2018年07月22日

9月9日、関西での講演です。



●9月9日、久しぶりの関西です。

人生観が一日で変わり、
生計法(生き方)が29日で
変わってしまった人も…。

夢をもって
楽しんで生きてまいりましょう。


−−−−−−−−−−−−−

●来春で22年目(22回目)

楽しく生きる会/幸塾/GOP
第22回・新春の集い(関東)は
2019年1月14日(祝)

決定いたしました。

関西はいましばらくお待ちください。
posted by 大下伸悦 at 11:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

22回目(22年目)・毎年恒例の「新春の集い」・関東は1月14日(祝)です。よろしく



◎今年も半分以上が
過ぎたのですねぇ。

楽しく生きる会/幸塾/GOP
新春の集い(関東)は

2019年1月14日(祝)で
確定いたしました。

今生では
1年経つと
1歳歳をとるのですよね。

22年目というと、
50歳で入会なさった方は、
72歳になるということなのですねぇ。

歳を重ねても
生きがいを創造し続けて
平穏に
利他で生きていきたいですね。

いえいえ、歳を重ねてきたからこそ
自他同然に
他者貢献をして
毎日の売り上げを
日に2回、入金していただいて
泰然として
生きていけるのですから、

ご自身への
ご褒美として
私の提案を
受け取ってください。

「楽しく生きる会」のメンバーとして
相互に
社会貢献をしていける
協力なツールをお届けいたします。

今年、4月半ばから
「スタート1ヶ月目で、楽をしながら
気楽に
栽培ごとで
安定月収をあげて
自他貢献をしていけるやり方」を
現実化させてみました。

どうぞ、新春の集いに
参加なさって
お受け取りください。

なお、新規入会者は
基本的に受け付けておりません。

まずは、いままでのメンバーが
先駆者となって、
周囲の方々を導いていけるように
してまいりましょう。

関東の「新春の集い」は、
2019年1月14日(祝)です。

どうぞ、よろしくお願い致します。

おおした
posted by 大下伸悦 at 02:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

海の日!整流ダンゴ投入による鶴見川の浄化イベントは盛大でした



◎昨日16日は、
全国30数万人規模での
利他の方々による
「河川や海の浄化行事でした。

神奈川県横浜市の大綱橋のそばでも
大勢の人が集まって
鶴見川の浄化へ思いを込めての
EMダンゴ投げでした。
それにしても大きな川です。

1200個ぐらいの有用微生物群ダンゴが
投入されました。


世話人さんは、小角(こかく)よしこさん、
うおやさん、こうのさん…。

彼女たちは
毎月欠かさずに継続なさっております。

琉球大学名誉教授の
比嘉先生が提唱なさって
始められたのでしたが、

もう、7回目かな?

熱中症騒動の炎天下にあって、
自他貢献、利他のひとたちの周囲は
さわやかな色のオーラで
包まれておりました。

にんげんって、すごいなぁ。

みなさまには
ほんとうに頭が下がります。

ありがとうございました。
感謝を込めて…。

おおした
posted by 大下伸悦 at 12:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦争の時代から、外交での平和の時代へ.その輝かしい象徴日となった



◎米露トランプ/プーチン両首脳会談は
予定されたサシでの会談時間を、2倍近く超過して
終わった。
トランプ帰国後の「旧米国支配層の反応」と、
トランプ氏の突進ぶりを注視しよう。

まずは、ありがとう!おめでとう!


https://jp.sputniknews.com/politics/201807175126464/
posted by 大下伸悦 at 04:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

プーチントランプ両大統領、1対1の会談が始まりましたね。



◎数々の陰湿な邪魔をかいくぐって
ついに正式会談という「歴史変換装置」が
駆動しはじめましたね。


今回はお二人が正式に会った、ということだけで
大変な成果があったということになりますよね。

https://jp.sputniknews.com/politics/201807165124236/
posted by 大下伸悦 at 21:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

プーチントランプ安倍がリードする世界へ



◎明日(7月16日)、「露プーチン/米トランプ両大統領の正式会談」.

第3次世界大戦をたくらむネオコンどもの
トランプ氏への「ロシアゲート」の
ワナをかいくぐって
やっとここまでこぎつけました。

間を取り持ったであろう安倍総理にも感謝します。

おおした
posted by 大下伸悦 at 19:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

世界の現状をよく見据えて動こう。歴史はとてつもなく大きく変わる



2018年7月の
夢をもって楽しく生きる会/幸塾世話人通信は
本日配送いたしました。

◎7月16日.いよいよ「露プーチン/米トランプ両大統領の正式会談」が
ヘルシンキで行われます。

◎トランプ氏が全幅の信頼を置く日本の安倍総理は、
西側先進国サミットのメンバー国のなかで、
唯一ロシアと親密な関係を築き上げてきています。

◎両者の正式会談を端緒に、世界が劇的に変わっていくのです。
が、
主役は、トランプ/プーチン/安倍を擁する3カ国です。

◎米露首脳会談に先立ち、
トランプ氏は、「G7」ではなく、「G8」に戻そう、という
提案もしています。

トランプ氏は言います。「だって、クリミアのひとは
みんなロシア語を話す民族ではないか」と…。

そのとおり、ブレジネフが
兄弟国ウクライナに「友情の証としてロシアのクリミアを
ウクライナだということにしよう」と、無茶苦茶な
決定をしたことからウクライナ領となっていただけのことです。
もともと、ロシア人なのです。

さて、トランプ/プーチン氏の
会談の準備にあたっているのは、
あの名うての実力者ボルトン大統領補佐官です。

以上、世話人方への通信の内容の一部です。

ともかく、人類の歴史は
大きく変わっていきます。

チャイナは??
共産チャイナは、過去の「白人たちによる植民地支配」を、
今度は、共産チャイナが行っていくんだよ、という
ことで、ウィグルをチベットを併合し、
対外拡張という名のもとの、「侵略」を
断固進めています。

しかし、トランプにつぶされるでしょうね。

まあ、こんなことより、
「栽培ごと」は、生き方を大きく変えます、よ。

7月14日は、横浜で
久しぶりにお会いしましょう。
HPでご確認ください。
posted by 大下伸悦 at 17:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

世界の現状をよく見据えて動こう



西の時代から
東の時代へ。

東の時代を代表して
牽引していくのは
チャイナなはずであった。

しかし、
共産という名を冠した
共産チャイナは
いまや
世界中から毛嫌いされつつある。

そんななか、
「USAの良心」が世界の立て直しを
着実に行いつつある。

いま枢要なこと。

それは、露プーチンと米トランプの
正式な会談から形成されていく
世界である。

露プーチンと最も親密な関係にある国は、
日本(安倍)である。

米トランプと最も親密な関係にある国は、
日本(安倍)である。

これに印を加えていこうか。

印モディと最も親密な関係にある国は、
日本(安倍)である。

「欧州を忘れないで」ですって?
欧州が最も頼っている国は、
いまや日本です。

https://jp.sputniknews.com/politics/201806285050717/
posted by 大下伸悦 at 01:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

敷地内へカラスが入って来れなくなってしまった。ごめんねカラスさん





昨日は関西からお越しの友人と
ご一緒させていただき、
ひとまず、
鳥獣忌避ラインの一巡目を
張らせて
いただきました。

とは言っても
この領域では、もっぱら
カラスと
鳩が侵入できにくいように
することに力点が置かれます。

3日前にはカラスが
入ってきていたという情報が
あり、昨日は鳩が4羽入ってきて
おりました。

昨日、ラインを張り終えたのです。

菜園の東側には、
敷地境界線に沿って
バスがかろうじて通るような
細い県道がつながっております。

その道路の片側には電柱をつないで
電線が走っております。

夜の7時ごろ、その電線上に
カラスが3羽止まっていて、
3羽とも、忌避ラインの内側を
じっと見ています。

1時間後の夜8時10分には
なんと5羽に増えているではありませんか。

明日は入って来れそうだと
思っているのかもしれません。

深夜の2時、カラスは身じろぎもせず
電線の同じ位置に停まっています。

それから少しして、道路の向こう側の
人家3軒が並ぶなか、右側の生垣に
入り込んでいくではありませんか。

要するに、そこがネグラ、定宿だった
のですね。
どうやら
こちら側の忌避ラインの内側にある
何本かの果樹がネグラでは
なかったようです。

空が白みはじめる4時10分ごろになると、
一斉に飛び立ち、
こちらの敷地を囲む6〜8軒ほどの
屋根の上を移動しながら
こちらの様子をうかがっております。が、
結局、入って来れなかったのです。

さてさて、鳩はどうでしょう。
今朝は鳩も姿を見せません。

雀だけはいつも通り
来ていますが、いつもの5〜6羽のうち、
2羽だけでした。
まだ、雀には効果が薄いようです。

しかし、雀まで来れなくなったのでは
こちらがさびしくなります。

もうこうなると
北コリアがどうだの、
チャイナの手下どもが
国会で悪さを繰り返していることなど
馬鹿馬鹿しくて
どうでもよくなります。

さて、一眠りいたしましょう。

本日も、夢をもって楽しんで
生きています。

おおした
posted by 大下伸悦 at 17:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

6月12日、TPP締結案件、日本の参議院で可決.年内にも発効か.



6月12日は
ハッとするような
重要なことが
多く起こっておりましたね。

TPPの締結案件が
ついに参議院を通過しました。

USAがめずらしく日本に
嫉妬したかもしれませんね。
ロシアのスプートニクが
そのように申しております。
posted by 大下伸悦 at 11:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランププーチンがトップでいるうちに完全自立させよう



プーチン安倍の関係が
日本の自立路線を進めていく。

トランプ安倍の関係は
強烈な盟友関係となってきている。
トランプ氏の大統領体制が
つづくうちであれば
日本は完全な自立が果たせる。

ジャパンハンドラーが
なりを潜めているいまがチャンス!

自立を邪魔し足を引っ張り続けるのが
日本国民の大多数。

それは、
朝日毎日東京NHKなどの新聞テレビの
報道に思考行動を支配されてきたからだ。

Asahiは、ありもしない南京大虐殺をねつ造した。
ASahiは、ありもしない慰安婦連行をねつ造した。
Asahiは、ありもしないモリカケ冤罪を
ねつ造しつづけたが、失敗した。
結果、Asahiは存続の危機に瀕している。

日本のGDPは、1997年までは伸び続けていた。
そして、2016年にその1997年を上回り、
2016・2017・2018と年々上回り続けだした。

https://www.youtube.com/watch?v=K0A6_RrIKTw


トランプ氏は選挙公約どおりに
北コリアの若いリーダーに会って
戦争終結の道筋をつけた。
金君は、トランプ氏と会ったことで
自身の立場の保全と、国家の自立を
トランププーチン氏に託すことに
可能性を見いだした。

金氏が共産チャイナの習氏の側と
対峙しだすなら、
なるほど、核の放棄はことさらに
急ぐ必要はない。

トランプ大統領が「米韓軍事演習」を
中止することは、国際社会に
大きな利益をもたらす。

6月12日には、台湾にアメリカの
事実上の大使館の建物が完成し、
祝賀式典が催された。

貿易戦争という名の戦争が
始まった。
チャイナはトランプマジックに
掛かったのかも知れない。

いずれわかる。

チャイナよ。沖縄にちょっかいをだすな。
北海道から手を引け。
尖閣については、日本国憲法の改正を待て!

USAは、まず日本の制空権を返還せよ!
posted by 大下伸悦 at 11:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

92歳で首相復帰マハティール氏,初仕事は消費税廃止



マレーシアは
「消費税を廃止する」。

胸のすくような
92歳マハティール氏の
決断!

首相復帰後の
初仕事と言っていいのでは
ないか。

日本はどうか。
日本の財政のバランスシートは
超健全!

その日本が
やらなくてもいい消費税を
導入してくぐもった運営をしている。

あの民主党によって
「消費税増税は既定の路線」にある。

安倍総理の3選は
確実だろうが、
来年の消費税増税はどうするというのか。

「またまた引き延ばすことは許さない」と
いう勢力を黙らすには
どうすればいいのか。

首相3選後に
「解散総選挙」という決断をするしか
道はないのか。

一連の財務省内の不祥事は、
財務省の解体再編の動機づけにはなる。

世界の範たる健全財政国家JAPANたるもの
マハティール首相のように
胸のすくような英断をくだしてほしいものだ。


◎トランプさんも正しいことを
ズバリという。
G7での安倍氏とトランプ氏の存在は、
表のリーダーが
堂々と本当のことを言いあう場をつくりつつある。

https://jp.sputniknews.com/us/201806154992986/
posted by 大下伸悦 at 11:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

92歳で首相復帰マハティール氏、真っ先に日本へ



6月12日、安倍総理は
92歳で首相に復帰なさったマハティール
マレーシア首相と官邸で会談。

マハティール首相は、過度にかかわりすぎたチャイナとの
関わりをただしていくことになるだろう。

マレーシアは、TPP11のメンバー国でもあり、
緊密な交易関係を築き直していくことになる。

12日同日、ラオスのトンルン首相とも
官邸で会談している。
ラオス経済はチャイナに浸食され過ぎのきらいが
あったが、対日関係強化へと舵をきることになる。

12日と言えば、トランプUSA大統領と
北コリアの金氏の会談があった日である。
日本の提案によって実現したシンガポール会談で
あった。
当初はシンガポールのリー首相に戸惑いが
あったそうだが、大成功に気を良くしてか
北コリアの経費はシンガポール側が
負担することにしたらしい。

いずれ、北コリアの経済開発が始まる。そのときには
シンガポール財界も先陣を切って
参入していくことになるだろう。
トランプ大統領との会談を終えた金氏は、
シンガポール財界の数人と会ったのちに北コリアへの
岐路についている。

トランプ大統領は、「白人国家運営ファミリー」へ、
「南北コリアの戦争を終わらせる」、というメッセージを
送ったことになる。

トランプ大統領は、引きこもりの金氏を
国際社会へと引っ張り出した。
これは大きい。
共同声明文書への署名場面で妹に頼らざるを得ない
金氏は、軍人さえも飢えている現状を
打破しなければこれ以上、体制を維持できない状況に
あった。

シンガポール滞在経費すらおぼつかない極貧状態だというのでは
みじめすぎるではないか。
国家のていをなしていない。

そういう事態を招いた若きリーダーに対し、
「もう苦しまなくていいんだよ」と、メンツを
傷つけないように配慮しつつ愛の手を
差し出したトランプ大統領の懐の深さには
素直に「ありがとう」と感謝しておきたい。


これで
大昔の王朝にならって「南北コリアを自国領にしようとする
チャイナ」の思惑は外れていくことになるだろう。

ともあれ、「チャイナ解体」に向けた動きが
ジワジワと進みだす予兆を見ることとなった…。

「チャイナよ、解体されないうちに
目を覚ませ!」といいたい思いがしている。

マハティール首相も戻ってきた。
共産チャイナよ、時代は西から東へ。
「ルックイースト」なはずだったではないか。

日本は、12日、インド洋方面国家群のインフラ整備の
お手伝いを始めることを表明した。

わが日本は
国際社会に強い影響力を行使し続けている。

日本のマスコミも、寝ぼけたことをやっていないで
現実を直視するようにしてほしい。

捏造報道を1年4カ月も続けるようでは
社員がかわいそうではないか。

変われなければ消えていくのみだが、
上手に変わるものだけが変わらずに残り続ける…。
posted by 大下伸悦 at 06:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

農園拓き40日で無農薬無肥料野菜の販売が始まった。誰でもできる

ゼロから始める人気の野菜の菜園づくり。


40日で繁盛直売所(車113台収容)への
出荷も日常化…。


クワのみで729u(2反4畝)開発…。
無農薬で無肥料です。
草に困らない栽培法。
同じウネで既に3作目に入っています。

もう毎日販売されています。
虫食いがないのです。
(小松菜を、虫食いがあるように
実験栽培したところは
やはり少し虫食いがあります。)

モグラがピタリと収まりました。
カラスは来ません。
近くにムクドリの大群がいるのに
来なくなりました。
猿にも
猪にも
鹿にも無縁です。

栽培ごとでは生活していけない、といっているのは
誰ですか?


年齢がある程度になったら
らくでなければ続きません。

ほとんど、クワ無しで続けられます。

何を売り出しますか?
私は、だいこん・4種のレタス・こまつな…。
キャベツ・はくさい・にんじん・たまねぎ
大浦ゴボウ・黒大豆(現在生育中)

予定しているもの
ビワの葉・果物数種・ニラ・よもぎなどの野草

研究したいもの
シジミ

年内に、JAから大田市場等へ送られる野菜が
出荷できるように計画的に作付をしていきます。

◎6月27日にお披露目します。が、
既にこの日は定員いっぱいとなっています。


◎7月14日には横浜で経過報告会を
ひらきます。
また、南木曽のGOP流水亭を、
岐阜県羽島郡岐南町に仮移転しました。

そのお披露目を兼ねます。

13時30分より開催。会費3000円。 一般4000円。

会場:大綱会館(横浜市港北区樽町2−13−2)

まもなく
正式にご案内いたします。

なお、9月9日は大阪(JR天満駅並び).
国労会館会場にて
「農園拓きから販売までの手引き」の
講演会を行います。
posted by 大下伸悦 at 09:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農園拓き40日で持農薬野菜の販売が始まった

ゼロから始める人気の野菜の菜園づくり。


40日で繁盛直売所(車113台収容)への
出荷も日常化…。


クワのみで729u(2反4畝)開発…。
無農薬で無肥料です。
草に困らない栽培法。
同じウネで既に3作目に入っています。

もう毎日販売されています。
虫食いがないのです。
(小松菜を、虫食いがあるように
実験栽培したところは
やはり少し虫食いがあります。)

モグラがピタリと収まりました。
カラスは来ません。
近くにムクドリの大群がいるのに
来なくなりました。
猿にも
猪にも
鹿にも無縁です。

栽培ごとでは生活していけない、といっているのは
誰ですか?


年齢がある程度になったら
らくでなければ続きません。

ほとんど、クワ無しで続けられます。

何を売り出しますか?
私は、だいこん・4種のレタス・こまつな…。
キャベツ・はくさい・にんじん・たまねぎ
大浦ゴボウ・黒大豆(現在生育中)

予定しているもの
ビワの葉・果物数種・ニラ・よもぎなどの野草

研究したいもの
シジミ

年内に、JAから大田市場等へ送られる野菜が
出荷できるように計画的に作付をしていきます。

◎6月27日にお披露目します。が、
既にこの日は定員いっぱいとなっています。


◎7月14日には横浜で経過報告会を
ひらきます。
また、南木曽のGOP流水亭を、
岐阜県羽島郡岐南町に仮移転しました。

そのお披露目を兼ねます。

13時30分より開催。会費3000円。 一般4000円。

会場:大綱会館(横浜市港北区樽町2−13−2)

まもなく
正式にご案内いたします。

なお、9月9日は大阪(JR天満駅並び).
国労会館会場にて
「農園拓きから販売までの手引き」の
講演会を行います。
posted by 大下伸悦 at 09:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする