2018年06月14日

農園拓き40日で無農薬無肥料野菜の販売が始まった。誰でもできる

ゼロから始める人気の野菜の菜園づくり。


40日で繁盛直売所(車113台収容)への
出荷も日常化…。


クワのみで729u(2反4畝)開発…。
無農薬で無肥料です。
草に困らない栽培法。
同じウネで既に3作目に入っています。

もう毎日販売されています。
虫食いがないのです。
(小松菜を、虫食いがあるように
実験栽培したところは
やはり少し虫食いがあります。)

モグラがピタリと収まりました。
カラスは来ません。
近くにムクドリの大群がいるのに
来なくなりました。
猿にも
猪にも
鹿にも無縁です。

栽培ごとでは生活していけない、といっているのは
誰ですか?


年齢がある程度になったら
らくでなければ続きません。

ほとんど、クワ無しで続けられます。

何を売り出しますか?
私は、だいこん・4種のレタス・こまつな…。
キャベツ・はくさい・にんじん・たまねぎ
大浦ゴボウ・黒大豆(現在生育中)

予定しているもの
ビワの葉・果物数種・ニラ・よもぎなどの野草

研究したいもの
シジミ

年内に、JAから大田市場等へ送られる野菜が
出荷できるように計画的に作付をしていきます。

◎6月27日にお披露目します。が、
既にこの日は定員いっぱいとなっています。


◎7月14日には横浜で経過報告会を
ひらきます。
また、南木曽のGOP流水亭を、
岐阜県羽島郡岐南町に仮移転しました。

そのお披露目を兼ねます。

13時30分より開催。会費3000円。 一般4000円。

会場:大綱会館(横浜市港北区樽町2−13−2)

まもなく
正式にご案内いたします。

なお、9月9日は大阪(JR天満駅並び).
国労会館会場にて
「農園拓きから販売までの手引き」の
講演会を行います。
posted by 大下伸悦 at 09:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする