2017年08月13日

世界的停滞のなか、日本インドの国力の拡大が続く


ロシアからのハムソーセージなど精肉製品が日本へ初出荷!
USAやヨーロッパの対ロシア制裁(ヒステリー)が続くなか、日本の独自路線が際立つ!

G7メンバーのなかで唯一「対ロシア交易拡大」を進める日本は、
欧米支配層からすれば、許せないこと…。

「自主自立路線を進める安倍、許すまじ」ヒステリーが、モリ蕎麦カケ蕎麦の
無理筋攻撃!支持率下落操作も同じ!

「日本国の独立許すまじのネット国賊どもをもっと煽って
日本を再び隷属国へと引きずり戻せ!」との悪意に気が付かないものなのかねぇ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
以下、スプートニク日本(8月12日配信)

ロシア極東地方の精肉分野リーダーである「ラティミル」社は、
環太平洋地域の諸国へ肉製品の輸出を開始した。初出荷商品は日本に届いた。

営業部長ピョートル・ミゾノフ氏によると、同社の製品は
今日すでに、日本の一連の小売・ホテルチェーンに届いている。

輸出開始の決定は、日本の農林水産省の代表団がラティミル社の生産現場視察後に取った。


ラティミル社の製品は『ロシア最高の製品トップ100』リストに入っている。

製品の質はロシア全土でも地域レベルでも、一度ならず指摘されている。

また同社は、『製品部門ナンバー・ワン企業』や『2016年度分野リーダー』の
称号を得ている。

以上。
日本は着々と「対ロシア交易拡大策、対ヨーロッパ交易拡大策、
対ASEAN交易拡大策」を繰り広げていっているではないか。
おみごと!


posted by 大下伸悦 at 14:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする