2019年09月14日

へちまのパーゴラ(日よけ)成功!毎日が楽しい


へちま水を採るなら「仲秋の名月」....。

へちまは一株だけ植えたのです。

真夏の陽射しを
和らげるためでした。

瓦礫(ガレキ)の土の位置に
プチドーム(メッシユ空間)を
手造りし..、

紫蘇(しそ)の真夏栽培実験を
行ったのですが....。

土壌も植物たちも…
ガレキのままの栽培放棄地を
特別な空間として
認知してくれたのでしょう。

写真は、ガレキの土育ちの
「へちま」の収穫写真..。

加藤Nさんのリクエストによる
無農薬での
紫蘇の真夏栽培も
大成功!

驚きました。空間がドンドン
変化していくのがわかります。

へちまのパーゴラの目論みは大成功。
(遮光ネット必要なし確定)

さあ、仲秋の名月のへちま水....!

懐中電灯を咥(くわ)えて
プチドームへ潜入!!
posted by 大下伸悦 at 16:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする