2017年08月03日

夢に翼を


我らが静岡県焼津、駿河ボクシングジムの「鈴木トレーナー」は

選手たちに天然自然な食材を提供するために「無農薬たんぼ」を
はじめられた。

その、子飼いのボクサー「青木クリスチャーノ」選手の対戦相手が決まった。

8月30日、後楽園ホールで
大橋ボクシングジムの井上浩樹選手と対戦する。

開場17時30分.試合開始17時45分.当日対戦の7組のペアのなかのひと組である。


鈴木さんの想いは熱い!

身体をつくる食材が本物でなければ本物のボクサーは生まれない!という信念のもと

自身は「無農薬」栽培の田んぼを、奥さんは自然農の畑を始めてしまった。


彼が目指すものは、天然自然な食でのアスリート生活と、

ボクサーとして現役を終えたあとの安定した生活を

組み立てていくことである。


それは、自分が直接かかわる「駿河ボクシングジム」の

選手たちだけではない。

ひろくボクシング界に関わるものだけでもない。すべてのスポーツ選手、

スポーツ界全体をわがこととしてとらえている。

かかわったものの生涯の生活、活動まで視野に入れて

安心のシステムを構築しようとしている。

そんな中でかかわりをもつにいたった農業経営者たちとも

同じ次元でとらえていらっしゃる。


赤字で、食べ物を不自然にしているようではボクサーとして
本末転倒だ!


そういう彼に共感して、ともに生計の仕組みを研究しあってきた。

雲をつかむようなテーマだった。当然ドンキホーテのような

動きの連続であった。が、

想いは予想以上に早く実現しそうだ。

収入源は大丈夫そうだ。


彼の当面の夢は「選手たちのために大ステージ」を用意することだ。

8月30日、後楽園ホールで、彼の夢の一歩がスタートする。


彼が育んできた「青木クリスチャーノ(日本スーパーライト級8位)」が

井上浩樹(同級3位)と対戦する。


応援に行けるひとは、ぜひ彼の夢に付き合ってほしい。
6千円席、1万円、1万5千円席がある。


自然農の田んぼと畑を始めた駿河ボクシングジムの鈴木さんの熱い夢に

翼をつけてあげようではないか。

おおした
posted by 大下伸悦 at 20:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする