日は松岡システムを一回だけ実行して
それからイラストを手掛け始めたのですが、

いま見ると、
4つのペアの「↑」の予測が34回のチャンスをすべて当てています。
34回ですよ!
100%の確率、パーフェクトラインに乗っているではありませんか!
ちょっとそちらに集中したいところです。が

まあ、我慢がまん。(笑
お気に入りは最後に食べることにしましょう。


そういえば9月の定例会の予定まだアップしていませんでしたね。

金沢から9月は「どうなっているのか」との
督促がありました。

横浜の方も何人かの問い合わせ…。

問い合わせなさってこられた方々はみなさん、プロの農業者です。

いよいよ、プロたちが動き出しましたね。
喜ばしいことです。

農作物の収穫時期にその収穫物が消失しているということが
ままありますが、それは獣害とは限りませんね。
トラックでやってくる輩がいます。

嫌がらせで除草剤をまかれたり、水を止められたり…と
いったこともよく聞く話です。

農業の経営には、危険がいっぱいです。
だからこそ、安定経営の手段を模索してきました。
そして、方向は定まりました。
あとは、楽しんで手順を踏むだけです。

周囲の「自分への見方」が変わるでしょうね。
どうぞ、文芸アカデミーのカリキュラムを楽しんでください。


さて、9月の定例会の件ですが、
告知はもう少しお待ちください。


イラストもやりだすと面白くて面白くて…。

私たちは本来、文学や芸術などの創造世界を
楽しむために生きているのではないでしょうか、ね。


ところで、今回進めている松岡システムは、それだけで
ビジネスとして成り立つものです。

それを農業の合間の息抜きで行います。
ここでは「あくまで休憩用」の位置づけです。

なにしろ「サイン通りに行う無思考オペ」なのです。

安定して栽培に取り組むための保険的な位置づけです。

栽培と並行して行うのは
あくまでも「野菜のブランド化」と、
「販売促進」です。

それがユーチューブと、
写真集(著作含む)の出版だといっているのです。
ユーチューブは大人気です。
それはそうですよね。
映像作家になっていくのですから…。

なにしろ、自己表現のツールとして面白いのです。
やがては、これ自体からも報酬が発生していきます。


写真撮りのテクニックなどは、
気分転換を兼ねて楽しみながら行っていきます。

1月の「新春の集い」には登壇して
野菜と農園の宣伝をなさってください。

あれ、いま、松岡さんのところから電話が入って
きました。

なんだ、本人じゃないじゃないよ。(笑

最初のころは本人から掛かってきたのですがね。

さて、色彩を施しましょうかね。

大下


posted by 大下伸悦 at 18:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

32年前の航空機事故が、同じ条件下で・・・。


8月12日.
坂本九さんの死から32年、まったく同じことが
かろうじて未然に防がれた、というのか。

墜落?したJL123便と、NH37便のトラブルが酷似している件


http://ameblo.jp/kissy-seed/image-12301199757-14004116534.html

https://togetter.com/li/1139565

誰が乗っていたのだろう。
32年前はトロン開発者が大勢登場していた。
偶然であるはずがない、というのが正直な思いである。

http://kabukachan.exblog.jp/26296122/
posted by 大下伸悦 at 12:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

「ピ・ポ・パ」禁止令

「ポ・ポ・パ」禁止令
-----------------
「無思考」でいいというのは、本業(農業)などの
「気分転換のための休憩用ツール」としては
実にありがたいものではあります。が、

この数分の休憩が、ひとによっては「本業以上の成果報酬」を
もたらすのです。

何しろ シグナルが来たら、ガイドに沿って「ピ・ポ・パ」と
クリックするだけでいい・・・。

それだけでいいのですが、しかし、「1分待ってみたい」という
気になるではないですか。

この、「無思考でいい」というのは、私には困りものです。
休憩が休憩で済まなくなるのです。
熱中してしまう。そのうち「本業も睡眠時間も
忘れてしまう」、などということになりかねません。

まあ、本業以上の月収があがりだせば、気分転換側が
本業になってしまうのだから、「その方がいいか」と
いう訳にはいかないでしょうよ。いくらなんでも…。(笑

人間どうしても眠くなれば、眠ってしまう生き物なのですから、
勝手にしなさい、とでも言っておけばいいのでしょうね。

わたしも、加津間さんにセットしていただいて
明日から「気分転換装置」で気分転換をはかるはずなのですが・・・
どうでしょう。気分転換ドランカーなんてことになってしまうそうな
予感がしています。

というのも、無料版でそのような状態になっていたのです。

「イラストを急げ」とも言われているし、本業もあるしねえ。
やむを得ず、当分の間は封印ということにいたします。

う〜〜む…、まあ、表向きは、ということになるのでしょうねえ。

新規就農の初月から、安定報酬を引っ提げ、悠然と栽培を楽しめる、という
仕組みは提案し終えたので、次は「病気知らずの医者いらず編」に、
取り組ませていただきます。

腰痛だの、ひざ痛だのとメールを頂いても迷惑ですからね。
日本人は、「痔」が多いのですってねぇ。

採れたて「自然野菜」で健康を常態としていく前に、
まずは、心身の異状をただす方法をお教えいたしましょう。

しかも、家族やご近所さんの異状をただすやり方を伝授いたします。

といっても、私が行うわけではありません。

横山卓先生に大阪、静岡で体験会を行っていただきます。

ご自身でできるようにまでなっていただきましょうね。
それが、結構、簡単そうなんですよ。

あのう、私は「体理学研究会」の会長をやらさせていただいて
おりましてね。
わたしもできないわけではありません。しかし、横山卓さんには
感服しました。
実は、わたしも改善するところがありまして、それで大阪で
開催するのです。

おおした
posted by 大下伸悦 at 09:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする