2019年09月15日

トマトの茎を横たえて、冬栽培用にチェンジ

◎どのようにチェンジするのか?

地上に伸びているトマトの茎を横たえて、
土をかぶせ、今後は「根っこ」として
貢献してもらいます。

●2b位に伸びたトマトを
生え際はそのままにして
横たえます。

どこに横たえるか? ラインを引いて
位置を決め、
横たえて土を被せます。
これだけで
冬栽培用のトマトに
早変わりさせます。

10b2列..。
昨日は、1列のみ実行....。

ラクでしょ!
昨日は、それを楽しみました。

夏に大活躍してもらったトマトの茎には、
今度は地下茎としての
根っこ生活が待っているのです。

●地上には、概ね50a間隔で
トマトの茎が
5本生えているかに
見えますが、
地下では1本です。

5本は、それぞれ独立した個体に
なっていきます。が、
地下茎を切り離さなければ
苦楽を共にする
1個の生命体でもあります。


●5本の茎の生え際には、
例によって

ブレスレットのように
カーボンセルのリングをセットします。

このリングが植物を元気にします。

●土壌は耕しません。が
茎に被せる土は、
実はセルのリングと同じ
「鉱物化した古代植物」と
ルーツは同じです。

初の試みです。

●私が行うことは、単純で
ラクですが、
好奇心に溢れています。

せっかくの人生、楽しみましょうね。

おおした
posted by 大下伸悦 at 14:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする