2017年05月10日

5月14日の横浜大綱会館参加者.大阪も、名古屋も

あくまでも、ゆったり豊かに
歩を進めるのだが・・・、
しかし、そうはいっても
急ぐべきところは
急ごうではないか。

楽しみながらも、先を急ごう。


5月14日の参加予定者は、

ムービーメーカー

バナークリエイター

ワードプレスについて

そして、

フリー音源

フリーフォト

をコンピューター・スマホで検索し

それらがどういうものかの
予備知識を入れてきてください。

どれか一つ
発表してもらうかも・・・。

よろしく

6月11日の「エルおおさか」会場、昨日掲載したばかりですが、
残席20名です。
大阪は、やはり「行動」の街なのですよ。やはり・・・

おおした
posted by 大下伸悦 at 15:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

ことしの日本は頼もしい.洋子さんに感謝

日本はやっと国力に「みあった行動」がとれるように
なってきましたね。
岸洋子さんは、安倍晋太郎さんと結婚し、
いまは「ゴッドマザー安倍洋子」さんです。

お父さまは岸信介元首相、息子さんが安倍晋三現総理・・・。
安倍晋太郎は総理を目の前にして病魔に侵されてしまわれました。
彼はロシアとの関係改善に執念を燃やしていたのでした。
安倍家は「安倍の貞任・宗任」で有名な「北の勇者」名門です。
(弟・宗任の直系嫡男が晋三氏.嫡男はみな、短命)

洋子さんは、「夫の願い」を息子に託し、
おかげさまでプーチンさんとは昵懇(じっこん)の間柄です。
17回もあっていますし、また今月にもすぐに18回目が
予定されています。

対アメリカも含めて2人だけの極秘対談ができる間柄なのです。

訪露の直後に、「プーチン・トランプ電話会談」が実現したのも
安倍訪露による橋渡しがあったとみるのが順当でしょう。

トランプ大統領と安倍総理の関係もまた、それほどまでに深いのです。

プーチン・安倍・トランプの3人は、旧来の世界支配ファミリーの
影響力排除という共通の敵と対峙しているのだ、と言えます。

チャイナが今年に入り、ジャパン接近を急いでいるのも
うなずけるものがあります。

これからの「世界の工場」は、ASEAN10ヵ国+印度と
なっていくでしょうが、
ASEAN10は、昨年正式に「国家連合」となっています。
EUのアジア版です。

日本は、そのASEANが再び金融危機に遭遇した時のために
多額の「円支援システム」を発表しました。
5月早々、今月のことです。

チャイナの日本への急接近も、「近いうちに引き起こされるであろう
金融危機」が背景にあると言えそうです。

立場がはっきりしないままの「自衛隊(国防)」を、憲法に
組み込むのは必然すぎるほどの必然です。

安倍総理は、「教育費の国家負担」も実現させるでしょう。

チャイナ・コリアを理不尽にのさばらせてきた「GHQコード」の
根絶ももうすぐで、残るは「ASAHI」のみだと言っていいでしょう。

岸洋子ママの「父・夫・息子3代」による「自立JAPAN」への
執念がいま、やっと軌道に乗りつつあると言えそうです。

「TPP11」は、USA抜きだからこそ、国家連合としての
意味が深いのだ、といえます。

最近は、飯山翁がひとり気を履いておられます。私は安心して
発信を取りやめておりました。が、久しぶりに本音を載せてみました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◎ キジも鳴かずば撃たれまいに・・・
また「朝鮮特需」だなんて・・・。
他国の坊ちゃんの不幸に付け込んでの
特需算段は、不謹慎だわなぁ。

満足な靴下も履けないような餓えた兵隊が、食糧めがけて
なだれ込んだら、「みなみ」は大変だわなぁ。
よりどりみどり、欲しいものだらけだ。
いや、失敬失敬。失言です。

スマホやパソコンでのSNS型ビジネスは、先駆者の
言うとおりに行えば、超短期で数十万円は
確実に結果がだせるのですね。

私はいま、独自のビジネスモデルを構築中です。
本日は大阪.早速開示してまいります。
具体的に、拙速にいきましょうね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

以下、飯山一郎氏のコラム ↓
お時間のある方は どうぞ
================

◆2017/05/05.日本の政治体制は,過去最強の「安倍専制政権」

•衆参両院の議席数は過去最高で,憲法改正可能!
•さらに財務省と外務省の官僚を支配下に置いた安倍政権.
•歴代内閣は官僚支配下にあったが,安倍政権は官僚を支配.
•米国ネオコン戦争屋の言いなりだった歴代内閣の属国路線.
•安倍晋三は,総理官邸から悪辣な米国戦争屋を追い払った!
•マスコミにも「寿司友」が激増,「森友」などは論外の無問題.
•8億円程度の「森友利権」なんぞ,安倍財閥の1000分の1.
•アベノミクスのお陰で,安倍の森永仕手筋は何千億の利益.
•内閣支持率も日経の数字は常に60%前後.歴代内閣最高!
•米国ネオコンCSISの手羽先=日経の数字なので,正確だ.
•外交面でも,プーチンやトランプとツ〜ツ〜の老朋友関係.
•中国との関係も,友好関係に戻すべく,次官級会議を連発.
•選挙対策も,日本会議や統一教会の組織をフルに活用!
•「安倍は日本会議だから駄目」と言う知識人のほうが駄目.
•選挙に勝つためには,利用できる組織は全て有効に活用!
•その結果,安倍晋三は,歴代最強の政権基盤をつくった.
•いま,日本の政治体制は,過去最強の「安倍専制政権」!!
•日本国の現在と未来は,安倍の考え方次第で全て決まる!
•これは↑良い悪い・好き嫌いには無関係.厳しい現実!
•だから今,安倍晋三と彼の「構想」は,真剣に分析すべきだ.
•た〜だ「安倍は嫌い!」などと言い続けてたら,馬鹿になる.
•馬鹿になっちゃイカンぞ.日本と日本の子供たちのために.
•その第一歩は,上の動画を見て 『安倍晋三の研究』 だ.
飯山 一郎 (71)
posted by 大下伸悦 at 07:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

教育費を無償にしていく、と安倍総理


 真っ先に行うべきことが・・・。

まあ、しかし必要必然ベスト、
素晴らしいではないですか。

社会人になって
奨学金の返済に苦しんでいる、なんて
世界一の富裕国家にはあって
ほしくないことです。

ジャパンハンドラーの失脚で
日本の自立が際立ってきましたね。

イイネェ!
posted by 大下伸悦 at 23:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の名古屋の会場は、みなさんスマホやパソコン操作に熱中


講演会とは違い
ひとの話を聞くのではなく
実益のため
自らが
スマホやパソコンに

プラットホームを
セットする・・・。

みんなでわいわい、
ある人はひとりで熱中している・・・。

実に頼もしい光景でした。

雇用人ではなく、
家業を育む・・・
(会社員とは使用人のこと)

頼もしいですね。

世の中にどんな変化があろうとも、
天変地異があろうとも
自分の技術が
新規の月収をこしらえていくのです。

名古屋は、大阪や横浜、東京とは
内容が異なっています。

みなさま、大満足の一日でしたね。

おおした
posted by 大下伸悦 at 18:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

連休って?  時間の呪縛を解けば毎日が連休なんですよね。


時間の呪縛から解放される。
マネーの呪縛から解放される。
ストレスを受けるひとから
解放される。

日々を芸術とともに
生きよう。

それができる時代になった。

本日は3時頃起きて
「世話人のみなさまに毎月の
リポートと本を発送」いたしました。
2日遅れでごめんなさい。

南木曽には寄らず、
本日は直接名古屋入りです。

ワイワイやりましょうね。

おおした
posted by 大下伸悦 at 06:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優雅に、華麗に、スマートに。夢をもって楽しんでいきましょう。

大阪のひとは早いですね。

Sさんは、「早速利益が出ています」と・・・
実のところ
それはまだやってほしくないのですがねぇ。
しかしいいセンスをしています。

Zさんは素直さが幸運を呼びましたね。
早速10万円ですか。

Nさんは、速い速い。
もう作品をたくさん出稿なさっていらっしゃるとのこと。

早速みなさまにお教えください。



5月7日8日は、彼と一緒にオペを進めていきましょう。

早速60万超のひともいらっしゃる。
これには驚きました。

しかし、ゆったり行きましょう。
毎月10万円程度でいいじゃないですか。

ガツガツしていれば、生活がぎくしゃくします。

優雅に華麗にスマートに・・・。

おおした





posted by 大下伸悦 at 06:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

600名の方に手を差し伸べているひと。毎月10万円以上をプレゼントしている・・・

600名の方に手を差し伸べているひと。毎月10万円以上をプレゼントしている・・・

毎月、何もしなくても最低10万円を自分の口座に
振り込んでくれるひとがいる。それを紹介してくれた機関が
信頼のおけるところであった。

しかし、まあ、それでも何かしらのからくりがあるのだろう。
どれどれどんな手口を使って
ひとをたぶらかすものだろう、と・・・。
好奇心が「生きがいを創造」する。

私がいま取り組んでいる「新著の題材」は
「人工知能時代の、いわゆる時流に乗った
SNビジネスの実態調査」と
「野菜の販路開拓法と黒字化法」である。

表面だけから眺めていては
本流が判らない。そこで
いちいち潜入して取材してきたのだが、
まあ、カネの掛かること掛かること。(笑

巨大なマネーの渦が絡み合ってうごめいる。

その流れに乗った人は面白いように
不労所得を得ている。
しかも、数カ月で月収100万円を突破して
いくのである。

例えば90歳の男性が安定して
月収180万円を得ている。
そういうひとがごろごろいる。

ことし売れている本に「下級老人」なるものがあるが、
「何を寝ぼけたことを書いているんだい」と
笑ってしまうほどの景気のよさである。

そんななか、「毎月10万円以上を生涯にわたって
プレゼントしてくれる」というのである。

プレゼントなのだから、要するに
ありがとうと言ってもらうだけなのだが、
脳のはたらきが、やや鈍くなってくる世代にとっては
「だましの手口としても、ここまで直球を投げ込んで
くるものなのか」。どれ、「頭が健在なうちに
からかってみるか」と・・・。
大阪の50名ほどのメンバーでからかう算段を立てた
のだった。

結論から言えば、本当に「毎月10万円というギフトは
届く」のである。
正確には10万円ではない。
「10万円から70万円」である。
破産寸前の商店主の場合は、70万円を受け取って
借財を清算し、悠々自適で旅行三昧をしている。

「なあんだ、つまらない」。
ほんとうなのであれば、からかいようがないではないか。
いままで600名ほどの方が救われているとのことである。

数名を取材してみようと申し込んでいるところである。

今回、新著で描き出そうとしている「新時代の、夢のような
ビジネス潮流」は、意外なところへ寄り道することとなった。


昨晩は、その仲介者に30分以上にわたって
電話で事情聴取をされた。

どうも、その御仁は
私に非常に興味をもってくださっているらしい。

応対は丁寧だが、ファミリーのメンバーに入ってくれないのが、
どうにもくやしいものらしい。

本物なら「赤字に悩む日本の農業者の助けにでもなるのかな」と
思ったのが、私の動機であったのだが・・・。

「ひとつ気に入らない点がありますのでね」。

「それはなんでしょう。大下さんにも毎月
ギフト(10万円)が届けられるのですよ」。

「そこが気に入らなくてね」。
「まあ、今回はご縁がなかったということで、よろしく」。

「その代り、2名の方には入っていただきましたから、
そのお二人のことはよろしくお願いします」。

それにしても丁寧な電話です。

本日の本音?
「なんだ、なんだ、詐欺ではなかったのですよ。これって」。
その意味では「つまらんつまらん」。

おおした

久しぶりにこのブログのページに入れました。
Sさん、ありがとうございました。
しかし、今度は別な方のブログに入り込めなくなりました。

まあ、いろいろあるから人生なのですよね。


posted by 大下伸悦 at 06:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

10年前には無かったビジネスが急拡大している。ゴールドラッシュを迎えているというひともいる


昨日、30代の若い知人お2人から
メールを頂いた。
彼とは1日違いで新しいビジネスを始めたのであった
その彼が
「大下さん、もう1カ月半経ちましたね」。
「僕は先月(3月)月収400万円となりまして
独立して会社を立ち上げました」というのである。

もう一人は30歳の女性で主婦の方である。
彼女は、1日何もしなかったり
30分パソコンの前に座って簡単なオペレーションを
するだけで年収3000万円超という実績を
あげている。
「大下さん、簡単ビジネスと巡り合って
よかったですねぇ」というのだ。

どうです。私が選ぶ簡単ビジネスは、
それほどまでに魅力あるものなのです。

しかし、これはあるひとに預けてあるので
私自身は実践することができていないわけなので・・・
ネェ(笑
そろそろ返していただかないと
宝の持ち腐れといったところですな。


◎今年に入って
お付き合いをするひとを変え、このような
新時代のビジネスの成功者たちとつながるようにしているのだが…。

そういう彼ら彼女ら、会うひと会うひとから
口をついて出るのは

「ゴールドラッシュの大拡大期を迎えていますね」と
いうことである。

お会いする方々は、ことごとく
数億を蓄財し、会社をいくつも立ち上げていく。

そのビジネスを始めて数年なのに「2年後の上場を
視野に入れています」というのである。

実は、わたしの動機は作家としての興味であり、
「新しい時代のらくを楽しみ、先に黒字にしてしまう
逆転の農業経営」のための取材なのであった。

実態を把握するためには、
実際に同じことを始めてみなければならなかった、という
事情があったとはいうものの、
お金の要らない生活の探求者にとっては
ねん出できそうにないおカネをつくっては
支払い続けなければならないものに挑んでしまった
わけなのであった。

しかし片っ端から
本物、未熟者、詐欺、暴力団などを
見極めていかなければならない。

これらゴールドラッシュのていを為している新時代の
ビジネスを追いかけていくうちに

すさまじいマネーの氾濫を目の当たりとすることになったので
ある。

日を追って、群がる群衆の規模が広がっている。
そういう現実に圧倒される。

なんだ、これなら
「楽をしてひとを健康にする、黒字から入る逆転の農業」は
きわめて簡単ではないか、という結論に達するに至った。

しかし、群がる人たちの95%は、未熟者の誘いに乗り、あるいは
あまたの詐欺集団の甘い仕掛けに乗って
借金の山を築いていることは事実である。

その多くは死を覚悟し、また、若い女性のなかには苦界に
身を落としていくものもいるのである。

それとは逆に、始めた初月から月収30万円を、3か月で
月収100万円越えを経過していく人たちが
爆発的に増えていることもまた事実なのである。

時代は変わったのだ。
仕事のありようも変わって当たり前なのだ、といえる。

しかしながら、
これらゴールドラッシュの世界を知らない化石のような
「ご仁」たちは安泰なのかというと、そうでもない。

年金目当ての…、年金頼りの世代は、先行きの不安を
抱え、あるいは、今日の生活費にもこと欠く方々が
増加しているということも現実なのだ。

私のように、生活費をあまり必要としない世捨てびとは
ひょうひょうとして世間の片隅にたむろして
きたのである。
が、野草や山菜だけを食する生活にも飽きてきていた。

90歳のおじさんは、1日10分や30分、スマホにタッチ
するだけで月180万円もの収入を得ていると聞いて
若い私としては見逃すわけにはいかない。

「どれ、90歳に負けてなんかいられないぞ」ということで、
新時代のビジネス行脚を始めたのであった。

実は月収ではなく、1日当たりの収入らしい。
----------------------------
こういう話を聞いて、よし自分も!、と思われた方…。
そう、あなたですよ。

半年もしたらおそらく300万円400万円の借金を背負い
死期を早めることになるのでありましょうねぇ。

だからくれぐれも単独で探索しようとしないように
してください。
どうか単独では手を出さないように…。

私は身体を張って
すごいものばかりを選びぬいてきました。
このブログの読者はついていると思います。
短期成功の原動力は
「仲間どうしの引きあうチカラ」です。

おおした
posted by 大下伸悦 at 06:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

日露関係はますます深化していく。それを阻みたい旧支配層。頼むぞ日本

今月注視すべきは
安倍総理のロシア訪問と
チャイナ国家主席の
USA訪問である。
習主席の訪問は4月始め、近日中…。

安倍総理の訪ロは4月27日28日の予定である。
安倍総理の外交成果は、国際的な日本の価値を
多いに高めてきた。
ここ70年のなかでやっと
このような活動ができるようになったのは
安倍総理の強烈な使命感のたまものである。
(洋子お母さんの隠れた意志でもある。岸信介を父に、
晋太郎氏の妻であって、元総理の母である。
日露国交正常化は晋太郎氏の悲願であった).

USAのトランプ大統領も
本音ではいち早くロシアのプーチン大統領との
関係構築を望んでいるに違いない。が、
マスコミや議会を通じて国内を牛耳る旧支配層のあらがいを
無視することはできない。そういう状況にある。

そんな中で安倍総理は、両者の中を取り持つ重要な
ポジションにある。(狙われないわけがない).

旧支配勢力(異邦人)は、その安倍総理を蹴落として
再度日本の支配権を取り戻しにかかっている。
そして、日本国民の多くは、醜悪な異邦人らの思惑通り、
安倍蹴落とし行動に加担している。
涯SAの属国でいることが好きで好きでたまらいかのように
見受けられる。


◎ここで今回もスプートニクの記事を紹介する飯山一郎さん
からのメッセージをお届けしておきたい。↓↓
◆2017/04/02(日)  現代版アカ狩り:アメリカでは「ロシア」はタブー!

日本は自由にロシア外交
        米国も“昔”は↓こ〜だった

SPUTNIKトランプ氏がプーチン大統領を好きなのはなぜ?
『スプートニク』 2017年02月10日 https://sptnkne.ws/d56T
トランプ大統領は、自身とプーチン大統領を口論させようとするあらゆる試みを受け流している。
2月4日、米フォックスニュースの司会者に、プーチン大統領は殺人者だが、どうやって協力していくのかと尋ねられた時、トランプ大統領は冷静に、米国も無実な国ではないとして次のように答えた。
「米国にも多くの殺人者がいる。われわれの国が無実だと思うのか?」
(全文を読む)
* いま,アメリカでは,「ロシア」はタブーである.
* 「ロシア」や「プーチン」と関係のあった人間が,「制裁国に加担したという容疑」で,片っ端から制裁を受けている.
* トランプの最側近だったマイケル・フリン氏も,「ロシアとの関係」を疑われ,FBIが取り調べ中だ.
* トランプ大統領の娘婿のクシュナーも,「米国の制裁対象であるロシア対外経済銀行(VEB)頭取と面会していた」との「容疑」で,上院情報特別委員会の調査対象になった.(記事)
* そして,なんと,トランプ大統領本人でさえもが,昔のような「プーチン礼賛」が絶対に許されない状況に今のアメリカはなっている.
* いっぽう…
* 日本は米国に気がねせず,自由きままなロシア外交!
* 安倍首相の「極東を一変させる大規模計画!」 とか.(記事)
* さらに安倍首相は,「自分とプーチン大統領は日露には関係発展の無限の可能性があると考える」(記事)とまで述べた.
* とまれ,安倍晋三とプーチンは,『何か』を企んでいる.
* 『何か』とは,いったい何か? それは追々分かる.
* 希望をもって待っていて猪〜大寝!>皆の衆
飯山 一郎(71)

転載ここまで


戦争屋勢力は、まだまだプーチン潰し・自立独立のロシア潰しをあきらめていない。

3月26日、ロシアの80以上の都市で「反プーチン政権」の大規模デモをしかけ、
内側から手を突っ込みだした。
更に4月2日にはモスクワでのでも行進が警察に鎮圧された。
性懲りもなく他国を踏みにじろうとする。
まだまだ工作マネーが投下されるだろう。
もしうまくいけば悲願の「第3次大戦」を仕掛けることができる、ということか。

日本へも波状攻撃が仕掛けられるだろう。
学園問題の仕掛けの次は何か?


【モスクワ時事】ロシアの首都モスクワ中心部で2日、反政権勢力による行進を警官隊が阻止し、警察によると、少なくとも29人が拘束された。3月26日にモスクワで行われた大規模な反政権デモでも多数の参加者が拘束された。反政権デモが2週連続で試みられるのは最近のロシアでは異例の事態。治安当局は今後も締め付けを強化していくとみられる。
 警察は「公共秩序を乱した者を拘束した」と発表。現場では複数の警官隊が行進参加者を力ずくで押さえ込み、警察車両に連行した。
 3月26日には野党勢力指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏の呼び掛けでモスクワなどロシアの80以上の都市で大規模な反プーチン政権デモが行われ、モスクワではナワリヌイ氏を含む1000人以上が拘束された。 
posted by 大下伸悦 at 05:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

日本国の自主独立路線が加速していく….



日本ロシア間に「ガスパイプライン」、サハリンから北海道へ、
そして東京湾へと敷設する計画(1500`)…。
ロシアの「ガスプロム(半国営天然ガス独占企業)」は、日本への
パイプライン敷設問題を詳細に検討している。



フォーラム「北極-対話の領土」のロビー取材で、同社の
ヴィタリイ・マルケロフ副取締役が記者団に伝えた。
スプートニク日本(3月29日)
cAFP 2017/ Eric Piermont

安倍総理のロシア訪問は、4月27日28日あたりに
なりそうである。

日本のエネルギー政策が
アメリカ抜きに
日露間で進められている。

日本の有識者さんたちよ
どうか、日本国の自立を邪魔しないでください。

大下
posted by 大下伸悦 at 06:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

USA大統領補佐官にイヴァンカさん就任。これはすごい。



トランプ大統領の
大統領補佐官にお嬢ちゃんの
イヴァンカさんが正式就任した。

予定された大統領令のうち
数件は、大統領が目を通す前に
卓上から外されてきた。
イヴァンカさんが、「これはだめっ」と
言って外してきたのだった。

彼女の影響力はすごい。

これで新たなジャパンハンドラー(戦争屋)の
新たな芽は摘まれた。

前大使のキャロラインケネディさんに続き、
日本びいきのイヴァンカさんが、大統領と
同じ屋根の下で寝食を共にするのだ。
(執務室も持った).

日本はついている。

自立日本を壊そうとするのは、日本の言論人や
マスコミ、チャイナ・サウスコリア、
および、この両国のスパイ(政治家にもいるという)
である。
なんと、国民の大半が日本の自立の芽を摘んでしまう
動きをしている。

官僚?
官僚は機を見るに敏だが、同時に慎重さも
あわせ持っている。

おおした 
posted by 大下伸悦 at 22:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

森友騒動はぜんぶデッチあげ!やらせ!…と

日本がやっと「戦争金融マフィア」から
解放され、
フリーハンドでロシアとの関係を
いち早く深めていった。
フィリピン・ベトナムもこれに続いている。

GHQは、日本を情報操作でも支配する目的で
チャイナとサウスコリアを監視役に仕立てあげた。
日本の新聞テレビの家屋の上層階に
その者達を配したのだった。

USA・チャイナ・コリアに都合の悪いことは
事前検閲されたうえで骨抜きの情報を流すように
仕組まれてきたのだ。
それを「GHQコード」という。

安倍総理は、自国民に叩かれながらも
ここにメスを入れていった。
次にオバマUSAの邪魔を振り切ってロシアとの
友好関係を築き上げた。

トランプUSAと、安倍ジャパンは
ともに「メディア」という自国支配隷属装置の
破壊に乗り出した。

二人は実に良好なパートナー、運命共同体推進者なのだ。

これほど重大な局面で
マスメディアのみならず、ネットで影響がある論客が
国を壊そう壊そうとしているのだから
情けない。

 
しかし、最近、私ごときが言うにはばかるような本音を
飯山一郎せんせいが優しく伝えてくださっている。

↓ ↓ ↓


◆2017/03/28(火)  森友騒動は全〜部デッチ上げ! ヤラセ!

2017年1月6日

2017年2月9日

* 戦争,戦乱,騒動,大事件,疑獄,疑惑.すべてヤラセです!
* 今回の「森友疑惑」も,ソロスと朝日が仕組んだヤラセです!
* 火だるまソロスと朝日が,安倍政権に巨額金策.借金を断られ逆切れし,森友騒動を画策したのです.
* このことを↑飯山一郎は全て見破りました.
* 好き嫌いの感情で「政治」を見ると誤ります.
* 今の朝日新聞とテレビ朝日は,国民を洗脳するメディアです.
* 朝日のウソを信じて騙されている国民は少ないです.
* それが証人喚問後も安倍首相支持が62%という数字です.
* 国会は籠池・菅野完といった稀代の詐欺師に騙され,空転.
* しかし,間もなく正常化します.
* 原発事故による激甚災害と,前代未聞の多病・多死状況…
* 日本民族は,この未曽有の国難を乗り切れるのでしょうか?
* 森友疑惑? こんなヤラセ騒動に乗せられてはいけません.
* プーチン大統領と安倍総理が「フクイチ鎮圧」を始めました.
* 「政治」を好き嫌いで見ない! 爽やかに生きていきましょう!
* 今は,とにかく健康が第一! 乳酸菌と運動と保温ですぞ!
上の2枚の絵図は,きのこ女史の説明図です. (記事)
「森友騒動」が巧妙・狡猾なヤラセであったことを見破ったきのこ女史に敬意を表します.
森友学園への国有地払い下げも,元々は民主党が犯人です!
安倍夫妻の「100万円寄付」も,完全なデッチ上げです!
これらのことは『放知技』に書きました.
『てげてげ』と『放知技』に,飯山一郎は,真実を書きまくってます.
飯山一郎,人生最後の頑張りです.
それもこれも,「日本」が大好きだからです.
飯山 一郎(71)
posted by 大下伸悦 at 07:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

3ヶ月で人生が一気に変わる。1か月目で別建ての月収を30万円にいたしましょう。

大阪は、第一回生の第2回目の研究会が4月8日です。

名古屋は、4月9日が
第一回会合です。

名古屋は、大阪とは別なタイプのモデルです。

もちろん在宅です。
一日5分程度です。

目標5月度30万円…。
第2回、第3回と会合を重ねてフォローしあいます。

当然初回参加者が2回3回と集まることになります。
途中からの参加はできません。

また30分を超えての遅刻はできません。

大阪横浜で参加できなかった方は
名古屋にどうぞ。

野菜の栽培に興味がない方は参加できません。

参加すると何か買わされるのではですって?
さあ、どうでしょうかねぇ。

名古屋会場は、あと9名で締切りです。

おおした
posted by 大下伸悦 at 18:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

90歳の男性.スマホを使って日給180万円を稼ぐようになった。仲間もできた。

90歳の男性.
スマホを使って日給180万円を稼ぐようになった。
仲間もできた。
この歳になって孤独から解放されるとは…。

以下、転載

------------------

こんにちは。
自分は今年90歳になる老人です。

足も悪く、病気がちで、一日一度くる
バスで病院へと通っている。

この歳になると周りの人間たちも減り、
自分の住んでいる集落では
若い者は誰もいません。

先日も仲の良かった近所のばあ様が
脳いっ血で亡くなりました。

いよいよ毎日の話し相手もいなくなり、
息子夫婦も遠くにいて忙しくしているので
誰も自分と一緒に過ごす人がいません。

 最近、体調もすぐれないので
病院に入退院を繰り返していたのですが、
そのせいで貯金も底をつきかけており、
しかもこの歳なので年金を頼りにするしか
収入の手立てがありませぬ。

 金がないことと、話す相手がいなく
寂しいので
某コミュニティに入らせて
もらうことにしました。

毎日わしの話し相手になってくれる
孫のような子たちがたくさんいて、
もう寂しくありませぬ。

しかもすまーとほんを使えるようになり
自分もやっとデジタルにできました。

毎日バスを待っているのがひまなので
すまーとほんを使って、一日三時間
くらいは稼いでおります。

そのおかげで、最近は日給で180万円ほど
稼げるようになりました。

これで、いつ手術をすることになっても
大丈夫です。

本当に、感謝です。
----------

収益の上げ方についても
時代は明確に変わってしまった。

しかし、知らなければ生き方は変えられない。

行動しなければ生き方は変わらない。

大下
posted by 大下伸悦 at 22:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

本日26日は、ユーチューブビジネスでとんでもない月収をあげている大御所とお会いします。




日本の若者たちの間には
年収1000万円超どころか、
年収1億円以上を稼ぎ出す富裕層が
どんどん増えているのですね。

どんどん増えていく・・・。すごいですねぇ。

知っているか、知らないかが分かれ目ですよね。

そして、知って実践したかどうかが貧富の分かれ目です。

面白い時代ですねえ。

先日は、若干23歳ぐらいの若い億万長者に教えを請うため
70名以上が集まっていました。

なんと20台はお一人だけ・・・。
大半が50歳以上でしたよ。
こういう現象も起こっているのです。

インターネット時代というのはすごいですねぇ。


本日は、ユーチューブビジネス界の若き英雄を
取材してきます。

ひと昔前のエリートサラリーマンといわれた人たちは
何年社蓄を勤めたら年収1千万円に到達していたのでしょう。

一億ともなればサラリーマン社長では
なかなかいなかったはず・・・。

いまやどうですか。

おおした
posted by 大下伸悦 at 09:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする