2019年02月08日

EUさん、大変ですねぇ


英国のEU離脱は世界の「シティ(世界の金融センター)が離脱するということである。
困るのは英国ではなくドイツやフランスなどを従えるEUである。
EUとは、「国家群の上に位置する支配者」である。
「移民難民を受け入れよ」と言われ、「は〜い」と言って受け入れの中心となったのがドイツである。
渡航費用をもらって西欧入りをなした人々は、予定された大戦の予備軍の位置づけにあるというひとがいるが、そこまではどうか。そうかも知れぬ、ではないが…。
EUのトップたちは、英国のメイさんが女性だからなめているわけではないだろう、が・・・さまざま、嫌がらせを仕掛けてくるだろう。
◎1月、日本の首相が「英国とオランダ、スイス」を巡った。いずれも世界金融の中枢部がある。
英国と日本が深くつながれば、トウキョウに「双頭のシティ」が連想される。
EUも日本を頼りにし始めているのだから、表立っては日英同盟を邪魔立てはできない。
「エ〜イ、クジラデモでも仕掛けさせて揺さぶってみるか」
かくて、英国内で唐突に日本の国際捕鯨委員会脱退反対、オリンピックボイコットしよう!のデモが仕掛けられた。(ノカモ、としておく)
シーシェパードの写真を見ると、10年も前の写真が使われている。(大笑い)
予算を出してくれる人が消えたはずだからもう活動していないだろうよ。それともEUが臨時予算をだすのかな?バカバカしい。
◎ちなみに、コリアは日本の4倍のクジラを捕獲(年間)し続けている。しかし、それを攻め立てる国はない。
◎日本は、長年、大赤字で南氷洋の調査捕鯨に閉じ込められている。言うとおりにしてきたのだ。
◎日本の2艘の捕鯨船はもう廃船段階にある。南極までの遠征には、もう無理がある。
◎自国の領海内に閉じこもろう。すると、クジラの捕獲量は、いままでの範囲内となる。増えるわけではないのだ…。
すると、日本近海のイワシ・サンマ・アジがクジラに食べられ過ぎている状態に変化がおこる。程よい海洋資源を保てるのだ。
※なぜコリアが日本の4倍を獲り続けても不問に付され、ルールを守っている日本だけがいじめの対象になるのか…。
※それは、「日本」だから、日本故なのである。
結論:日本は「非常によい決断をした」のである。いつまでもひれ伏していないで自立して生きよう!
※コラ!古い写真を持ち出して世論操作をするんじゃない!!
昨今、ばかばかしいことがどんどん浮き彫りになってきた。
いい傾向といえそうだ。
英国よ、苦しければ、選手個人名での参加を許そう。(笑

-----------------------☆3月17日(日)
☆麗しき日本…祝.天皇御譲位 奉祝の集い
皇紀2679年…人類に残されたひな型の国 日本
◎会場  飯田橋TKPスター会議室2F
       住所:千代田区飯田橋3‐4-3
◎東京大神宮へご参拝.
◎「日本のこころ.大祓詞.大嘗祭に…」= 権禰宜 小野善一郎師                      「湯島天満宮権禰宜」
◎「素戔嗚尊.天照大御神の精神宇宙と天皇」= 大下伸悦先生                      「伊勢神宮神代文字奉納文保存会」13時15分 開場/受付
13時30分 開会
16時30分 終了
◎参加費 2000円

◎申し込みフォーム: https://ws.formzu.net/fgen/S61293052/
◎アクセス:JR飯田橋駅東口徒歩2分.       東京メトロ飯田橋徒歩2分
主催:天皇御譲位奉祝の会.担当Yike
ご連絡:090-3570-0291
posted by 大下伸悦 at 14:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする