2018年06月16日

トランププーチンがトップでいるうちに完全自立させよう



プーチン安倍の関係が
日本の自立路線を進めていく。

トランプ安倍の関係は
強烈な盟友関係となってきている。
トランプ氏の大統領体制が
つづくうちであれば
日本は完全な自立が果たせる。

ジャパンハンドラーが
なりを潜めているいまがチャンス!

自立を邪魔し足を引っ張り続けるのが
日本国民の大多数。

それは、
朝日毎日東京NHKなどの新聞テレビの
報道に思考行動を支配されてきたからだ。

Asahiは、ありもしない南京大虐殺をねつ造した。
ASahiは、ありもしない慰安婦連行をねつ造した。
Asahiは、ありもしないモリカケ冤罪を
ねつ造しつづけたが、失敗した。
結果、Asahiは存続の危機に瀕している。

日本のGDPは、1997年までは伸び続けていた。
そして、2016年にその1997年を上回り、
2016・2017・2018と年々上回り続けだした。

https://www.youtube.com/watch?v=K0A6_RrIKTw


トランプ氏は選挙公約どおりに
北コリアの若いリーダーに会って
戦争終結の道筋をつけた。
金君は、トランプ氏と会ったことで
自身の立場の保全と、国家の自立を
トランププーチン氏に託すことに
可能性を見いだした。

金氏が共産チャイナの習氏の側と
対峙しだすなら、
なるほど、核の放棄はことさらに
急ぐ必要はない。

トランプ大統領が「米韓軍事演習」を
中止することは、国際社会に
大きな利益をもたらす。

6月12日には、台湾にアメリカの
事実上の大使館の建物が完成し、
祝賀式典が催された。

貿易戦争という名の戦争が
始まった。
チャイナはトランプマジックに
掛かったのかも知れない。

いずれわかる。

チャイナよ。沖縄にちょっかいをだすな。
北海道から手を引け。
尖閣については、日本国憲法の改正を待て!

USAは、まず日本の制空権を返還せよ!
posted by 大下伸悦 at 11:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする