2018年02月13日

祝.日銀総裁黒田さん、まだ早いかな

主役は自分…。日本もやっと自立度を高めてきました。
しかし、謙虚に、確信をもって進んでまいりましょう。
今日も良い日となります。

日銀の黒田さんの功績は大きいですねぇ。
彼だけではありません。
もちろん、安倍晋三さんには
感謝しております。
しかし、道半ばですよね。

沖縄や対馬や北海道を「世迷言」で横取りされないように
お願いします。

また、米軍に占領されている基地と
制空権を早く正常に戻してまいりましょう。

こんなことを述べると
国売り族から毛嫌いされるのでしょうか。


日本の大企業をかたっぱしから
異邦人に献上し続けたのは、
小泉さんと竹中さん。

しかし、本当にその流れを
つくっていたのは、
官僚機構とマスコミを
牛耳っていた異邦人。

日米委員会だの次官会議…。

いつまで寝ぼけたことを
やっているのでしょうねぇ。

経営権は株の支配であるのでしょうが、
安倍黒田に代表されるグループは、
日本の大企業も中堅企業も
日本国の手に
取り戻したのですから
あっぱれです。

国の借金とやらも
もうほとんど無いに等しいでしょう。

全くないというのも
不自然です。

安倍黒田財務省ラインは
通貨発行権を持っているのですからね。
世界でも珍しい独立性を持っています。

財務省と日銀は親子の関係にありますから…。
連結にしたら何の問題もないし、
すべて合法なのですからあっぱれです。

日銀の株運用もそうですが、
年金基金の運用を預かる独立法人も
お見事です。

株が下がった?
何をいうてまんねん。

下がったら買うでしょうよ。
支配権がどんどん膨らむ。

3ヶ月で6兆円も儲けたなんて、
別に「利確」をしたわけではないけれども…、

暴落は驚きではなくて
買い場なのではないですか?

YENは必要に応じて発行すれば
いいのでしょうからね。

国債も株も
もはや外国のハゲタカどもには
太刀打ちできない。そういう国が
日本なのでしょうねぇ。

さあ、日欧自由貿易も
TPP11も
更には、日露貿易も
順調なほどに
謙虚に謙虚に進めてまいりましょう。

台湾の震災への気配り、安倍首相
ありがとうございました。

日本国総理が
直接コリアへ乗り込んでまでしての
直球投球…、
図々しいまでの「物言い」、
ありがとうございました。

親チャイナグループ(国売り)の
切り崩し工作を
見事に跳ね返しましたね。

ところで、
早く欧州の「鶏卵」を輸入してください。
そうすると日本の鶏卵も
食べものとしてまともなものになるでしょう。
ニワトリ虐待牢獄飼育、抗生物質まみれの飼育法、
まっぴら御免こうむります。
(欧州でもブラジルでもアフリカでも違法な飼育法、
それが日本の飼育法)

私は、牛肉も豚肉も食べません。
しかし、子どもたちには食べさせないわけにも
いきません。

NZやOGの牛は放し飼いでの牧草地栽培でしょう。
キングコーン飼料や抗生物質まみれの
肉はアメリカさんであろうと
日本産であろうとまっぴらです。

まともなものを市場に流通させることです。

日本の不自然な飼育は
正さざるを得ないでしょうね。

身体に悪いものを供給している業者を
日本国として守らなければ
ならないというのは
全くもっておかしいではありませんか。

そうではありませんか。

だいいち、鹿や猪が日本中に
放し飼いになっているのだから、
どうしても食べるなら
そちらをどうぞ。

ちょっと言い過ぎました。

いちはやく飼育法を変えてまいりましょう。
例えば岩手県岩泉町の短角牛は冬でも放し飼いです。

返す返すも無礼な物言いの段、ごめんなさい。

大下

posted by 大下伸悦 at 05:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする