2019年01月25日

電磁波の恐怖ですって? 問題視せず、課題視せよ

23日の講演会は私のほかにももう御ひとかた…。
その方は、電磁波の怖さを延々と話しておりました。
要するに「これ買って」…に落ちがつくわけです。が….
◎電磁波は整流されれば、生命体に良いエネルギーを発し続けるようになります。
◎住宅や会社や車など、よいエネルギー空間に変わるのです。
◎問題視すると、崩壊系の世界(病→死)へと迷い込みます。(地獄的、怒りの次元).
◎課題視すると、生きがい(喜び)が生まれるのです。
◎比嘉照夫博士は課題視する方…、利他に生きるかたなのです。
◎サルが来ない、猪がこない、というのも有益ですが、悪だ悪だと大騒ぎする電磁波が有益でありがたいものに変わってしまうなら、
そんなありがたいことは、ないのですぞ。
※エルおおさかでの新春の集いは、いま集計してもらっております。今日にも締切りということになるかも知れません。
もう初めての方はいまここで締切ります。
◎電気がないと困るでしょ。長所進展させた方がヨカですバイ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−◎食糧危機とは?「いま必要としている食べものの在庫がない」ということでありましょう。在庫が尽きるころ、補充が可能かどうか、ということでもあります。
◎1月から始まった「日本を中心とした経済共栄圏」は、まもなく16億人の糧食の安全保障体制への流れができていく、ということを示唆しています。
日本が冬のとき、豪州やNZなどは夏を迎えるのです。冬の寒さで農地を休ませる地域もあれば、必要なものは、年中どこかで栽培され続けるという「相互依存」の関係が醸成されていきます。(南北補完関係)
◎東西はどうでしょう。欧州(英国プラスEU)は、農薬など栽培基準が厳しいのです。しかし、ジャガイモカが主食の国も多いのです。
◎日本の宗主国気取りで身体に悪い飼料や食糧を供給し続けてきた、あの困り者の米国ものけ者にされたら困るでしょう。
例えば、米国は緑茶需要増で日本からの輸入が増えていますが、輸入基準に適う日本側生産のお茶は、まだまだ少数なのです。
当然健全化されていきます。現実に対米輸出は増えているのです。
◎共栄圏から外されていくコリア(韓国)の輸入食料の80%は、現在でも日本の商社が担っております。80%を、です。
これからの食糧の流通には、日本の商社がどんどん関わっていくでしょうね。
コリアがいまのような、異様なバンパイア国家であったとしても日本は、80%の輸出をストップはしないでしょう。
日本の経営は、昔から「勝ち負け(今だけ自分だけおカネだけ)経営」ではありません。

自他貢献「三方両得」の徳の経営なのです。
日本には、1千年以上続く会社が多数あります。徳の経営が長続きの秘訣なのです。
おおした
※価値観を同じにする互恵共栄圏には、米国・インドを加える時代が来るでしょう。
すると、およそ32億人の互恵経済圏になっていく…。
相互依存の共栄圏とは?戦争のない関係、ということになります。
posted by 大下伸悦 at 08:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食糧危機の可能性は・

◎食糧危機とは?「いま必要としている食べものの在庫がない」ということでありましょう。在庫が尽きるころ、補充がかのうかどうか、ということでもあります。
◎1月から始まった「日本を中心とした経済共栄圏」は、まもなく16億人の糧食の安全保障体制への流れができていく、ということを示唆しています。
日本が冬のとき、豪州やNZなどは夏を迎えるのです。冬の寒さで農地を休ませる地域もあれば、必要なものは、年中どこかで栽培され続けるという「相互依存」の関係が醸成されていきます。(南北補完関係)
◎東西はどうでしょう。欧州(英国プラスEU)は、農薬など栽培基準が厳しいのです。しかし、ジャガイモカが主食の国も多いのです。
◎日本の宗主国気取りで身体に悪い飼料や食糧を供給し続けてきた、あの困り者の米国ものけ者にされたら困るでしょう。
例えば、米国は緑茶需要増で日本からの輸入が増えていますが、輸入基準に適う日本側生産のお茶は、まだまだ少数なのです。
当然健全化されていきます。輸出は増えているのです。
◎共栄圏から外されていくコリア(韓国)の輸入食料の80%は、現在でも日本の商社が担っております。80%を、です。
これからの食糧の流通には、日本の商社がどんどん関わっていくでしょうね。
コリアがいまのような、異様なバンパイア国家であったとしても日本は、80%の輸出をストップはしないでしょう。
日本の経営は、昔から「勝ち負け(今だけ自分だけおカネだけ)経営」ではありません。

自他貢献「三方両得」の徳の経営なのです。
日本には、1千年以上続く会社が多数あります。徳の経営が長続きの秘訣なのです。
おおした
米国を除いて
posted by 大下伸悦 at 08:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする