2017年08月24日

食糧危機が来ようが、金融封鎖があろうが、超高齢になろうが…にっこり笑って穏やかに生きていこう。 食糧危機が来ようが、金融封鎖があろうが、超高齢になろうが… にっこり笑って穏やかに生きていこう。


毎年1月恒例の「夢をもって楽しく生きる会・幸塾GOPの新春の集い」も
来春で22回目になります。

神聖にしてめでたい新年の門出です。
そろそろ登壇頂く方々を内定いたします。
「何ごともないかのようなのんびりした生活ができる。」
「なにより、健康であり続ける。」
そこを優先してまいります。

当たり前?いえ、当たり前とは言えない時代に入っています。

----------------
来春を起点にすれば
2年経つと「女性の半数が50歳以上」になります。
そこから4年経つと「3人に1人が65歳以上」になります。
どうか、寝たきりにならないように…。
痴ほう症にならないように…。
生活できないということの無いように…。
-----------

スピリチュアルがはやるのは、下記のような現実から
逃げるという面がある、というひとがいます。が
そのとおりでしょう…。

「死ねばこうなる」といわれたって、
「生きているいまをどうすることもできない、という時代を
迎えているのです」
----------------
例えば、
お年寄りが、さらに年老いた親の介護をする。
親が徘徊を始める。寝たきりになる。
いまだって月8万程度の年金では食えないのに
介護費だけなど負担できるわけがない。
年金が多い人だって食えなくなる。
火葬できない。墓がない。
いままでの商売は成り立たなくなる。客がこない。

そんな中で、世界は人類始まって以来の大変革の真っただ中に
突入している。(第4次大産業革命というけれど、それ以上の変化)
-------------
あなたは下の状況を説明できますか?
いままでは「愚痴」を言ったり、
政治批判をしていても食えてはいましたが、
もうそうはいかない時代に突入しているのではないですか。
−−−−−−−−−
ビッグデータが産業を支配しはじめる。
人工知能どうしが会話をはじめだした。
車が運転者なしで走り始める。
仕事のほぼ半分が消えてなくなる。
シェアリングエコノミー
銀行がフィンテックに馴染めない。
インダストリー4.0
UberEATS

食い物は誰がつくるのか。
誰がどうやって運ぶのか。
−−−−−−−−
こういう現実(変革の波)からは
目をそむけたくなります。
故船井幸雄は「スピリチュアルはほとんど嘘」と
言い残しました。
でも、スピリチュアルに逃げ込みたくなるのは
判ります。
−−−−−−−−
変われないものは変われないがゆえに
消えていくしかない。
新春にあたり
しなやかにゆったりと生きていける手順を踏んでいきたい。
と、思います。
−−−−−−−−
しかし、仕込みはもう終わりました。
2017年の6月でレールは敷き終えましたので
あとは楽しんで、大変革に応じ、
経済的に困らない穏やかな生活を送っていくことが
できるようになります。
−−−−−−−−−
2018年新春の集いの候補

松岡沙耶さん(やっと見つけた救世主.無思考でできる)
      (しかも世界的に知られた職業)
松下明弘さん(10年以上無農薬で草が生えない田んぼの実践者)
      (玄米ご飯用の胚芽の大きいお米を発見。よく知られ出した)
船瀬俊介さん(3度目の登場なるか?本物探求者.松岡さんが無理な時は船瀬さん)
横山 卓さん(ビックリ!ほとんど触らないのに・・・)
近藤洋一さん(トータルヘルスデザイン社主)
大下伸悦  (他人事ではない。自分のためにも大変革に合わせた生き方を構築)

食糧危機が来ようが、金融封鎖があろうが、超高齢になろうが…
にっこり笑って穏やかに生きていこう。

おおした



posted by 大下伸悦 at 06:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

久しぶりに「著作は骨身を削る」を体験しています。


強烈!
「運の引き寄せ/吸引ステーション」のパワー

人生!
所詮運のいいひとにはかなわない!

もうそろそろ、真・善・美・健の領域に生きていい

著作も生き物なのですよね。

やっと生命が入り込んできました。


編集長に感謝!

昨日の「ユーチューバー研究会」は素晴らしかったですね。

もう全員が各々の「新潮流」に乗ってきました。
すごいなあ。

大阪の講演会、受付終了です。
ごめんなさい。
横山卓先生のセッションは、11月にも行います。
毎月開催を提案しています。

1月7日の大阪での第22回「新春の集い」には、横山卓先生も登場します。

1月13日の東京での第22回「新春の集い」は、松岡沙耶さんに登壇依頼をしています。
みなさま、松岡さんに連絡を取って出演を依頼してください。
横山卓先生は内定済です。

19日20日の松岡セッション終了しましたね。

9月26日、ユーチューバー研究会、横浜、港北公会堂2階です。
9月29日、松岡モデル体験会、会場は横浜、港北公会堂2階です。

横浜の定例会、新宿の9月、金沢はもう少しお待ちください。

新著は、間もなく校了となります。

食事を忘れていました。





posted by 大下伸悦 at 17:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

「世界の工場」は、チャイナから「インド+ASEAN」へと移行中


世界の工場は、今後5年間で、チャイナから、
「インド+ASEAN」へ移っていく。
ASEANでも「特にタイ・ベトナム・インドネシア・マレーシアが
世界のものづくりセンターに
なっていく」。

◎ この研究結果の発表は、世界最大の会計事務所
デロイト・トウシュ・トーマツ(DTT)のものである。

チャイナは「世界の工場」としてのポジションを失いつつある。というのは
上記の発表を待つまでもなく、多くの人の共通認識である。

転載はここまで。


「工場の神様」は、
外資企業の対中投資の減少
撤退企業の増加
人件費の高騰を見極めて
次なる地へと向かう。

しかし、チャイナは内需拡大で、安定成長へと
向かうだろう。
同じ東洋の隣国が豊かになってきたのだから
悲観するほどのことではない。

「世界の工場」の移行の流れは人件費の低いところへ
低いところへと流れていく宿命にあるのだが、
日本だけは唯一例外となっている、という点に
お気づきだろうか。

日本は、まったくもってすごい国だ、ということがいえる。
もちろん他国と比較してでの話である。

日本のメーカーは、続々と日本回帰を進めている。

日本の「6期連続GDPアップ(前年比)」は、
お見事といえるのではないか。

9月には、日本の宰相安倍氏の「インド訪問」がある。
チャイナが他国領に平然として道路をつくっている。
インドとしては動かざるを得ないだろう。

実に絶妙なタイミングで訪問をするものだ、と感心せざるを
得ない。

世界の首脳のなかで、もっとも有効な外交を繰り広げているのは
唯一日本だけなのだが、それの何が不満で「せっかくの独立国」を
「属国回帰」させたがるのか。

ネットの論客たちの劣化が目立ってきたように思われる。

尚、名古屋でのセミナーは9月2日です。

大阪は、9月3日4日に、5日が追加されました。
「8月22日にも開催します」との報告も届いている。

プロ講師育成計画は、順調です。

私の本も順調です。

本日も夢をもって楽しんで行きましょう。


posted by 大下伸悦 at 14:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

いそがしくも、楽しき日々


予定より数日遅れましたが
懸案のイラスト22枚を徹夜で描き終えたところです。

普段あまりやらないことを手掛けるというのは
新鮮でいいですね。

生きているという実感がします。

さて、勢いに乗って
別な原稿の校正に入ります。

2冊分、一気に進めていきます。

それが終わったら
古代文字での書を一葉、仕上げます。

そして、お伊勢詣でです。

それにしても私たちはいい時代に生かされていますね。

9月3日の大阪会場は、間もなく受付終了に
なります。あと5名かな?

おおした

posted by 大下伸悦 at 08:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

入道雲


入道雲   (おおしたしんえつ)

波打ち際に 蟹がうごめいている

濡れた砂と乾いた砂とが
ゆるやかな曲線を引いて…

打ち寄せられた海草がその線上にくねっている


今年、ひとりの海の男が死んだ

海上では
海で死んだ男の精霊流しをしていて
波間に海鳥が浮かんでいる


小型ボートに牽かれるちいさなお船には
花と果物を満載して
海の男は黄泉のくにへと向かうらしい


なぎさには
赤ん坊を抱いた若い女と
ひとりの老婦人が立ち

少し離れて
杖をついたふたりの老婦人

半ズボンの子は足元の蟹を追い
おとなたちは手を振るともなく見送っている


ジーワジーワと蝉が鳴く

見渡せば
背後の崖の上に緑が連なり
せわしない鳴き声が滝のように降りつづく


せき立てられるように
精霊流しのボートは
海の青に
白い線をひいていく

水平線には大きな大きな入道雲が…


ひとり去り
ふたり去り
過ぎ行く時の早さよ

ああ 夏がいく
ジーワジーワと夏がいく

ことしも
ひとり去り
ふたり去りして

時はますます先を急ぐ

姉は遠くにあって今年も会えず
足元の蝉も
やがては土に還っていく


おまえは何処へ行くのだ、と
潮風が吹き抜けながら呟いていく

海草を引きずりながら
水ぎわを彷徨している男の姿がある
ふと 思う
あれは だれだ


おおした (Kotaki流水)

2017年 過ぎゆきし和暦のお盆…
黄泉へと旅立つ尊敬する海のおとこへ捧ぐ
posted by 大下伸悦 at 06:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

イラスト描きを楽しむそばで、松岡システムがささやいてくる

イラスト描きを楽しむそばで、松岡システムがささやいてくる。
---------
今日は松岡システムを一回だけ実行して
それからイラストを手掛け始めたのですが、

いま見ると、
4つのペアの「↑」の予測が34回のチャンスをすべて当てています。
34回ですよ!
100%の確率、パーフェクトラインに乗っているではありませんか!
ちょっとそちらに集中したいところです。が

まあ、我慢がまん。(笑
お気に入りは最後に食べることにしましょう。


そういえば9月の定例会の予定まだアップしていませんでしたね。

金沢から9月は「どうなっているのか」との
督促がありました。

横浜の方も何人かの問い合わせ…。

問い合わせなさってこられた方々はみなさん、プロの農業者です。

いよいよ、プロたちが動き出しましたね。
喜ばしいことです。

農作物の収穫時期にその収穫物が消失しているということが
ままありますが、それは獣害とは限りませんね。
トラックでやってくる輩がいます。

嫌がらせで除草剤をまかれたり、水を止められたり…と
いったこともよく聞く話です。

農業の経営には、危険がいっぱいです。
だからこそ、安定経営の手段を模索してきました。
そして、方向は定まりました。
あとは、楽しんで手順を踏むだけです。

周囲の「自分への見方」が変わるでしょうね。
どうぞ、文芸アカデミーのカリキュラムを楽しんでください。


さて、9月の定例会の件ですが、
告知はもう少しお待ちください。


イラストもやりだすと面白くて面白くて…。

私たちは本来、文学や芸術などの創造世界を
楽しむために生きているのではないでしょうか、ね。


ところで、今回進めている松岡システムは、それだけで
ビジネスとして成り立つものです。

それを農業の合間の息抜きで行います。
ここでは「あくまで休憩用」の位置づけです。

なにしろ「サイン通りに行う無思考オペ」なのです。

安定して栽培に取り組むための保険的な位置づけです。

栽培と並行して行うのは
あくまでも「野菜のブランド化」と、
「販売促進」です。

それがユーチューブと、
写真集(著作含む)の出版だといっているのです。
ユーチューブは大人気です。
それはそうですよね。
映像作家になっていくのですから…。

なにしろ、自己表現のツールとして面白いのです。
やがては、これ自体からも報酬が発生していきます。


写真撮りのテクニックなどは、
気分転換を兼ねて楽しみながら行っていきます。

1月の「新春の集い」には登壇して
野菜と農園の宣伝をなさってください。

あれ、いま、松岡さんのところから電話が入って
きました。

なんだ、本人じゃないじゃないよ。(笑

最初のころは本人から掛かってきたのですがね。

さて、色彩を施しましょうかね。

大下


posted by 大下伸悦 at 18:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

32年前の航空機事故が、同じ条件下で・・・。


8月12日.
坂本九さんの死から32年、まったく同じことが
かろうじて未然に防がれた、というのか。

墜落?したJL123便と、NH37便のトラブルが酷似している件


http://ameblo.jp/kissy-seed/image-12301199757-14004116534.html

https://togetter.com/li/1139565

誰が乗っていたのだろう。
32年前はトロン開発者が大勢登場していた。
偶然であるはずがない、というのが正直な思いである。

http://kabukachan.exblog.jp/26296122/
posted by 大下伸悦 at 12:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

「ピ・ポ・パ」禁止令

「ポ・ポ・パ」禁止令
-----------------
「無思考」でいいというのは、本業(農業)などの
「気分転換のための休憩用ツール」としては
実にありがたいものではあります。が、

この数分の休憩が、ひとによっては「本業以上の成果報酬」を
もたらすのです。

何しろ シグナルが来たら、ガイドに沿って「ピ・ポ・パ」と
クリックするだけでいい・・・。

それだけでいいのですが、しかし、「1分待ってみたい」という
気になるではないですか。

この、「無思考でいい」というのは、私には困りものです。
休憩が休憩で済まなくなるのです。
熱中してしまう。そのうち「本業も睡眠時間も
忘れてしまう」、などということになりかねません。

まあ、本業以上の月収があがりだせば、気分転換側が
本業になってしまうのだから、「その方がいいか」と
いう訳にはいかないでしょうよ。いくらなんでも…。(笑

人間どうしても眠くなれば、眠ってしまう生き物なのですから、
勝手にしなさい、とでも言っておけばいいのでしょうね。

わたしも、加津間さんにセットしていただいて
明日から「気分転換装置」で気分転換をはかるはずなのですが・・・
どうでしょう。気分転換ドランカーなんてことになってしまうそうな
予感がしています。

というのも、無料版でそのような状態になっていたのです。

「イラストを急げ」とも言われているし、本業もあるしねえ。
やむを得ず、当分の間は封印ということにいたします。

う〜〜む…、まあ、表向きは、ということになるのでしょうねえ。

新規就農の初月から、安定報酬を引っ提げ、悠然と栽培を楽しめる、という
仕組みは提案し終えたので、次は「病気知らずの医者いらず編」に、
取り組ませていただきます。

腰痛だの、ひざ痛だのとメールを頂いても迷惑ですからね。
日本人は、「痔」が多いのですってねぇ。

採れたて「自然野菜」で健康を常態としていく前に、
まずは、心身の異状をただす方法をお教えいたしましょう。

しかも、家族やご近所さんの異状をただすやり方を伝授いたします。

といっても、私が行うわけではありません。

横山卓先生に大阪、静岡で体験会を行っていただきます。

ご自身でできるようにまでなっていただきましょうね。
それが、結構、簡単そうなんですよ。

あのう、私は「体理学研究会」の会長をやらさせていただいて
おりましてね。
わたしもできないわけではありません。しかし、横山卓さんには
感服しました。
実は、わたしも改善するところがありまして、それで大阪で
開催するのです。

おおした
posted by 大下伸悦 at 09:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

お願い。「ロイヤルバンクシステム」の方々は、8月19日20日参加、よろしく。


「松岡モデル」のロイヤルバンクシステム」の方は、
どうか、松岡セミナーにご参加なさってください。

いけない方は代理を立ててでもいいですので
よろしくお願いします。

活発に電話やチャットでのやり取りを
行うようにしてください。

わたしもKさんにセットしていただいて
RB&RBを始めました。
無料版のとき、実戦でプラスの経験は積んでいます。



モシモシークス(]モバイル)の代理店候補の方々は、
最初のアクションを起こし終えたら、
私宛にメールでお知らせください。
メッセンジャーでもいいです。

わたしは「ライン」はいったん解除しました。
売らんかなの餓鬼どもがうるさすぎるためです。
しかし、セイセイしすぎるきらいがあります。(笑


おおした

よろしくお願いします。
posted by 大下伸悦 at 17:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界的停滞のなか、日本インドの国力の拡大が続く


ロシアからのハムソーセージなど精肉製品が日本へ初出荷!
USAやヨーロッパの対ロシア制裁(ヒステリー)が続くなか、日本の独自路線が際立つ!

G7メンバーのなかで唯一「対ロシア交易拡大」を進める日本は、
欧米支配層からすれば、許せないこと…。

「自主自立路線を進める安倍、許すまじ」ヒステリーが、モリ蕎麦カケ蕎麦の
無理筋攻撃!支持率下落操作も同じ!

「日本国の独立許すまじのネット国賊どもをもっと煽って
日本を再び隷属国へと引きずり戻せ!」との悪意に気が付かないものなのかねぇ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
以下、スプートニク日本(8月12日配信)

ロシア極東地方の精肉分野リーダーである「ラティミル」社は、
環太平洋地域の諸国へ肉製品の輸出を開始した。初出荷商品は日本に届いた。

営業部長ピョートル・ミゾノフ氏によると、同社の製品は
今日すでに、日本の一連の小売・ホテルチェーンに届いている。

輸出開始の決定は、日本の農林水産省の代表団がラティミル社の生産現場視察後に取った。


ラティミル社の製品は『ロシア最高の製品トップ100』リストに入っている。

製品の質はロシア全土でも地域レベルでも、一度ならず指摘されている。

また同社は、『製品部門ナンバー・ワン企業』や『2016年度分野リーダー』の
称号を得ている。

以上。
日本は着々と「対ロシア交易拡大策、対ヨーロッパ交易拡大策、
対ASEAN交易拡大策」を繰り広げていっているではないか。
おみごと!


posted by 大下伸悦 at 14:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

自分史の「自費出版」がブーム


文芸アカデミーの出版
続々と・・・です。

さて、中日新聞夕刊にも載っていましたが、
いま、大変な自費出版ブームとのこと。

要するに自分で多額のおカネを出して
出版するのが「自費出版」です。

印税の発生はなし。
自費出版の勧誘広告予算はとっても、
出版した人の本の販売広告予算は採らないのです。

要するに、販売努力はしてくれません。

そこで
忠告!

自費出版はやめなさい!

出版費を出すのではなく、
印税が発生する出版を行いましょう。

◎ 大阪の康村さんの作品用資料は
すでにK編集長の手元にわたっています。

◎ 佐久の臼田さんの写真集は着々と揃えられてきています。

どうぞ、文芸アカデミーから、出版をなさってください。


◎ つづいて俳優さん候補のオーディション
安部寛を発掘した佐藤監督のもとで
俳優さんに慣れたらいいですね。
http://audition-eiga.com/tuaozo/?code=6iluyuA-9-3

posted by 大下伸悦 at 11:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逝った後にまで 親不孝


朝晩の 寒蝉 谷に こだまして


亡き母や 14度目の お盆なり


今年も帰れず 逝った後にまで 親不孝
posted by 大下伸悦 at 09:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

9日の大阪のセミナーからは新たな可能性が見いだせます。


9日の大阪は二宮講師と康村講師に担当していただきましたが、
予想どおり、大盛況だったとのことです。

仮に「毎日行います」ということになったら、
わたしだったらどうするでしょうう。

わたしは毎日通います。
だって銀行にカネを預けに行くようなものですからね。

会場に出向かなくても
各人がご自宅で行える日を
つくっていきますので、
お楽しみに…。
ご自身のパソコンで行えるようにするのです。

「新規に就農をしたのだけれど、勤め先がなくて生活が成り立たない」と
いうのは変ですよね。
ことごとくそのようにおっしゃいます。
そのあとはどうなるのか。
逃げ帰るひとが多いというのが現実です。

農業の分野だけはそんな馬鹿げたことが現実なんです。

「農業をしているだけでは生きていけない」というのは
おかしなことです。

私の本を読んで今までの安定月収を立ってしまうひとがいます。
栽培の分野に関わりだすのはいいのですが、
独立して
1年経っても、月収らしきものにありつけない、という方が
身近にいるとき、私は我慢できません。

「国から助成金をいただいて、更に、融資を受けたうえで
大規模にやればいいじゃないか」という借金返済農を
説く人がいますが、

それでは、「家族単位で栽培ごとを生業としていこう」という方は
どうしたらいいの、ということになってきます。

そこで、今回はドンキホーテ役を自らに課して
試行錯誤を繰り返してきました。

ヒカルランドでの出版記念講演でその宣言をしてからというもの、
七転八倒の連続でした。が、なんと実質4カ月で
解答のいくつかを手繰り寄せることができました。

もう大丈夫です。

昨日は格安スマホの講習会に行ってきました。

宣言どおり、上手な新規就農法をお伝えできるように
なりました。

みなみなさまに、心から感謝しております。

おおした



posted by 大下伸悦 at 08:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

B君が7月末で「会社を辞めました」と….


実は「7月末で会社を辞めました」とB君。

「11月末から始めて、8カ月で3600万円ほど
おカネが貯まりました」

「見ますか」

「うん、見せて・・・」

スマホでの口座の残金を見せていただきました。

口座は2つあって、その2つを足せば
確かに3600万円以上にはなります。

薬のチェーン店で「ダイコク」というお店があります。が、
彼は、そこの店員をしていたのですね。

「その先は、どうするの?」

という話から
いろいろと伺いました。要するに彼がどうとかいうより、

10年ほど前なら
あり得ない世界が展開されているということは
よくわかります。

新しい時代の流れに「好奇心」を持ったか、持たなかったか、
それだけの違いなのですね。

つくづく面白い時代です。

年齢にして20代後半かな?

新しい時代を否定語で受け止めていても
ろくなことにならないんだろうなぁ。

まあ、B君、新たな人生を楽しんでください。

おおした
posted by 大下伸悦 at 23:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪での平日の体験会、あす(9日)水曜日です。


「来月の間違いではないか」とのご指摘がありましたが、
あすです。9日(水)です。

どうぞ、実際の報酬獲得体験を
してみてください。

ルールを再確認して、慣れていってください。

後半はユーチューブの続きです。

300円の映像教材は、
今日の情報では、あれだけで月間200万円の安定月収のひとが
出てきています。
あれって、なにも難しくないですよね。
誰にも喜ばれます。

どうぞ、関西は二宮さんに聞いて行動に移してください。

わたしは、あす、格安スマホの代理店候補さん向けに
情報を仕入れてきます。

Tさん、12時45分に現地で落ち合いましょう。
もう一人の方は申し込んであるのかな?

おおした
posted by 大下伸悦 at 20:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする