2018年04月09日

明治150年紀の東京大神宮への奉祝奉納「シンギングリン」照沼ゆかりさんによるご奉納でした。



7日の旧江戸城の外濠へのEMお団子投げによる
水質浄化…。

大雨強風予想がピタリと止み、
しかし、例年ならピークの桜並木の
満開は1週前がピークとなっていたため、

大混雑で会場にも入れないだろうハズが
らくらく入れました。

当日は、予約をしても混雑しすぎて
絶対に無理!といわれていたとのことでしたが、
私は直観にしたがって行います。

ボート客はほかにはおりませんでしたので
これもラッキーでした。

東京のお伊勢さん、東京大神宮へは正式参拝、
照沼ゆかりさんのシンギングリン奉納も
華麗に執り行われました。

世界中から植民地が消えた遠因は、
極東日本の「明治維新」といっていいでしょう。

しかも、悪意で仕掛けられた戦争でしたが、
結果として
全世界から植民地が消えたのです。

東京大神宮は
明治天皇が東京のお伊勢さんとして
用意してくださった大神宮です。

そこでのお祝いができたことに
とっても満足しています。

環境浄化の象徴としての
お壕の浄化は、
その場が東京水上倶楽部として
開設100周年でもあったことから、
合わせてお祝いさせていただきました。

参加者は絞らせていただきましたが、
兵庫県、滋賀県からもご参加くださり、
贅沢な一日となりました。

ありがとうございました。



お隣の施設「アマテラス」は
環境浄化運動の映画上映にはうってつけの
贅沢な施設でした。


何ものかに護られた奇跡的な一日と
なりました。


ありがとうございました。
posted by 大下伸悦 at 12:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする