2017年11月15日

世界一の遺伝子組み換え食品消費国.日本

世界一の遺伝子組み換え食品消費国はどこでしょう。
それは、日本です。

世界中で うとまれれば
その危険物は
規制の緩いところへと
「掃きだめ」られます。

それが日本。

いまや世界最大の
GMO消費大国が日本・・・だという。


世界的に遺伝子組み換え食品への風当たりが強く
規制が強まっているため、
必然的に規制の緩い日本へ多く流入してくる。

メディアが採りあげなければ
安心というわけではない。

以下、転転載

GMOは、様々な健康への悪影響が指摘されていますが、
今回は反対に、
GMOの摂取を止めることで健康状態がどのように改善されるか紹介いたします。

「Waking Times」というサイトが
2017年11月10日付で、関連記事を投稿しています。
リンクを以下に記します。

Research Shows Switching to Non-GMO Diet Can Reverse These 28 Conditions

3256人の被験者が研究に参加しており、
GMOの摂取をやめることで具体的にどのような疾患が改善したのか、
また、改善した人数の比率(%)が書かれています。
以下に引用します。

・消化器系疾患 (85.2%)
・倦怠感 (60.4%)
・肥満 (54.6%)
・意識がボンヤリ(51.7%)
・食物アレルギー (50.2%)
・鬱状態 (51.1%)
・記憶力、集中力 (48.1%)
・関節痛 (47.5%)
・季節性のアレルギー(46.6%)
・グルテン過敏症(42.2%)
・不眠症(33.2%)
・湿疹以外の肌状態(30.9%)
・ホルモン異常 (30.4%)
・筋骨格系の痛み(25.2%)
・自己免疫疾患(21.4%)
・湿疹 (20.8%)
・心血管障害や高血圧(19.8%)
・喘息(14.8%)
・月経の問題(13.1%)
・糖尿病 (10.6%)
・その他の精神疾患 (7.9%)
・低体重(6.5%)
・ガン (4.8%)
・腎疾患 (4.5%)
・不妊(3.8%)
・自閉スペクトラム症(2.6%)
・アルツハイマー病 (2.4%)
・パーキンソン病 (1.4%)

 GMO食品の摂取をやめれば多くの病気が改善するということは、
GMO食品は有害だということです。

「遺伝子組み換えでない」という表示の商品を選んでも、
法律の抜け穴が多いため、
知らないうちに摂取している人がほとんどだと思います。

食用油、しょうゆは遺伝子組み換え加工食品であっても、
抜け道のため表示がありません。

原材料としてGMOを使用しても、
使用した量の4番目以降の原材料ならば、表示義務はありません。

また、全体の重量の5%未満で遺伝子組み換え原材料を使用しても、
やはり表示義務がありません。

しかも、卵、牛乳、肉などの畜産物には、
もともと表示義務はありません。



企業のコストダウンや利益追求のために、
我々消費者の健康が損なわれているのです。

100%は無理かもしれませんが、
意識を高くして、
なるべくGMOの摂取を減らす努力をする必要があると思います。

以上、転載ここまで.

私の場合は一日一食ですが、
御菓子類は食べませんし、
ドリンクは水以外は飲みませんので、

気をつけなければいけないのは、

醤油
豆腐
納豆

醤油は
非常に重要なミネラル補給となりますので
こだわっております。

納豆は大粒のものなら、まあまあ安心…。
近所の安心できる豆腐屋さんが
廃業してしまったので困りものです。
いままでは豆腐はあまり食べなかったのですが、
断食前後は「豆乳」代わりに
摂るようになりました。

断食時はビールも飲みますが、
安心できるのはサントリー、と心得ております。

本日で「1日1食の節食、または絶食」20日目…。
体質はかなり変わってきたようです。

おおした

posted by 大下伸悦 at 06:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

横浜、港北、鶴見川浄化作戦スタート


12日、神奈川県横浜市の鶴見川浄化,
有志による浄化作戦スタート。
20名で行われました。

まずは心のくもりが晴れていくのですね。

健康に長生きをして概ね85歳。

川や海をきれいに戻してからあちらに行きませんとね。

ゆったりとおおらかに生きてまいりましょう。

詩をつくったり
メロディをつくったり
奏でたり

小説を書いたりして、豊かに生きてまいりましょう。

明日は取手の環境保全の女神さまに
お会いしたく
posted by 大下伸悦 at 20:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

ソニー、絶望からの奇跡の復活!おめでとう!

ソニーを変える!ソニーは変わる!
そして、ソニーはよみがえった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−
絶望から奇跡の完全復活…
ソニー平井社長が激白、
4年の覚悟の「構造改革」全真相

転載:ビジネスジャーナル(片山修)

平井一夫氏がソニー社長に就任して4年が経った。
12年から代表執行役社長兼CEO。

2011年度に4567億円という過去最大の赤字を計上した直後、
嵐の真っただ中に船出した平井ソニーは今、ようやく前進を始めた。

ソニーは1997年度に過去最高益を計上して以降、
業績低迷が続いていた。

 平井氏は就任した12年から14年までの「第一次中期経営計画」で
構造改革に取り組み、
1万人の人員削減、
御殿山の旧本社ビルを含む資産売却、
化学事業やPC事業の売却など、痛みを伴う施策を次々と実行した。

 15年に発表した「第二次中期経営計画」では、
「一律には規模を追わない収益重視の経営」を掲げ、
売り上げ至上主義から脱却し、
高収益体質の経営へと、大きく舵を切った。

 結果、15年度は不振続きだったエレクトロニクスが
5期ぶりに黒字化を達成した。

今期はコンスーマーエレクトロニクスの
全事業において
黒字化が見込まれる。

17年度には、目標として掲げたROE(株主資本利益率)10%以上、
営業利益5000億円以上の達成が視野に入る。

 平井氏は就任時、「ソニーを変える。ソニーは変わる」と訴えた。
この4年間にソニーをどう変えたのか。

また、ソニーはいかに変わったのか。

ソニー復活の真相に迫る。

「心が痛んだし、悩みました」

http://biz-journal.jp/2016/07/post_15876.html
Copyright c Business Journal All Rights Reserved.

http://biz-journal.jp/2016/07/post_15876.html
posted by 大下伸悦 at 09:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニーから切り捨てられた「VAIO」、奇跡的復活!おめでとう


2014年にソニーから切り離されて、しかし
奇跡的復活!
2期連続黒字とはおみごと!

テレビもパソコンも黒字ですって・・・。
素晴らしいですねぇ。

ヒントは?
「死に物狂い」で取り組むこと。

http://biz-journal.jp/2017/11/post_21295.html

本体のソニーもよみがえってほしいですねぇ。

おおした
posted by 大下伸悦 at 08:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起業家「テスラモーターズのトップ」による卒業生へのスピーチ

超多忙であれ!熱中時代を経よ!
何時間働こうが他人にとやかく言われることではない。
なまくらに慣れるな。

------------------------
世界最高の起業家イーロン・マスクが若者へ捧げる“5つの金言”
週100時間働け」


テスラ・モーターズCEOのイーロン・マスク氏が、
南カリフォルニア大学マーシャル経営大学院で行った卒業スピーチを
紹介します。

「超多忙であれ」「リスク負え」など、
人生を成功に導くための5つの原則を紹介し、
社会へ羽ばたく卒業生を激励しました。


以下「ログミー」リンクより引用.

●超多忙であれ

まず言いたいことは、「超多忙であれ」ということです。
何を仕事にするかにもよりますが、
特に最初の職場ではとにかく忙しく働く必要があります。
「超多忙」とはどういうことでしょうか?

弟と私が起業したときは、
アパートの代わりに小さなオフィスを借りて、
寝泊まりをしていました。

シャワーはYMCAで済ませていました。
とにかく大変で、コンピュータも1つしか持っていませんでした。

昼にWebサイトを更新し、夜はプログラミングをしていました。
毎日、どんなときも。



当時いたガールフレンドもオフィスで寝泊まりしていたほどです。
起きてる時は常に働く。

特に起業する人には言っておきたいことです。

他が週に50時間働くなら自分は100時間働く。

そうすると会社としては、本来の2倍仕事量をこなせたことになります。


●有能な人材と仕事をしろ

次に言いたいのは、起業するにしても就職するにしても何より大事なのは、
すごい人達を引きつけるということです。


素晴らしいと思えるグループに参加するにしても、
会社を作るにしても、すごい人達を集めるというのは必須です。

いかなる会社も、商品やサービスを生み出すために集められたグループなのです。


グループの仕事を信頼し、正しい方向において結束することが
会社に成功をもたらします。

ですから起業するのであれば、何がなんでもすごい人達を集めましょう。



●商品やサービスにフォーカスせよ

3つ目、雑音にも注意しなければなりません。
商品の改善に関係のないことにお金を使ってしまったりと、
これには多くの会社が混乱していますね。


例えばテスラでは、一切宣伝にお金を使いません。

商品である車そのものを良くするため、
全てのお金は
研究開発と
デザインに
使います。

これこそが正攻法だと思います。


いかなる会社においても、
「努力がいい商品やいいサービスというかたちで、
結果に表れているか」。

これを常に考えなければいけません。
結果が出ていなければ、
その努力は
やめる必要があります。


●トレンドを追うな

4つ目は、「トレンドを追うな」ということです。
ちょっと言いにくいのですが、
「体や原則で考えろ」というようなことです。
というのも、
憶測で理由付けをするより、
自分に考えることのできる最も基本的な事実に要約して、
そこから理論を導きだすということです。


これは、本当に意味のあることなのか、
ただ他人がやっていることなのかを判断するいい方法です。

全てに対してその考え方が使えるわけではありませんし、
結構な努力が必要なので難しいのですが。

しかし、何か新しいことがやりたいのなら
これは最善の方法だと思います。


●リスクを負え

最後に言いたいことは、

今こそリスクを負う時だということです。

あなた達にはまだ子どもがいませんよね? 

それから債務も(笑)。

(会場笑)


歳をとるにつれ、やらなければいけないことは増えます。
家族を持てば、
自分自身だけでなく
家族のためにもリスクを負わなければなりません。

難しいことに取り組むことは、より困難になります。
ですから今こそが、チャンスなのです。


こういった義務に取り組む前に、
今リスクを負ってほしいのです。

大胆にやりましょう。

あなた達ならできます。

ありがとう。

(末廣大地)

以上。
posted by 大下伸悦 at 08:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

読売新聞の昨日の2面の下4分の1に重大な広告


朝日新聞によるモリカケ疑惑ねつ造報道を
暴いた本の広告が載っています。

よみうりに載っているのです。

あまりのでかさにびっくりしました。

著者は小川栄太郎さん

朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪
とある。

またしても朝日のねつ造であったとのこと。
ひどいなぁ。
それをよみうりがでかでかと・・・。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/486410574X/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=iiyama16-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=486410574X&linkId=a8963c33f814db759e4182d22bfd1ce9

まあ、暇な人はどうぞ。
posted by 大下伸悦 at 13:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

大統領トランプの日本でのお披露目


あの不動産王のトランプさんが
大統領として日本でのお披露目…。

横田基地へ降り立ったというのは、
彼なりの安全策であったし、
駐留兵たちへの演説で
彼の親衛隊をつくったようなもの。

しかも、ゴルフクラブへも近くて
好都合であった。

首脳が重要な打ち合わせを
おてんとさまのもと
身体を動かしながら
ゴルフ場で行うというのは
上手な選択であった。

トランプ大統領は、御嬢さんイバンカさんに
一日3回は電話を欠かさない、というのは
不動産会社の副社長という立場もあっての
ことだったようだが、
政治においても補佐官としてそばに置いている。

大統領の政治的判断は、イバンカさんという
フィルターを通して行っているのだから、

日本は、今回のイバンカ訪日での好印象によって
多くの国益を生んでいくことになる。

トランプさんの大統領就任以来、

電話会談をもっとも多くしているのは、
安倍総理である。

安倍  16回
メイ  13回
メルケル11回
サルマン09回

習近平 08回
トルドー07回
マクロン06回
プーチン03回

トランプのホワイトハウスでの
口癖は、
「シンゾーは、なんというだろう」
だという。

フィリピンでは
プーチン氏とトランプ氏の会談の
予定が組まれている。

お二人の扇の要が安倍さんであることは
言うまでもない。
プーチン氏との会談は20回、トランプさんとは5回、


数日前には、フィリピンのドゥテルテ大統領が
国賓として日本に招かれている。
ドゥテルテフィリピンは、ロシアの武器購入に踏み切った。
そのフィリピンは、「アメリカと疎遠になることがあっても、
日本とだけは、行動を共にする」というスタンスである。

急きょ、チャイナの習さんがフィリピンに行くことになった。
プーチントランプ会談を意識してのことである。

◎政治のプロではないトランプさんが、
娘や孫を悲しませるノースコーリア攻撃を
行うとは到底思えない。

そのカギを握るのが習、プーチンである。
今回トランプさんは、安倍さんを含め、その全員と会う。

少し前まで総理官邸に入り浸っていた旧ジャパン
ハンドラーたちは、
せっかく日本に集結したというのに
総理に合わずじまいであったという。

そのかばん持ちであった小泉君が
マスコミにやたら吠えている。
石破さんもまた、違和感のある発言を
繰り返す。
小池さん前原さんたちとくっつく当てが外れたことと、
組閣に縁がなかったことが理由なのだろうか。
この方たちもグリーンさんたちのカバンを
持ってあっちへいったらどうか。

煩わしい。

小沢一郎さんは、粛々と
今回の選挙で自公対抗勢力をつくる手順を
進めていた。

その読み通りになるだろうことを知らされた
前原氏は確信を持って
第2維新をつくろうとしたのである。
要するに小沢さんを裏切ったのである。

小池人気を利用して
一気に保守系の安倍対抗政権をつくろうと
目論んだのであった。
そのときは石破さん、小泉君が合流すると
いうシナリオをマイケルさんたちが組んだのだろう。
そう、司令塔はマイケルグリーンさんたちなのだ
といえる。

小池新党が予想よりも伸びなかったとしても
小沢戦略をくじいてしまえば大成功なのである。

大阪維新も5年前、小沢戦略をくじくために
用意され、自公政権樹立に寄与した。

そのまえの「みんなの党」も
同じ意図でつくられたものとみておいたらいい。

小選挙区制というのは、自公が強大に見えるが
小沢に戦略を伝授された前原さんの裏切りがなければ
今回もものの見事にひっくり返されていたのである。
得票数の合計を比較して見たらいい。
票数は多い、ということはひとつにまとまれば勝っていた。
なにしろ共産がその気になったのです。これは大きい。
そのうえで、自民を割る手順を描いていたのです。


小沢一郎さんは75歳、私は小沢さんのロマンに
お付き合いしてきたが、
チャイナやコリアをのさばらせたままの現状こそ
いま変えておかなければならない。

だから、いまは安倍さんでなければ国益を損なう。

対前原にしても、対小池にしてもオザーさんは
お人よし過ぎる。
しかし、そこがオザーさんの魅力でもある。

野党陣営は小沢さんの言うとおりに動けば
小沢さんの言った通りになる。

だから裏切られても動じないのである。


ところで
USAという国はおもしろい。
ブッシュが大統領になると、息子が続き、
弟にその次をやらせようとする。

クリントンが大統領になると、すぐにヒラリーが
上院議員になり、大統領を狙う。


イバンカトランプさんに大統領の声が掛からないとも
限らない。
誰も否定できないのである。


チャイナは、ノースコリアに
大きな高速道路と大きな橋をつくって
チャイナとつないでしまった。

彼(正恩氏)は、もうチャイナには悪態をつけなくなった。
橋の完成の直後、
習氏に、祝電を送ったのは10月末のことである。


前原さんはあれほどの「読み違い」をして
長きにわたって嘲笑と非難の的となり続けた。

人間は、あれほどの窮地に陥れば
一晩ででも髪が抜け、真っ白になる。

そうならないのは、「してやったり」の
勲一等ものの流れをつくったからである。

小池さんも同じ、です。

今年の2月ごろ、「希望の党」の標章権(商標ではない)登録の
出願手続きを終えているのだから、用意周到、「自分の党」を
用意していたのだといえる。

票が伸びなくても、前原さんたち民進勢のおかげで80%目論見に
達したのだ。

おおした



posted by 大下伸悦 at 15:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

日本の家計、ここ一年超で「現預金が33兆円」も増えている。これってすごい


日銀がマイナス金利政策を
実施したのは、
昨年(2016)2月…。


その昨年3月末から

1年3か月後の今年(2017)6月末の間に

国民の現預金が33兆円も増えているという。


ちなみに日本国民の家計が保有する金融資産は
約1830兆円.

そのうち現預金が945兆円.

銀行に対して日銀がマイナス金利策を履行したのだ。
国民が銀行に預金をしても
利息はないに等しい。

それなのに・・・。
すごいひとたちだなぁ。

日本経済は、上昇を続ける。

以上
---------------------

◎ トランプ大統領は
娘のイバンカさんに一日3回は電話をするという。

イバンカさんの意向は
父トランプさんに大きく影響している。
当然、日米関係にも…。

イバンカさんは大統領補佐官でもある。
しかし、報酬は返上しているので、
その点、防御はしっかりしている。

日本側は、その要人を丁寧におもてなし
してくださった。
彼女は、好印象をもって帰国なさった。

安倍総理は、抜け目がない。
しかし、母洋子さまと昭恵さんの
アドバイスもあるだろう。
安倍総理のわずかに出だした白髪がみごとに
染められている。

鼻の肌ツヤが20代のようにきめ細やかな
光沢を放っている。
あのガンは、いつの間にか軽くなったようだ。

それもこれも昭恵さんのおかげだ。
あの陽動行為が無ければ
安倍政権は長持ちしなかった。

「すごい女性だなぁ」と
私は思っておるのであります。

私は、日本社会の構造改革を
長年、小沢一郎先生に託してきた。

しかし、小沢さんがやろうとしたことを
次々と実現させはじめている。

白い猫も黒い猫もやってほしい仕事さえ
してくれればそれでいい。

好き嫌いではない。
国益になることをやってくれたか、
そうではなかったか、その点だけを
評価すればいいのである。

教育の無償化は、遅すぎたぐらいだ。
管氏と野田氏にぐちゃぐちゃにされてしまったのだが
教育の無償化がやっと実現する。

次は、「あれ」と「あれ」だ。
ほんとうに重要なことは前もって口にしたら
つぶされてしまう。


さて、イバンカさんに続いて
いよいよ、父・トランプ大統領の来日となる。


日米トップどうしの会話ともなれば
「壁に耳あり」、ともなる。

その点、ゴルフ場のフェアウエイには壁がない。
適度に陽光を浴びることは
不健康になりがちな、心身に好影響をもたらす。

日米首脳どうしの、
対等にして
緊密な
関係を内外に示すことができる。

くれぐれも林間の黒い影に気を付けてほしい。

そのトランプさんは、
前日ハワイを訪れ、
真珠湾で
「リメンバー パールハーバー」と
口にした。

「ノースコーリアが
奇襲をするかもしれない」
「やりかねない」
「おのおのがた、警戒を怠るな」
というメッセージなのだろう。

なかなかお芝居が上手ではある。


しかし、メインの議題は
USAの財政危機への共同対応と
なるだろう。


今回のアジア歴訪の前日、
FRBのイエレンさんの後任議長を
パウエルさんとした。

イエレンさんをおだてつつも
しっかりと
トランプ自身の人事を行ったのだ。

見事なものである。


ところで
私たちにも忘れられないことがある。

それは、
だまされて乗っ取られたハワイ王国のことである。

「リメンバー ハワイ王国」

ハワイ王は、明治の日本政府に
カイウラニ王女と日本の皇室とを縁組して
王国の防衛を、と願った。

しかし、日本の皇室はそれをお断りなさった。

のちの日本の大東亜戦のあと、世界中の植民地が
独立を成し遂げたのだが、ハワイ王国は
復活することがなかった。


「沖縄を!」
「対馬を!」
同じような手口で乗っ取ろうとしている寝ぼけた国がある。
「人工14億」ともなれば、世界中に植民可能である。

しかし、それこそが「仕掛けられた静かな戦争」
なのである。
まず、静かに
「植民」をすることからはじまる。


日本国内に
彼らの手先の新聞社とテレビがあり、
政界には工作員が多数入り込んでいる。

リベラルという名で
日本人の愛国心を溶解させ続ける勢力がある。

それが
時には日教組という名を借りていたりもする。

お人よしは、
まんまとしてやられてから
激高して
「ニイタカ山ノボレ」と
突っ走るのだ。が、

そのなかの日本軍司令官自体が
既に向こう側に通じた工作員になってしまって
いたりするのだ。

戦争とは、一見して
平和なうちに進攻されていく・・・。

チャイナは、世界の覇権国に確実になっていく。
西の時代から、東の時代へ・・・。
それ自体は、非常にうれしいことである。

しかし、歴史のねつ造までしちゃあかんでしょう。

おおした




posted by 大下伸悦 at 07:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

友人が格安スマホの代理店350万円で加入を検討、という


格安スマホ、
660社超が乱立で淘汰必至か…

儲けに乏しく認知度&イメージ競争突入へ

ビジネスジャーナル:文=山口健太/ITジャーナリスト

 モバイル市場では
大手キャリアより大幅に安い格安料金のスマートフォン(スマホ)が
着実にシェアを伸ばしており、

事業者数も668社(総務省調べ、2016年末時点)に上る。

その一方で、

どの事業者も赤字に苦しんでいる

という実態が露わになってきた。


 9月26日には、業界3位の楽天モバイルが
「FREETEL」ブランドで知られるプラスワン・マーケティングの
MVNO事業(仮想移動体通信事業:自社でモバイル通信のネットワーク設備などを
持たずに、
大手キャリアの回線を一部買い上げてサービス提供する)を買収。

契約者数の合計では業界2位のIIJに並んだ。

これを皮切りに、

今後は格安スマホの淘汰が本格化する
との見方は多い。

その背景には、単体では儲けが出ない
という厳しい事業環境がある。

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2017/10/post_21155.html

------------------------------------
下準備はできてはいるものの
もう少し、模様眺めをした方がいいのかな?
徒労に終わっては意味がないからね。


posted by 大下伸悦 at 03:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10日で46万回、YouTobeの世界.報酬はいくらになる?


10月25日、公開.10日で46万視聴となっている・・・。



題材次第なのですね。
YouTobeでクリエイティブな日常を送り、それが収入源となる…。
いい時代になりましたね。

そういう提案をし、
月1回、1時間半程度を数回、進捗確認の場に充ててきましたが、
みなさま、もうどの程度の報酬を得ているのでしょう。

まだ進んでいないですって!

どんな仕事も、自分でその気になって研鑽しなければ職業化はできません。

人生100年時代、ちょっとした努力でそれが「100%確実に実現する」のです。
英会話に100万円かけて何カ月も通っても
それで報酬が発生するわけではありません。

簿記2級は?
行政書士は?
弁護士は?
医師は?
いくらの費用と時間が掛かるのでしょう。
それで?結果としての報酬は?

いまはとってもいい時代です。
集中して数か月行えば一生の仕事が手に入るのです。

大事なのは「自分のチャンネル」を持って
動画をアップできること。
その状態でしばし遊ぶこと。そこを踊り場として
次のステップを踏むのです。

その次は?
私の場合が、鈴木知之さん、池田千奈美さんに教わること。
他に、手っ取り早いやり方は、数十万円の投資をして
新しい仕事へと踏み出すこと、です。
どうぞ、自己責任です。

出版社も動き始めたし…、
いよいよ、私も本命YouTobeをはじめるタイミングを迎えました。

11月12日は、私のYouTobe開始記念日となります。

おおした
posted by 大下伸悦 at 00:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

さあ、ますます楽しんで生ていきましょう。


安倍総理の政権になってから、
目立たないけれど確実に日本経済は
上昇基調が続いております。

まだまだこれから景気上昇が本格化して
いくでしょう。
過去の、2回の株式市場2週間以上連騰の2回の類似ケースから見て
確実に活況の波が押し寄せてくるでしょう。

雇用難がますます顕在化していきます。
いまでも必要な採用数がなかなか埋まりません。
外食チェーン店の高齢者雇用が
目立ってきましたね。(マックなど).

ミャンマーとかベトナムなどからの若い
店舗スタッフも目立ってきました。
それにしても日本語が上手ですね。(コンビニや外食店)
素直でよく働きます。

反日ねつ造教育を続けている国からの
入国者と違って、あの若者たちは日本に好影響をもたらすでしょう。

内にこもらずに、街へ出て働きましょう。
「30歳までの雇用制限」の時代は遠い過去のはなしです。


さて、日本の国債市場には、ハゲタカ資本が介入する余地は
ございません。圧倒的品薄なのです。手に入りません。


しかも「日本政府の子会社である日銀」が国債を引き受けて
いるのです。
連結決算をすれば日本の財政事情は、世界で唯一
健全財政だといえるでしょう。(人口小国は別として)

日本政府は臆病なぐらい控えめな国債発行額に
止めている、といえます。

過去、世界的な株式市場の大暴落が何度かありましたが、
そういうことが起こったとき、いまの日本の株式市場はどうでしょう。

日本は、年金資金の一部で日本の主だった会社の大株主に
なってきています。
年金資金だけではありません。
日銀も・・・です。
郵政資金も、もっとそうなっていくでしょう。

しかも、アメリカの主だった企業の株主としても
資金を投入しているのです。

過去のようにハゲタカファンドを使って大暴落を仕掛け、
それで大儲けしようとする輩たちの思惑は日本市場には
通用しにくくなってきているといえそうです。

それでも暴落したらどうするのでしょう。
暴落銘柄を買いあされば、ぼろ儲けするのですから
「なにをかいわんや」です。
安倍さん、黒田さんならやるでしょうね。

日本は、どんどん社会主義的経済防御体制のもとの経済運営を
強めることで世界を政治的にもリードし始めて
おります。

それを邪魔したい輩が、日本のメディアを従来どおり隷属させたまま
現体制の追い落としを狙っております。

安倍追い落としさえうまくいけば、再び
「あのおぞましい民主党の菅・野田政権」のときのような
「消えゆく日本」を実現できる、と踏んでいるのです。

いまでも、いまですら、そうなのですからね。
対馬はいまやコリア資本に激しく乗っ取られています。
沖縄は、チャイナが着々と乗っ取り作戦を進行中です。
「チャイナやコリアに都合の悪いことは紙面に載せてはいけない」
というGHQの仕掛けは、いまでも壊せないでいるのですからね。

反日デッチアゲ教育の継続は日本壊滅策の一環だと
認識しておきましょう。(それにしても朝日は…)


◎ 民主党は、四国への獣医学部誘致について、
「自分たちなら実現させることができる」と
約束めいたことを地元に言っていたのです。

「四国にも獣医学部が欲しい」ということから
候補地を用意して知事さんたちが誘致を働きかけてきたのです。
「そうさせよう」と言っていたのが民主党(民進党)です。

その民進党は今年、地元の意志を踏みにじって
そういう経緯が無かったかのように
「安倍追い落とし」のために、
悪意を以って国会という場を汚し続けた、という
ことが事実・・・。

「玉木なにがし」は、既得権益団体から献金を得て
国会で安倍攻撃を為しています。(現、希望の党).

文科省の天下り先は、大学です。
「四国でも他地域でもに獣医学部をつくらせない」という
「岩盤規制」は、文科省の天下り問題とセットに
なっていたと考えたらわかりやすいですね。

四国への獣医学部は、どうやら認可が下りそうですね。
四国の方々も犬や猫と一緒に暮らしている方がたくさん
おります。
私の知人は牛で生計を立てております。
養豚業の方もおられるでしょう。

四国のみなさま、おめでとうございます。

それにしても「あの最悪民主」は「立憲民主」に名を
変えて大人気なのだそうです。

おい、オイオイ、日本人、でぇじょうぶかい。


南京虐殺は朝日新聞のデッチアゲが現在の深刻な
問題をつくりあげてしまいました。
兵士の俸給の100倍の報酬を荒稼ぎした高級娼婦を
従軍慰安婦に仕立てあげたのも朝日新聞です。
今回のモリカケ騒動は、朝日新聞と民主(現在の
立憲民主)勢です。

朝日新聞の黒幕と盟友がおります。(名は伏せる).

そして、日本を壊そうとしているのが
ネットで煽り立てる
「大衆という名の暴力集団」です。

日本経済は元気になってきました。

新しい収入源を掘り起こすのは
自分自身です。
こんなに面白い時代を経験できる自分に
感謝いたしましょう。

おおした






posted by 大下伸悦 at 11:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

「ファーストキャビン」という宿泊形態が地方再生につながるかも


ファーストキャビンという宿泊施設、これは、
宿泊する人の実感としてはホテルなのでしょうね。
法律上は別として…

女性の利用率が40%から50%というのですから、
女性が受け入れているということになります。

平均稼働率が90%を超えているというのです。

空室が多い貸しビル、赤字の施設はキャビンを置けば
ホテルに早変わり、というわけです。

はやらないホテル、赤字続きの娯楽施設など、
比較的簡単に切り替えられます。

天井が高いのでカプセルホテルに潜り込むような
卑屈感はないですし、予約での利用者が多いという点でも
カプセルホテルとは違う・・・。

コンパクトで清潔、大きなお風呂もある・・・。

女性の利用客が40%〜50%なのだそうです。

いかがです。検討に値すると思います。

東京にもずいぶんできてきましたが、私も大阪に行ったら
宿泊してみます。大阪発祥ですので発祥の地の第一号施設を
利用してみたいですね。

オリンピック以降の需要は、むしろシティホテルよりも
安定して需要が伸びるのではないでしょうか。

もっと宿泊費を下げてほしいで。
シャッター街に出現したらどんなものでしょう。
地域再生の一翼を担わせるにはいいのではないですか?

のびのびとして生きてまいりましょう。
---------

以下、ネット情報(オンライン)より。
----------------------------------------
「ファーストキャビン」

ビジネスホテルのようで、ビジネスホテルではない。
カプセルホテルのようで、カプセルホテルでない。
ありそうで、なかった宿泊施設が、全国で増えているという。

2009年に大阪で誕生し、その後、年1店舗ペースで増えてきたが、
今年に入って9店舗も開業。
それだけではない。
全店の平均稼働率は、90%を超えている。

 部屋は、4.4平方メートルの「ファーストクラスキャビン」と、
2.5平方メートルの「ビジネスクラスキャビン」の2種類を用意。
(一部店舗で別タイプあり)

2畳弱から3畳の広さで、価格は1泊4200〜7700円。
部屋と通路を隔てるのはスクリーンカーテンのみなので、
完全な個室ではない。
当然、通路を歩く人の足跡は聞こえてくるし、
隣にいる人の声も聞こえてくる。

貴重品はカギをかけてしまうことができるが、
カーテンにカギはない。

プライバシーを保つことができないし、
部屋に窓もないので「カプセルホテルと同じじゃないか」と
思われただろうか。
「しかも料金も高いよ」と思われたかもしれない。

しかし、このような形態の宿泊施設がビジネスパーソンを
中心にウケているのだ。

 では、一般的なカプセルホテルとどのような違いがあるのか。
ファーストキャビンの最大の特徴は、コンパクトな空間なのに
快適に過ごすことができる工夫が施されていること。

部屋で人が立つことができる高さがあるほか、
テレビ、Wi-Fi、天井照明、アメニティなど必要なモノは
すべてそろっている。

ロビーのフロントは上質感が漂うデザインで、
トイレや共用の大浴場も清潔。

カプセルホテルといえば、終電を逃したサラリーマンが宿泊する
といったイメージが強いが、

ファーストキャビンは女性客が4〜5割ほどいて、
リピーターが多いのも特徴である。

 ビジネスホテルよりも安くて、カプセルホテルよりも高い宿泊施設は、
どのようなきっかけで誕生したのか。

運営しているプランテック総合計画事務所のグループ子会社、
ファーストキャビン社の来海忠男(きまち・ただお)社長に話を
聞いたところ、

「オフィスビルの空室対策として生まれた」という。

さらに話を聞いていくと、この事業モデルは
ひょっとしたら“地方の宿泊施設を再生させる”かもしれない
と感じた。



◎価値が失われつつあるところに出店

土肥: 宿泊施設「ファーストキャビン」が増えていますよね。

2009年に開業して、その後は年に1店舗ペースで増えていたのに、
今年に入って9店舗もオープンしました。

店舗数が増えている理由を教えてください。

来海: 日本に元気がないからではないでしょうか。
経済が本当に元気であれば、ファーストキャビンのような
宿泊施設は不要だと思いますので。


土肥: 景気が良くて、サラリーマンの給料がアップしていれば、
「1泊1万円ほどのビジネスホテルに宿泊することができる」という
意味でしょうか?

来海: いえ、そういう意味ではありません。
1号店が入っている大阪の御堂筋難波ビルは、
建築してから20年以上が経っていました。

ビルのオーナーさんはテナント集めに苦労していて、
賃料の低下にも悩まれていました。

「どうしたらいいのか?」という相談を受けていたので、
当社は解決策のひとつとしてファーストキャビンを提案したんですよね。


 ビジネスホテルをつくろうとすると、法律上、部屋には窓が必要になるので、
建物の窓側にしか部屋をつくることができません。

また、浴槽やトイレといった水回りも必要になります。
そうすると初期費用がものすごく必要になるんですよね。

一般的なビジネスホテルの場合、入口の横にユニットバスがあって、
その奥にベッドと小さな机が設置されています。

結果、13平方メートルほどの広さが必要なのに対し、
ファーストキャビンの場合、4.4平方メートルまたは2.5平方メートルで
運営できるんですよね。

清潔でデザイン性の高い空間をつくれば必ず需要はあるはずだと考え、
このビジネスの構想が固まっていきました。



土肥: 大阪のビルオーナーさんから相談を受けたときには、
すでにファーストキャビンの構想はあったわけですね。

来海: はい。価値が失われつつあるモノに、どのようなモノを提供すれば
価値が上がるのか。

ファーストキャビンの場合、空きスペースにキャビン(部屋)を
並べるだけで完成するので、低コストで開業することができるんですよね。

とはいえ、安くつくれても収益がイマイチだったら事業としては成り立ちません。

 御堂筋難波ビルの場合、たまたまスポーツクラブが入っていたので、
大浴場もサウナもありました。

こうした設備を活用して、計111部屋をつくりました。

以前、このビルはスポーツクラブやオフィスとして貸していて、
収入は坪7000円ほどでしたが、
ファーストキャビンの運営を始めたところ
坪1万4000〜1万6000円になりました。


ファーストキャビンのフロントは一流のシティホテルのような感じ

以下、省略。
---------

現在、経緯に苦しんでいる方は検討の余地がありそうですね。

おおした

posted by 大下伸悦 at 05:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

友人からの電話、興奮しています


友人からの電話を受けると、かなり興奮しています。
「昨日の前川さんのセミナーは、すごかったですよ。命が震えました」。
前川さんというのは、私の叔父の奥様の一族で「前川優太くん」と言います。

現在、月1億円以上の収益をバイナリー分野であげていて、世界一と言われています。
ちなみに1億円以上というのは、その分野だけでの報酬です。
現在26歳かな27歳になったかな?
所持金が1千円だけになって、死も覚悟したそうです。その1千円を元手に2〜3年でスルスルと上手に階段を上り詰めたのです。

友人からの電話は続きます。
「興奮していまだに震えが収まりません」。
この人は勘が鋭くて、今年の1月に「これっていいですよ」というものを見つけてきて、もう一億円ぐらいまで行ってしまったのではないでしょうか。
初期の元手はほとんどかかっていないでしょう。時代のダイナミズムに乗ってしまったのです。

さて、彼がびっくりしているのは、学ばなくてもいい。体験するだけで報酬がその場で発生していくものだからです。

「本人のオペレーション場面が映像で送られてきて、その指使いを真似してクリックするだけで
同じように収益があがっていくんです」。

「おまけに、東京と大阪のスタジオの大画面で掛かりのひとが付きっきりでクリックを促すのです」。

「全員が大変な収益をあげているんです」

まあ、それはそうですよね。
「パソコンに向かって、画面を見て、横にいるスタッフに、ハイ、そこでクリック」
その場で収益が上がっていくのですから、それは単純。成功体験も
実績も得られるのです。

私も前川君の動きはよく知っています。
彼は今年の3月ごろ、スルスルとネットに躍り出てきて、
6月ごろにはそういう教え方をはじめました。

そもそも、私も同じようにして「オペレーション場面を映像で送って
無料で馴染んでいきましょう」という
提案をしていたのです。

前川君は、善意から、この人のもいい、あの人のものもいい、と
紹介してくれたのですが、そのことごとくで不愉快な思いをしてきました。

仲間でそういうカルテルを結んでいるのでしょう。
自信があったら、他人の商品など紹介しないでしょう。

彼らは、「私(前川)が言うのですから、間違いないです」。

前川君も、今年の前半は、自分の名前が売れていくということに、
まだ恐怖心があったのでしょう。

そういう嵐のような環境の中で、
やっと探し求めたものが、以下の3つです。しかもBIBAという安全安価、シンプルなカリキュラムで3つとも身に着けていくことができます。

◎安全で楽な「ユーチューブ収益術」、
◎安全で楽しめる「フェースブック収益術」、
◎安全でわかりやすいPPCアフィリエイト
(なんとこれは、探索開始時点で初めてご縁をいただいた方法でした。)

これに、松岡モデル。(パソコンからのシグナルで3クリックで結果が出る。学ばなくていい)

松岡モデルは、AI(人工知能)がチャンスを途中からでも丁寧にセレクトしてくれるので、
チャンスがあまり来ないように思われてしまいます。

チャンスがたくさん来ないといって嫌うひとが多そうなので、
まだ積極的には進めておりません。

実は、「チャンスがたくさん来ます」というのは、オペレーションの王道からは外れるのです。その分、手数料分が減っていくからだということです。

「より鉄板のチャンスを厳選して確実に報酬を積み上げていく」ということ
なのです。

松岡さんが財を成したのは、高額のツールではありません。
15万円の投資ですむツールですが、これで財産を築いてこられたのです。
(本来は50万円はするものでしょう)

だから、私は、前川君のものには手を出しません。

だれか知人がそれで成功したなら、やってみることにします。

松岡モデルのような、ままごと的ツールが世の中に知れわたると
同じようなものが、出回りだします。

確率92%というものも登場して、ご自宅にまで招かれて
マンツーマンで教えていただきました。

確かに納得させられました。

しかし、手を出しません。既に松岡モデルを持っているのに、
どうしてよそ見をしなければいけないというのでしょう。

ツールのコレクターをしているわけではありません。

「老後、どんなことがあっても、収入には困らない」という
仕事の分野を確立しておきたいだけです。

あらたにお金を吐き出すような愚は犯しません。

「設備投資でしょ」という方もおりますが、ダメです。
びたいち文、支出しません。

うっかり支出しても
14日以内はクーリングオフもありますしね。

14日過ぎていても取次機関にストップさせて解約、返金させます。

そんなこんなで、将来収入に困る、ということはもう無いでしょう。
もうこれ以上はシャットアウト!

ラインとやらも切ってしまいました。

そう。しなやかに したたかに、おおらかに…。ときには我がままに生きて行かなければ、自分という生き物に申し訳がたちません。


◎ そうそう、もうひとつ。学ばせて頂きました。

電子出版と、無料でもできる紙ベース書籍の出版のツールです。
おかげさまで「満足のいく出版社を立ち上げることができました。
私はこれだけででも安定して食べていけるでしょう。

ひそかに4年で上場!なんて思い始めております。

このツールを搭載したパソコンは、明日、私の手元に届きます。
「もてあましていた方」から購入するのです。

あれもこれもと、一度にはできませんからね。
目星をつけておいたら、もてあましている人を探し出して、そのツールの意志を叶えてあげるのです。

今年も極めて順調に人生行路を進んでいると自負しております。

◎ 立ち上がった出版社からの本が2冊、届きました。
私の詩集です。
本の題は、「愛されてばかりいるとしても」・・・。

SNSで詩の交換をしていたのです。いい時代ですね。

SNSを利用できる時代に生かされているのです。なんと幸運なことでしょう。

本当に恵まれた時代の方々です。私もですが・・・。


しかも、SNSで報酬を得て、映像作家や物書きになり、そこでも印税を得て、クリエイティブな人生を楽しめるのです。

詩集ですが、やはり、頬も赤らむ詩集です。

あの忘れていた「初恋のときめき」ですよ。

あなたもいかがですか。

人生、楽しんでくださいねぇ。

尚、私は栽培ごとをゆったりと行っていくための報酬獲得法を探索しただけなのですが、充分、納得いたしました。

それに、私もまだまだ長く生きるでしょう。そのときに悲惨な目にはあいたくありませんからね。
その点、もう一安心です。

お金が掛かるものはだめです。忠告の範囲を超えたら痛い目に遭いますよ。

とはいえ、自身が生活していくメインの報酬源(いわゆる仕事)を無償で手に入れる人はいません。英会話のコースを選べば100万円ぐらいかかるのでしょうか。
しかし、それで生計をたてれるようになるのは並大抵のことではありません。

簿記2級とか、1級とか、行政書士とか、ずいぶんお金を時間と集中力を必要とします。しかし、それで食べていけるのですか?



おおした
posted by 大下伸悦 at 03:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

台風への警戒で昨日の会は延期.無理は禁物.


昨日は、有用微生物群培養と
整流素子の敷設実習でしたが、
台風への警戒で延期といたしました。

11月5日(日)開催といたします。

参加できる方はどうぞ。

当日はお詫びの意味で
会場費は主催者側の負担。

参加費はゼロです。

13時30分より。

連絡は小角さんあてにお願いします。


さて、1日1食粗食週間、3日目
楽しいですねぇ。
4日目からは絶食の予定です。

本日も動くとまだ痛みがはしります。
今日も一日温泉湯治の予定です。

横浜樽町の「湯煙の里」
ヒマな人はご一緒しませんか。

岩をくりぬいた岩の釜風呂あり、
土色の温泉です。
玉石の岩盤浴が3種類あります。

くつろぎつつ、バイオプ(松岡モデル)を
楽しみます。

私は一日3回程度しか行いません。
スプレッドという手数料は
回数に比例して掛かるわけですから、
もったいないですよね。

それなら1分足ではなく、5分足とか、30分足が
いいではないか、ということになりますが、
遊びですから、1分足で十分です。

一日2万円〜4万円利益が出てくれればうれしい…。
1か月10日程度を目安にしていこうと
思っております。

専門家の書によれば
週に数回で十分、とも書かれています。

上から目線で
客観的に眺めること
とも書かれています。
恐怖心と欲も
上から俯瞰してみれば
超越できるというわけです。

それと、音声シグナル2回クリックより
3回クリックの方が時間合わせの
タイミングはよさそうです。

本日も楽観的に
楽しんで行きましょう。

おおした



posted by 大下伸悦 at 08:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

11月29日(日)GOP実践カムナファーム

3名の募集

10月29日(日) 『GOP〜実践!カムナファーム・運の良い畑をつくる』

◎時間〜 13:00〜受付・13:30〜開始

◎参加費〜予約2000円・当日3000円

◎持ち物〜テキスト本・14日(土)に来られた方 は、配られた比嘉先生のプリント・筆記用具・
手袋・ビニール袋・
収穫した野菜〜発表・試食用がある方はお持ち下さいね!

◎スケジュール(予定)

一、勉強会(13:30〜14:40)

@鳥獣虫害対策

A無煙炭を作る

二、外に出て実践(14:45〜16:30)

@鳥獣虫害対策の仕掛け作り

Aジャガイモの収穫

B8ポケットプランターに種まき(時間がある場合)

C畝作り〜苗植え(水道管工事が終わっている場合)

三、先生を囲んで茶話会・シェア会(16:30〜17:00)

〜質問コーナー・野菜の出展・試食など。

以上です。
posted by 大下伸悦 at 06:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする