2018年11月05日

2018年11月.幸塾/楽しく生きる会GOP/会報 の一部を紹介


                  
先日まで猛暑にあえぎ続けていたというのに、
もう寒さに首をすくめている11月、
まさに「光陰矢のごとし」の思いが
年々肌に刻まれていく今日この頃です。

◎今年は、舩井幸雄先生の
おっしゃっていらした百匹目のサル現象のことが
妙に思い出されます。

世界が変わる…、そしてなにより日本が大きく変わっていく…。
地球上に日本なかりせば、
いまだに白人国家以外は植民地だったでしょうね。

日本はその代償に、
完全独立が果たせないまま現状固定されてきました。

◎11月に入って、東京の空の制空権の一部がやっとこさ、
日本に返還されるという朗報がもたらされました。(読売11/4).
もちろん全部ではありませんが…、
一歩一歩ひとつずつ独自性が回復され続けていきます。

世界中の国家の「通貨」で、
飛びぬけて安定している通貨は、「ドルと円」のみです。

国際会議があると「我れも、我れも」と
安倍総理の前に列をなします。
それは、それは、トランプさん以上です。

世界一の超長寿国家の経済は、
群を抜いて健全活性しています。

いまや世界平和への思いは
「JAPANの安倍総理」に付託されていると
言って言い過ぎではないでしょう。
(違う?.誰に洗脳されているのですか。チャイナ?
それともアッチ系の新聞かな?)

◎10月終盤のジャパン/チャイナ首脳会談は、
チャイナ首脳の「困ったときの日本頼み」が
内外に浮き彫りにされましたね。

対談場面において、
意図的に「日本国旗を掲げようとしなかった」チャイナ習氏は、
しかし、結構首脳会談では潔かったのではないでしょうか。
(日本/属国化)の野心はついえたかにみえましたよ。

◎日本に仕組まれた「GHQの仕掛け」は、
「日本に籍を置く新聞/テレビ/週刊誌」が
日本の国益にならない報道を繰り返し続けてきましたね。

南京虐殺はどこの新聞がねつ造しましたか。
慰安婦なんてのは噴飯ものですが、
どこの新聞がねつ造しましたか?

やっとこさ、国賊メディアをネット世代の若者たちが、
糾弾しはじめましたね。

百匹目のサル現象!いま最後の坂を上り始めました。
しかし、リードするのは本来、
70歳前後の旧企業戦士たちでなければ
申し訳が立たないでしょうね。

◎しかし、11月6日の米国/中間選挙の結果、
下院の多数を民主党がとるようだと、
状況は変わりだします。

「幸塾の11月度の会報」は、
その結果を見てからお送りしますので、
しばしお待ちください。

おおした
posted by 大下伸悦 at 15:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月13日残席5です

◎新春の集い1月13日は
残席5です。

立ち見も不可とのことです。
懇親会が楽しみです。

よろしくお願いします。
posted by 大下伸悦 at 04:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ASAHIはこの動きに無反応??

◎ニューメディアが暴く背信メディア








posted by 大下伸悦 at 04:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする