2019年06月23日

生鮮野菜を食べた瞬間から身体が参加しはじめる、ですとぉ!

◎昨日の「ひふみ循環農法」出版記念セミナーの内容は、濃密な内容で学ぶところ大でした。
著者横堀幸一さん.昆野昌俊さんの成功事例にはワクワクさせられます。
生体の細胞を浮かべている生体内自由水が整流されていくのです。
「一般的な生鮮野菜は、食べた瞬間から崩壊に向かっている」という測定データには驚かされました。厳然とした測定器で示されているデータですからね。
この一点だけでもしっかりと受け止めておく必要を感じました。
健康維持のために生鮮野菜を摂取しているはずが、食べた瞬間から「健康を害する」側に向かうというのです。
「自然な野菜以外は摂るな!」と宣言されたようなものです。
いやはや驚きました。
お二人による出版記念講演は大成功でした。
どうぞ、ご自身の地域に招請なさって伺ってみてください。
本日は、関西の国定公園内で「草の生えない田んぼ/稲作実験」をするという二宮さんたちのお田植取材に行ってまいります。
天気予報は雨だと伺っておりましたが、なぁんだ晴れているではないですか。
posted by 大下伸悦 at 08:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

大阪でのG20まで、あと1週間


◉日露・安倍プーチン会談

◉米中・トランプ習会談

◉露米・プーチントランプ会談

◉日中・安倍習会談(会食伴う)

それぞれの会談は
決定済みです。強烈ですね。

◉尚、米イラン会談は9月に
なるでしょう。
あるいは、米イラン日会談に
なるかもしれません。

G20は、36ヶ国機関が集うのです。

楽しみですね〜。
posted by 大下伸悦 at 14:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あすは大阪、GOPの友人おふたりの成功事例に学びあいましょう。


◎あすは大阪です。13時からGOPミーティング…。前半は、私の録画収録の場面にお立会いください。
14時からはGOPの友人お二人による「食と農での自他貢献の次元での成功事例」に学びます。
「ひふみ農園成功事例に学ぶ」…。横堀さん、昆野さんのご登壇です。
文芸アカデミーからのご著書、その出版記念講演です。
祝福しあって、運をグイッと引き寄せあいましょう。
「午前中から来れるよう」というかたは、11時からのミーティングで親交を温めあいましょう。
エルおおさかの1階喫茶室におります。
翌日は二宮さんのところでお田植えとのことです。
仲間の成功事例、いまからワクワクします。楽しみです。



◎そこには、「人生を変えてしまう世界」があります・・・。知ること、です。見てみること、です。本日も夢をもって楽しんでまいりましょう。
posted by 大下伸悦 at 11:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

ジャガイモは素手掘り


◎そこには、「人生を変えてしまう世界」があります・・・。知ること、です。見てみること、です。本日も夢をもって楽しんでまいりましょう。

昨日(6月28日)、取材に訪れた「映像作家/写真家」さんの取材は、驚きの連続だったようです。
深刻な水不足で水田稲作に危機が訪れたときの「救済稲作」…は、1万2千年前の稲作(科学的に立証済み)を履修するものであります。が、
モミの直播きと移植の両方で実践しております。
水田と違って、草には困りません。見学なされば、得心が行くでしょう。
6月22日は、映像作家さんに取材時の写真を披露していただきます。
歴史が変わっていくでしょうね。

◎家庭ごみが、栽培の要の資材となる…。ボカシとか、そういう次元のものではありませんよ。
アッと驚く「シンプルさ、完璧さ」に興奮しすぎないようにしてください。
これは、二宮直さんが広めていくことになります。
◎6月28日時点で草が生えていないのはどうして?4つの耕地とも、それぞれに草に困っていないのはなぜ?
まあ、私も「吾ながら感動しています」。知らないひとは、除草剤を使っていると思うでしょう。
どうぞ、彼の写真で確かめてみてください。
◎アレアレ、ジャガイモを手掘りしています。ついでに「腰痛持ち」を改善してしまうというのです…。
彼は、「ジャガイモの肌がすべすべしてきれいですねぇ」とおっしゃっておりました。
しかも、収穫したあと、その植穴に新しいジャガイモの苗がストロー挿しされていくのです…。
私の年中新ジャガャの一端がうかがえるでしょう。
ジャガイモは、「実を捨てて皮をこそ食べなさい」(エドガーケーシー)と言われますが、健康維持にはまさにうってつけ、ですね。髪も黒くなるというのです。
しかも、その場の生えぬき(循環)のイモです。
また、ウネは何ごともなかったかのようにそのまんまの姿です。
◎可動ウネには、生え抜きのトマトの大群が並んで育っています。
生え抜きの「サツマイモ丸ごと1本植え」は、安納イモの場合、70本できます。高齢者は、移動せず、その場にいながらにして70本を収穫できるのです。
それも写真に納まっております。
「長さ1b級のトマトの苗」をどうやって移植するのでしょう。これも、写真でお見せします。

アレ?大豆と小松菜が立ったままシンプルに植えられていく…。
しかもサンダル履きで、上下まっしろないでたちで…。
あれ、生え抜き白菜がプチドームに移植されていく…。できた種子は、そのまま地面に落とされていくので、保管する必要がないんだねぇ。しかも、スコップで豪快に移植されていく…。
1年以上前のキャベツの根っこが、未だにキャベツ玉をつくり続けております。
しかも、根っこの移植までなされている...。
◎まだまだ、たくさんのビックリの世界が展開しております。
農薬?化成肥料・有機肥料?なにそれ?使わなければいいだけではないですか。

自然の摂理はシンプルなのです。
毎日、販売され続けている栽培世界での実話なのですよ。
1f、10fやってみろ、と言われたらできないでしょう、ですって?
「その方が簡単ですよ」。

◎実際に見てみれば確実に、人生が変わります。
◎6月22日は、大阪天満橋の「エルおおさか」会場で13時からGOPミーティングです。
あと3名ぐらいかな?電話ください。
posted by 大下伸悦 at 08:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

ジャガイモは素手掘り

土が柔らかになっているので
ジャガイモの収穫は
素手掘りです。

じつに気持ちがいい…。

腰痛の方はハイハイスタイルで
一列行っていただくと
楽になりますよ。

売場を覗いてみると、
ほとんどの
ジャガイモの肌が
ささくれだっています。

自然な栽培がベストなのですね。



◉本日もとっても幸せです。
posted by 大下伸悦 at 06:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

本日もとっても幸せです

◉トマトの即席苗木が100本
できました。(挿木苗)
長いものは1m以上あります。

挿木というより寝かせ植えに
なります。

◉ナスの挿木苗は50本、
ピーマンと満願寺も
併せて30本を
仕立てましたが、

一部は親木に
接木し
離れた処の土の養分を
吸わせるとともに
風で倒れないよう、支柱と
なっていただくのです。

当然、実もなるでしょう。

◉ブラックベリーの苗は
頂きものですが、
越冬をして
しっかりと根付いています。

◉スイカと
マクワウリは
可動ウネでしっかり
育っています。

◉農薬?化成肥料?
まったく無縁の世界です。

鳩が足元で
戯れています。

◉本日もとっても幸せです。
posted by 大下伸悦 at 18:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

さて、楽園ライフの始まりです


◉さて、楽園ライフが
始まります。

日々楽しいですね…。
生きているのが楽しいのです。

栽培シーンを組み込んだ生き方は、
それが息抜きになるので
楽しみです。

◉草の制御の仕組みが整ってしまえば
野菜とも、虫や草とも
会話が楽しめるのです。

あの、昨年の殺伐とした風景からは
隔世の感があります。

蚊やダニの大群に
いちいち襲われ下肢が真っ赤に
染まるのでした。

そこではいま、
生え抜きキャベツや
生え抜きトマトじゃがいも等が
嬉しそうに
生を謳歌しています。

里芋もそうです。
赤シソも
ゴウヤもニラも
玉ねぎも生え抜きです。

生え抜き小松菜も
ネギも
自生しています。
アッ、サツマイモも、だ…。

◉毎日、丸ごとキャベツの
スープを仕込んで
飲んでいます。

白菜や玉ねぎも
丸ごと放り込みます。
我ながら
贅沢だなぁ、と思います。

◉今日はトマトトマトのドームで
戯れてきます。

トマトトマトジュース用に
寝かせ植えをします。
その苗を採取するのです。

要するに気まぐれな
剪定の言い訳です。

◉本日もとっても幸せです。
posted by 大下伸悦 at 07:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

Tさん大慌て…,まずは草の制御の仕組みを整えなければ挫折しかねない

◎きのうのTさんからの電話…。
「農業委員会から雑草で荒れた農地を放置するな、と注意されている」。「草を放置しないでください,との連絡を受けた」。

「壊れた防風用のパイプも撤去して…,との指摘も受けた」。
「対象となる面積は、300坪(10e)です」とも…。
◎彼は、草刈り機も耕運機もお持ちなのに、耕地を持て余し気味なのです。
耕地を借りずに草刈だけを請け負っていれば草刈手数料を手にすることができるのに、迷惑がられて草刈りに駆り立てられているのです。
せっかく栽培ごとを思い描いて耕地をお借りしたのに放置状態にして逃げ帰るというひとが結構おります。
◎栽培ごとを楽しむのも、事業化するというひとも、まずは草に難儀しない仕組みをつくってしまうことから始まります。
岐阜県安島郡で今回関わっている私の耕地の場合は、
草刈り機も耕運機も使っていないのに草に難儀することはありません。
それどころか果樹ゾーンという名の荒地まで耕地に仕立ててしまいました。
上記のケースの2倍以上の面積です。
4つの飛び地にある耕地への移動も歩いていきます。しかし、もうすでに草に難儀しない仕組みをつくってあります。
砂地質の耕地もありますが、始めて見るひとは「除草剤を使っているのでは?」と思われるかも知れません。
写真を撮って残しておかなければ、と思ってはおります。
来週は、取材の方がいらっしゃいます。
◎上記のTさんには、事業用の耕地に仕立て直していただきましょう。
10e程度の広さですから、半日もあれば、事業用耕地になってしまうでしょう。
耕すのも黒マルチを張るのも種を敷くのも同時に行ってしまいます。
条件は「地元の農協の組合員になること」。
販路が開拓できていればその必要はありません。
秋からのスタートならトンネル栽培用の手順は踏まなくていいです。
簡単でしょ。
posted by 大下伸悦 at 09:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

軍産、見苦しいなぁ〜

イランは日本の大事な友好国ですが、
イランからの要請を受け、
日本は
米国と武力衝突回避の想いを
伝えるための
具体的な行動を取ったのですよね。

トランプさんは
民間人から大統領にのし上がってきて、
戦争回避の流れを目論んでいる…。

安倍首相は、
表敬訪問という役回りでの
善意の行動を取られたのですね。

お会いすることに
大きな意味がありました。

見事なものです。
ありがとう…、NIPPON…!

タンカー火災︎

(株)USA軍産勢、見苦しいなぁ〜。
posted by 大下伸悦 at 18:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

そろそろ大きな面積での「らくらく」耕法、伝授します

10日に見学にいらしたAさんは、
「自分は耕運機も草刈り機もあるのに、しかも1反歩(300坪)で草に難儀しているのに…」、驚きです。と言っていました。.
4つの飛び地の耕地をつぶさに見たあとで、です。
知らないひとは除草剤でも使っているのだろう、と思うでしょうね。
飛び地ですからあまり足を運びません。行ったついでに古い種を播いてしまうクセがあります。勢いで播くのです。理由は土壌をほぐしてもらうためなのです。
ニンジンとホウレン草かな?なんと、ニンジンが売り物になるレベルの出来です。90%ぐらいは売り物になる…。耕起をしたってそこまでの効率にはなりません。
ニンジンの意識に同調しておるのでしょうね。


..◎さて、「 数ヘクタールを耕区にしてしまう方が私には10倍も楽なのですよ」。
簡単で楽なのです。私は「見てアドバイスするだけで済みます」。
機械を買う必要もありません。使うのは一度きり…です。レンタルでいい。
「直ちに販売用野菜に取り掛かれますよ」。と言うと…、彼はさすがです。
すぐに理解できました。
私の前著を読んでいますからね。

◎6月22日は、おおきなテーマ3つを採りあげます。
いつものエルおおさか会場です。地下鉄天満橋駅が最寄り。近鉄天満橋駅が最寄りです。
初めての方はご遠慮ください。
以前申し込んだメールのところから申し込んでください。
posted by 大下伸悦 at 18:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の中心に日本がいる



本日、日本の首相がイランに向けて飛び立ちました。
日本の首相のイラン訪問は、ほぼ41年ぶり…。(福田赳夫氏以来)
政治のトッフ・ロウハニ大統領゚のみならず、国父(ハメネイ師)と会談できるのは初めてのことです。
トランプさんからの要請を受けてのことでしたが、じつは、直前になってハメネイ師が「会わない」と言い出していたのです。
イランに来る直前に「安倍氏がイスラエルのネタニヤフと連絡を取り合ったのはけしからん」ということだったのです。
それをかいくぐってイラン行きへと漕ぎつけたのはさすがです。
イランの周辺は、敵だらけ…。背景には石油利権とドル基軸の攻防があるのです。

いまにも軍事衝突、という状況の中、「日本のトップが会いに行ったからといってどうのこうのなるものではないでしょうが…」。
といわれるのはやじうまさんたちの立場なら当然といえば当然…。
しかし、会うことに意味があるのです。
しかも、友好国日本のトップが心配して会いに行くことにこそ意味がある…。
何らかの進展があったならそれはそれはすごいことです。
「イスラエルさん、日本は会いに行くよ」「トルコさん、日本は会いに行くよ」「サウジさん、日本は会いに行くよ」ということに大きな意味があるのだ、と言えそうです。
世界の平和に貢献しようね、NIPPON…
ありがとう…安倍さん
いまや、世界の中心に日本がいる…。
◎  トランプ氏は10日、20カ国・地域(G20)首脳会合(大阪サミット)での会談に習氏が応じない場合、中国からの輸入品約3000億ドル(約32兆5600億円)相当に「25%よりはるかに高い」関税を賦課する可能性があると述べた。直前まで会談の詳細を明かさないことの多い中国外務省は、会談の有無についてコメントを控えた。  中国指導者として過去数十年間で最も強大な権限を手にした習主席でさえ、就任後6年間で最も厳しい立場に追い込まれている。トランプ氏の脅しに屈せば、国内で弱腰と見られるリスクがある。会談を拒めば、トランプ氏は貿易対立を2020年の大統領選挙まで引き延ばす公算が大きいため、中国は経済的なコストを支払わされる。  北京大学の張健准教授は「会談しようがしまいが、可能性のあるシナリオのうち習主席と長期的な中国経済にとって好ましいものは何一つない」と指摘。「中国経済のニーズと習氏の政治的な計算を満たすような、良い選択肢がないということだ」と説明した。コピーライトマーク Bloomberg Day Two of the St Petersburg International Economic Forum 2019  習近平国家主席(7日)  「政府一丸」としてのアプローチをとるようワシントンのタカ派に促されているトランプ氏は、習氏に強硬姿勢で臨み、妥協を難しくしてしまう可能性がある。米国による台湾への武器売却や、中国少数民族のウイグル族に対する大規模な拘束を米政権が批判していることで、米国が中国を弱体化させ、封じ込めようとしているとの不安が中国側では膨らんでいる。  日ごとに悪化している米中の対立を両首脳が緩和するには、6月下旬のG20が最後の機会になるかもしれない。中国政府関係者は、事務レベル協議では全く成果が望めないとの感触を強めている。貿易問題を担当する同国政府関係者は、米国との協議は両国首脳の介入がなければこれ以上進展できない地点に到達したと語った。   北京大学の張准教授は、「最終決定者」の習主席以外に米中対立の責任を転嫁することはできないとも論じた。「習氏は国家主席を3期、4期務めたい考えだとみられるが、2020年に中国経済が苦境に陥れば、3期目の道はそれほど楽ではなくなる」と述べた。原題:Xi Has Few Good Options After Trump’s Ultimatum on G-20 Meeting(抜粋)記事に関するブルームバーグ・ニュース・スタッフへの問い合わせ先:北京 Peter Martin pmartin138@bloomberg.net記事についてのエディターへの問い合わせ先:Daniel Ten Kate dtenkate@bloomberg.net, Brendan MurrayFor more articles like this, please visit us at bloomberg.comコピーライトマーク2019 Bloomberg L.P.もっと見る         
もっと記事を見る

-
ジョンソン氏、対立候補から批判集中
Reuters            
-
米大統領、正恩氏書簡に「心温まる」
                朝日新聞デジタル            
-
米大統領「メキシコと密約を結んだ」
Bloomberg            
             
- 1
- 2
- 3
- 4
- 5
                 
[PR] おすすめ情報
PR   Microsoft   
- 血圧130以上は要注意?手軽に出来る血圧対策… エーザイ
- 「体重が減る」と評判のファンケルのサプリ ファンケル
- 富士フイルム、糖質ケアサプリを開発メタバリアEX

MSNの記事をもっと読む

-    
ウーマン・中川パラダイス「仕事が無い」とSNSで大募集…ただし闇営業はNG
デイリースポーツ            
-    
クリス松村は都内に1000坪の豪邸…「実家が金持ちすぎる」意外な芸能人
SPA!            
-    
"スマホ不振"で行き詰まる韓国経済の末路
プレジデントオンライン            

ニュースの記事をもっと読む

-    
複雑な経過も、八ッ場ダムの打設完了
                毎日新聞            
-    
正恩氏から「すてきな書簡」米大統領
                時事通信            
-
世界初技術、ミサイル発射探知実証へ
産経新聞            

Bloombergの関連リンク

-    
中国の消費者インフレ、5月も加速−食品値上がりでCPI2.7%上昇

-    
米政府、香港条例改正巡り「重大な懸念」−中国は内政問題だと反発

-    
任天堂、「どうぶつの森」発売は3月に延期−1カ月半ぶり下落

ウェブサイトへ  

 
こちらもおすすめ

-
血圧130以上は要注意?手軽に出来る血圧対策とは
                         PR                  エーザイ    

-
「体重が減る」と評判のファンケルのサプリ
                         PR                  ファンケル    

-
富士フイルム、糖質ケアサプリを開発
                         PR                  メタバリアEX    

-
知らなきゃ損?話題の子育て応援ドリンクがすごい
                         PR                  ニッスイ    

複雑な経過も、八ッ場ダムの打設完了
群馬県長野原町に国が建設している多目的ダム「八ッ場(やんば)ダム」の本体部分にコンクリートを流し込む「打設(だせつ)」が終了し、建設現場で12日午前、「打設完了式」が行われた。建設計画から67年。地元住民の激しい反対運動や、民主党政権による建設中止など、複雑な経過をたどったダム建設は、来春の完成に・・・                 毎日新聞                              国内 
正恩氏から「すてきな書簡」米大統領
【ワシントン時事】トランプ米大統領は11日、ホワイトハウスで記者団に対し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長から「すてきな書簡」を受け取ったことを明らかにした。「とても前向きなことが起きると思う」とも述べ、米朝交渉の前進に期待を示したが、詳細や根拠には触れなかった。                 時事通信                              海外 
世界初技術、ミサイル発射探知実証へ
政府は北朝鮮などの弾道ミサイル発射を探知する早期警戒衛星の機能の保有に向け、来年度打ち上げる人工衛星にセンサー(検知装置)を搭載、実証研究に乗り出す。搭載するのは極微小な半導体の粒を使う画像センサーで、2つの波長帯の赤外線を検知できる世界初の技術。課題だった搭載時の振動対策なども終えた。宇宙空間からミサイル発射時の赤外線を探知できるかどうか、令和6年度ごろまで実験を重ね、検証する。 日本は北朝鮮の弾道ミサイル発射で米国の早期警戒衛星が探知する情報に依存している。 北朝鮮が5月に短距離弾道ミサイルを発射し、再び挑発を強める恐れがある中、実証研究によってセンサーが有効に機能すると判断されれば、費用対効果も見極めた上で早期警戒衛星を保有するかの検討に入る。 衛星に搭載するのは防衛省が開発した「2波長赤外線センサー」。 赤外線センサーは昼夜を問わずミサイルや航空機の排出ガスなど高温な熱源を探知することに優れ、2波長赤外線センサーは中赤外線と遠赤外線という2つの領域の波長帯を使うことで探知・識別能力を向上させたのが特徴だ。2波長の画像を融合させ、燃焼による一酸化炭素や二酸化炭素の炭酸ガスを鮮明に捉え、ミサイル本体の形状と排出ガスを明確に判別できる。 ...                 産経新聞                              国内 
静岡知事「JR東海は無礼」リニア工事
リニア中央新幹線の建設工事で大井川水系の流量減少が懸念されている問題で、静岡県の川勝平太知事は11日の定例記者会見で、JR東海の金子慎社長らが品川―名古屋間の開業の遅れを懸念していることについて「大井川の水資源に悪い影響を生じさせないか、不安払拭(ふっしょく)が先」と述べた。JRが目指す2027年・・・                 毎日新聞                              国内 
-
「高めの尿酸値を下げる」サプリが評判
                         PR                  ファンケル    

-
顔や首にできた「ポツポツ」を簡単にツルスベに?対策商品を紹介
                         PR                  Zealand BIFU    

-
創業160年!ごまの老舗かどや厳選のごまを使用した健康対策
                         PR                  かどや製油    

-
腹部肥満傾向の人に教えたい、内臓脂肪を減らす方法
                         PR                  ライオン    

ブームも、富岡製糸場の入場者激減
◇目玉施設、修復で閉鎖 富岡製糸場(群馬県富岡市)は世界遺産登録から21日で5年を迎える。登録初年度の入場者数は133万人台とそれ以前に比べて爆発的に増える空前のブームとなったが、昨年度の入場者数は半分以下の51万人台。激減の背景には、「観光」と「保存」のジレンマがある。目玉施設の長期にわたる保存・・・                 毎日新聞                              国内 
「遺体ホテル」も、火葬場に危機感
                 神戸新聞NEXT                              国内 
食料なくホームレスに、米学生の現実
親戚や友人宅に泊まったり、知り合いのところを転々としたという学生、野外や一時避難場所、キャンピングカーで暮らしたという学生もいた。                 BUSINESS INSIDER JAPAN                              海外 
米に追従、安倍政権にしっぺ返しも
ここにきて、欧米メディアはアメリカの対中政策に批判を強めている。対米追従を貫く日本はこのままでいいのか。                 BUSINESS INSIDER JAPAN                              ビジネス 
-
もっと早く知っていれば!中性脂肪の元凶はこれだった
                         PR                  日本水産    

不満高まるも「韓国無視」のリスク
日本国内に「嫌韓」「反韓」の空気が強まってきている。                 東洋経済オンライン                              海外 
-
日本人が開発!60日で英語を話し始められる勉強法が世界で絶賛
                         PR                  SPRING    

-
あらゆるビジネスシーンを演出してくれる時計とは?
                         PR                  MSN    

ロックの名曲は盗作か、再び審理へ
【ロサンゼルス共同】英人気バンド、レッド・ツェッペリンの名曲「天国への階段」が盗作かどうかを巡る著作権侵害訴訟で、米サンフランシスコの連邦高裁は10日、盗作には当たらないとした一審判決を破棄して審理のやり直しを命じた昨年9月の決定に誤りがあったとして、高裁で再審理するとの決定を下した。 米メディアによると、高裁が審理をやり直すのは極めて異例。 「天国への階段」は1971年発表の名盤「レッド・ツェッペリン4」に収録。米バンド「スピリット」のギタリスト(故人)の代理人が、同バンドの曲「トーラス」との類似性を指摘し提訴した。                 共同通信                              海外 
日本海漂流、北朝鮮船を韓国軍が救助
【ソウル時事】韓国軍合同参謀本部は11日、北東部・束草の沖合の日本海で同日午後、漂流していた北朝鮮漁船1隻を発見し、北朝鮮側に引き渡したと発表した。漁船には6人が乗船し、束草の沖合約161キロ、海上の南北軍事境界線から南側約5キロ付近を漂っていたという。                 時事通信                              海外                     
「けんか」をいじめ認定、加害者反発
新潟県教育委員会は11日、2016年4月に県立学校の生徒が同校の生徒の足をひっかけて転倒させ、左腕を骨折させる問題があったと発表した。当初、学校は生徒同士のけんかと判断したが、被害生徒側の申し立てで発足した県教委の第三者委は「いじめに当たる」と認定した。一方、加害生徒側の代理人は「被害生徒に悪口を・・・                 毎日新聞                              国内 
-
自動車保険は一括見積もりで安くなる? 各社の見積もりを徹底比較!
                         PR                  価格.com 自動車保険 比較    

21歳娘の首切りつけ殺害、母を逮捕
同居する無職の長女(21)を殺害したとして、広島県警府中署は11日、同県府中市中須町、無職、上田亜矢容疑者(49)を殺人容疑で緊急逮捕した。「娘を刺したのは間違いない」などと容疑を認めているという。 逮捕容疑は11日午後2時ごろ、自宅2階の部屋で、長女の佳奈さんの首を刃物で切りつけるなどして殺害し・・・                 毎日新聞                              国内 
年金払うの嫌、老後2000万円に戸惑い
                 朝日新聞デジタル                              国内 
異臭で通報、男2人が女性遺体を遺棄
11日午前11時頃、京都府向日市上植野町の2階建てアパートで、近隣住民から「部屋から異臭がする」と110番があった。駆け付けた府警向日町署員が、アパート横の駐車場で、粘着テープで全身をまかれた女性の遺体を発見。近くにいたアパートの住人で職業不詳の男(55)、京都市西京区、向日市職員(29)の両容疑者が遺体を駐車場まで運んだことを認めたため、死体遺棄容疑で逮捕した。 発表では、女性は中年とみられ、腐敗が進んでいるが、目立った外傷はないという。市職員は生活保護の受給世帯を訪問して相談など…                 読売新聞                              国内 
国内運航初、A350日航でデビューへ
日航が、欧州航空機大手エアバスの最新鋭機A350の受け入れ準備を加速させている。14日に初号機が羽田空港に到着し、9月の羽田―福岡線でデビューの予定だ。日航は国内、国際線の主要路線に投入しているボーイング777の後継として計31機を導入する方針。次世代の主力となる機体の安全運航に向け、整備の分野では入念な作業が進む。 エアバスは、日航が長年主力機に据えてきた米ボーイングのライバル。旧日本エアシステム(JAS)との統合でエアバス機を引き継いだ経験はあるが、日航としての採用は初だ。国内航空会社がA350を運航するのも初めてとなる。                 共同通信                              ビジネス 
日本の管理職高い死亡率、欧州と格差
日本の管理職や専門職の男性は他の労働者に比べ死亡率が高く、管理職の方が健康な欧州とは異なった傾向の健康格差があることが、東京大などが12日までに行った国際比較で分かった。死亡率はバブル崩壊後の1990年代後半に上昇。現場の仕事と組織運営を兼ねる「プレーイングマネジャー」化や組織縮小で心身の負担が増した影響を引きずっているとみられる。 2000年代以降は低下傾向だが、一部専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度」など逆行の動きも。東大の小林廉毅教授(公衆衛生学)は、時間の自己管理が建前の管理職は、自らを長時間労働に追い込みがちと指摘した。                 共同通信                              国内 
首相のイラン訪問、成果なしの予想
【AFP=時事】安倍晋三(Shinzo Abe)首相は12日から14日にイランを訪問し、ハッサン・ロウハニ(Hassan Rouhani)大統領、最高指導者アリ・ハメネイ(Ali Khamenei)師と会談する。日本の現職首相によるイラン訪問は1978年以来で、安倍氏は同盟国である米国とイランとの間で高まる緊張の緩和を働き掛けるという極めてまれな外交的使命を担うこととなる。 昨年ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領がイラン核合意から離脱して以降、イランは米国との厳しいこう着状態に陥っている。 米政府は対イラン制裁を再開し、ペルシャ湾(Persian Gulf)周辺に空母や戦略爆撃機などを派遣。また、日本をはじめとする同盟国にイラン産原油の禁輸を強いるなど、経済・軍事両面からイランに圧力をかけている。 日本政府高官によると、安倍首相はイラン政府に対して要求を示したり、米政府のメッセージを伝えたりすることはなく、中立な仲裁者として日本を位置付けたい意向だという。...                 AFPBB News                              海外 
文大統領「誇らしい」日本禁輸を絶賛
                 朝日新聞デジタル                              海外 
「都合悪いから撤回、あぜん」枝野氏
立憲民主党の枝野幸男代表は11日の常任幹事会で、95歳まで生きるには夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融庁の報告書について、政府・与党幹部から受け取りの拒否や撤回を求める発言が相次いだことを批判した。 「堂々と国民の前で、選挙前では都合が悪いから受け取らない、撤回しろという話にはあぜんとせざるを得ない。国民に説明をしない、ごまかすことがいよいよ顕著になってきた」と指摘。改めて衆参両院で予算委員会を開くよう求めた。 一方、安倍晋三首相が夏の参院選に合わせた衆参同日選を見送る方針との報道については「解散権を持つのは首相。いつ衆院解散があってもおかしくないということで準備しなければならない」とも語った。                 産経新聞                              国内                     
照明つけたまま睡眠、女性にリスクか
【AFP=時事】寝室のテレビや照明をつけたまま寝る女性は太りやすい可能性があるとの最新の研究結果が10日、発表された。 米国医師会(AMA)の医学誌「JAMAインターナル・メディシン(JAMA Internal Medicine)」に掲載された今回の研究論文は、米国女性4万4000人近くを対象とする調査に基づいている。調査参加者には5年後に追跡調査を実施した。 研究では、参加者の女性を夜間の人工光への暴露(ALAN)の程度に応じてグループに分けた。人工光の光源は、小型の常夜灯や時計付きラジオ、窓から差し込む街灯の光、テレビ、室内用照明などさまざまだった。 寝室のテレビや照明をつけたまま寝る女性は、調査期間内に体重が5キロ以上増加する確率が17%高かったことが、今回の主な研究結果の一つといえる。睡眠時間、食事、身体活動などの因子について調整を行った後でも、この相関関係は強いままだった。...                 AFPBB News                              海外 
踏み間違い防止装置、都が9割補助へ
                 朝日新聞デジタル                              国内 
ファーウェイ幹部 排除の影響認める
【上海共同】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の端末部門の邵洋首席戦略官は11日、トランプ米政権の同社製品排除の動きを受け日本などでスマートフォンの発売が延期されたことで、販売への影響が出ていることを認めた。 この日上海で開幕した先端技術の見本市「CESアジア」の基調講演で邵氏は「予想外のことが起きなければ今年の10〜12月期に世界1位になれたが、もう少し時間がかかりそうだ」と語った。 昨年のスマホの販売台数は約2億台。米調査会社IDCによると、今年1〜3月期の出荷台数は5910万台で、韓国サムスン電子に次いで2位だった。                 共同通信                              ビジネス 
防衛省の不手際、自民内でも批判
自民党は11日、国防部会・安全保障調査会の合同会合を党本部で開き、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を巡る防衛省調査に誤りが見つかった問題を議論した。参加者からは「緊張感が足りない」「地元の思いを分かった上で対応してほしい」など同省の不手際への批判が相次いだ。 ミスがあったのは、防衛省が配備候補地の一つとする陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)に関する調査。縮尺が異なる地図のデータを使用していたのが原因だった。                 共同通信                              国内 
歩道に包丁を持った女、現行犯逮捕
札幌市中央区の北海道神宮近くの歩道で、女が包丁を持っていると警察に通報があった。駆けつけた警察官が女を現行犯逮捕した。                 日テレNEWS24                              動画  フィードバック                    
- コピーライトマーク 2019 Microsoft
posted by 大下伸悦 at 12:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨に感謝し、雷に感動できているこんにち

きのうの雨は幸運というツキと幸せ感をたくさんたくさんもたらしてくださいました。
モチ米の五葉苗を定植し終えた直後のカミナリはお祭りの打ち上げ花火のようにすら感じました。
陸稲の餅米です。しかも地元の種モミです。
人1人の一年分の米は60坪の耕地があればよい、というのは先人の教えです。が、無農薬で水利権で争うこともなく60年間、定点で栽培し続けて来られた方の教えに従って行っています。
水田より草の管理は楽…というのは既に体験済みです。
味も餅米なら水田の産と遜色ないのでは?と、秘かに期待しています。
直播きと移植と、両方を行いました。
雨にも加護され本日もとっても幸せです。
posted by 大下伸悦 at 11:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

チャイナの民の食料確保策は?


◎共産という名の独裁国家チャイナは、「米中関税攻防」どころではない食の危機に遭遇しております。
北米にしかいなかった蛾の脅威が、アフリカ大半に蔓延し、ミャンマーから雲南経由でチャイナに侵入してきております。
トウモロコシ・麦・コメ・豆などの穀物に深刻な害が生じ、そして拡大していくでしょう。
1日で200`でも広がってしまうというのですから、農薬の手配も追いつかない恐れがあります。
また、チャイナの国民食「豚」の豚コレラ(アフリカ型)も、いよいよ深刻になっているのですよね。アフリカ型豚コレラは、北コリアにまで広がってきています。
ああそれなのに、米国から輸入している「豚肉」や、大豆小麦などの輸入時の関税に習さん自らが決断して25%に関税を引き揚げてしまった。
ブラジル等からの輸入手配がうまくいってくれればいいのですがね。
日本では「農薬許せなぁい」運動が高まりを見せているようですが、「食うものができなかったなら飢えが待っています」。

◎米国はすごいですね。米国の大豆・麦・トウモロコシの作付は、昨年の半分程度です。しかし、半減させて作付した穀物が自然災害(水害)にあって収穫予想は悲観的です。非常に不安定…
チャイナは、米国からの穀物買い付けに25%関税アップしている場合ではありませんよね。
(ツマジロ草夜盗蛾は、数か月でチャイナの穀倉地帯の全域に広がり、壊滅的な結果をもたらすだろう、と…。某筋予想)
「ツマジロ/クサ/ヨトウ蛾」というのは初めて聞く昆虫の名前です。
日本に侵入してきたらどうします。
私が関わっているところは大丈夫ですがね。
農薬も化成肥料も化学肥料とも、無縁の栽培をしているわけですが、草に困らないような仕組みにしていますので甘くなりがちなガードを固めるだけで済むでしょう。

◎ところで、フィリピン・オーストラリアも干ばつに遭遇しております。人々が生きていくのに、食糧そのものの収穫ができず、輸入もままならないのであれば飢餓にあえぐことになってしまいます。
 ◎幸塾の最高顧問であった船井幸雄先生からの「本来なら農業を極めていかなければならなかったが、なかなか機会が得られない」というお言葉を私は、まともに受け止めてしまい、「どれ、私が突き詰めてみよう」…。

船井さんが「自分には出来そうにない」というのです。「それなら私が日本の農業の危機なるもの、食糧危機なるオバケの正体を暴いてみよう」。
それからの私の放棄地や休耕地行脚の旅は、通算24ヵ所(愛媛や南九州、兵庫、和歌山、関東東北など)に及びます。
鍬(クワ)一本で、です。仕事の合間に、です。

◎結論!旅は終わりました。農薬、除草剤、化成肥料は要りません。草に困りません。不耕起ででも、新たに縁を持った地域では29日目から販売が開始できました。
化学肥料も有機肥料も要りません。現在は、クワも要りません。
不耕起栽培を楽しんでおりますが、どんどん手持無沙汰になるのですから「そろりそろり」と耕起のウネをこしらえだしてもいいでしょう。
私の友人(女性)は、車いすでの「楽園/農園ライフ」を楽しんでおります。高齢期の他者貢献にも、健康にも寄与できます。

◎どうせ、1f、30fは手におえないでしょう、ですって?じつは、そちらの方がらくなのですよ。
6月9日、10日は、1fほどの耕地を持て余している知人たちへ「プロとしての大規模農」のノウハウを伝授しておりました。 
機械を使いますから…ね。私の近著に掲載してある機材を用いるだけです。
6月22日、大阪(エルおおさか)会場で13時からグリーンオーナーズ倶楽部のミーティングを行います。
後半は、仲間の「ひふみ循環農法」の伝道者お二人の出版記念講演となります。

どうぞ、いま関わっている岐阜羽島/岐南町の2反歩程度の耕地にも見学にいらしてください。
予約なしの方は、入場できません。
おおした
 
      2019年6月吉日  おおした
posted by 大下伸悦 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

幸塾/楽しく生きる会/6月会報抜粋

令和元年6月.幸塾/楽しく生きる会/会報 (2019)令和時代の始まりの月(5月)は、米国大統領夫妻が国賓として招かれ、米国大統領による令和天皇への初謁見(えっけん)シーンは、米国から世界中に配信されました。トランプ大統領いわく「日本は特別な国だ」と…。トランプさんの訪日時は、フィリピン・ドウテルテ大統領など東南アジア5カ国のトップも来日なさっておりまして、東京にいたのはトランプご夫妻だけではありませんでした。
トランプ氏は来日時、安倍首相に「ぜひイランに行ってほしい。シンゾウしかいない」と要請したという。またイランのザリフ外相が来日(5月中旬)したのは、イラン訪問を要請…、日本に「米国との仲を取り持ってほしい」とするためであった…。
◎安倍首相は、すかさずイラン歴訪、米国との仲を取り持つべく労をとります。 そして6月28日29日は、大阪に世界の主要国38か国(EUのトップ層など地域機関を含む)が一堂に集い、日本が「世界の政治経済のかじ取りを行うのです。
「令和時代は、NIPPONが積極的に世界平和外交への貢献を為していくのだな」ということが鮮明に受け止められていくのです。 ◎トランプさんは日本訪問に続き、欧州を歴訪…、天皇に続き、英国女王(エリザベス)へ謁見、頂上外交が続いています。
次いで、メイ首相(退任予定)と会談、それから仏国などを訪問と…、共産チャイナの変革を目論んでの「白人国家連合構築の意図」が透けて観えるかのようです。  米国の次期大統領もトランプさんとみてよさそうです。「シロウト大統領追い落としのたくらみが失敗に終わったから…ということ、と、トランプさんの公約は不法移民対策を残すのみとなったから」です。
 「メキシコさん、しっかりしてよ。不法侵入者の素通りを許すなよ」というのが、米国側の言い分なのです。  確か先月は、1ヶ月で10万人もが不法侵入をしています。南米共産圏からの不法流入者たちは「米国にアメリカンドリームを思い描いて移動している」のです。
何処から侵入?メキシコ国境からです。これが日本への不法侵入だったらどうします?(テロリストが混じっていたらどうします?)トランプ氏は「適正な手続きでの移民を拒絶しているのではないでしょう」。トランプ氏自身がアメリカンドリームの体現者です。(ドイツ移民3世)米国はいま、好景気で雇用がひっ迫しているのです。政治のシロウト/トランプさんの手腕のすごさには驚かされます。転載ここまで…。
posted by 大下伸悦 at 07:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

6月9日は、枇杷(びわ)の収穫


梅雨入り前に
草の制御の仕組みを
整えて
おかなければ
一年間、
草に振り回されることになる。

その点、
昨日で整え終えることができた、はず…。

栽培は
苦労ではなく、
工夫して
快適さを楽しまなければ
私にとって
続ける意味がない。

おりしも雨…。
トマトのプチドームの頂部に
汚れた透明シートを
かぶせ終えたので
身割れを防ぐとともに
シートの洗浄にもなる…。

雨はありがたい。
雨雨雨

ーーーーーー
キャベツの大量引越し実験に
着手いたしました。

これは楽しみ…、
楽しませていただきたい。

9日にお見えになるのは
2名かな?

予約なしは不可…です。
posted by 大下伸悦 at 00:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする