2018年11月28日

子育ての場、久しぶりの六本木が、生き方を変える。出版準備中のかたは私宛へ




◎都倉俊一さんという方は
有名な作曲家(千曲以上)なんですねぇ。

「初めて六本木で
設計事務所とブティックを開業したときの
最初の仕事が彼の婚約衣装を手がけたことだった」と
いうご縁で、
全く縁がないわけでもなかったのですが、
「当時もかなり有名ではありました」。

そう思い出すきっかけが六本木俳優座での
根本拓人(役者)さんの出演なさった舞台の観劇でした。

私の事業所は、俳優座へは10歩も歩けば
壁に手が触れてしまうという至近距離でしたが、

久しぶりに行ってみた思い出の場所で
「そういえば初仕事が都倉さんの婚約者の衣装で
マスコミや週刊誌などで(ついでに)話題にされたなぁ」と
思い出したことがきっかけなのでしょうか。

都倉さんは今年は、文化功労者として
表章を受けられたのですね。

横綱審議委員でもあるのですか。
日本人横綱を激励した、などという記事に
とらわれてしまいます。

まぁ、都倉さんと違って、文化勲章などとは
全く縁のないまま
今回の旅を終えることになるのでしょうが…。

文芸アカデミーなどという出版支援事業の
代表としての活動も行うことになりましたので、
さっそく2つの出版に関わることになりました。

12月はその縁者の方々との望年会を
行おうと思っております。

出版の準備をなさっていらっしゃるひとは、
HPの告知をごらんになってお集まりください。

岐阜の農園研修と併せて、でもいいです。

出版の件は
090-3570-0291(おおした)


そういえば都倉さんは
ピンクレディさんたちを有名にした方なのですってね。
2日前まで知りませんでした。
(思い出しました。ピンクレディのおふたりともご縁が…)

-----------------------------------------------

さて、毎年恒例、23回目の新春の集い….

そのご案内…。併せて、うれしいご報告が2つ(自他貢献2つ)。
一つは1昨日ご報告の通り。

◎二つめ…。それは私たちが齢(よわい)を重ねてきたからこその「生きがいの創造法」のご紹介です。

ご自身のペースでの自然農のすすめ…。
「不耕起で、無肥料/無農薬で/いま人気の地域直売所(全国に普及)に
採りたて野菜を並べて直売し、
他者貢献をする起業法」です。

(お手本となる農園も完成。冬のきゅうりも…) 

●「簡単に/楽に/毎日収入を得る」。利益率は85%が可です。
「年金に野菜販売の収益をプラス。

尊厳高き個人事業主に簡単になれる」ことがわかると、
俄然、生きがいが生じ、病院通いとは縁遠くなります。

青森の80歳近いご婦人は年700万円前後の実績をあげているとのことです。

●ご自身の野菜が
地域のお子さんたちの健康に貢献する「自他貢献」の生き方提案その2」です。

「直売所販売で自立」するのです。

直売所はご自身の身近なところにあります。

JA直営/自治体直営/有志直営があります。
(知らない人が多いのです) 

●会とのご縁で「4月半ばから関わった岐阜の休耕地支援」では
「73歳の女性(Hさん)が彼女にとって
生まれて初めての起業」をいたしました。

「開始1ヶ月で売り上げ発生!」
「開業資金はゼロでした」。

●不耕起です。無肥料です。
無農薬です。
草に困りません(これが大きい)。

種も立ったまま種テープを敷いていきます。
しかも虫食いなしで、どなたでもできます。
(この栽培法は私たちの会のオリジナルです。新春の集いで発表) 

●この栽培法は「年金生活に入られた方(会員)のため」ということを
意識しておりますので、
若い方、忙しい方には更に有益でしょう。
どうぞ、気楽に見学/相談をなさってください。
そのための農園です。

詳しくはホームページ「夢をもって楽しく生きる会」でどうぞ。

●本物野菜で自らが元気になり、販売をすることで「自他貢献による交流」が生まれます。

※まさか、ご自身が73歳になって
「自他貢献の道」へと歩みだすことになろうとは…! と
いうのが今回のHさんの心境でしょう。

詳しくはどうぞ「HPのコラム」をご覧ください。 

●それにしても比嘉照夫先生はすごい!
数百円の手づくりキットで「猿の被害」に遭いません。

「猪/鹿/カラスの被害」に遭いません。
どぶ川や、沼や湖や海が再生されていくのです。

見返りを求めない有志の活動の輪はもう3万人を超え、
百匹目のサル現象は一気に「自他貢献/全循環の環の世界.

地球パラダイスを具象させ拡大し続けております。
これだけでもすごい…
(当然、新春の集いで発表いたします)。 


※本日はここまで…。

※「全循環の輪」というのは初めはピンときませんが、
だんだん、しっくりくるようになっていきそうですね。

しかし、「使ってほしくない」という声もありますので、
その団体には配慮しなければいけないでしょうね。

ボチボチと新春の集いの中身に触れていくようにします。

あすは東京です。





       
●池田整治さんも長年のEMの世界を広めてこられましたし、荒尾先生も量子の海からの重力子による遠隔治療を行うという点で比嘉先生の到達なさった世界につながっております。菅原克明GOP事務局長は「故飯島秀行アネモス」を継承し、宇宙の真理をお伝えするべくしての新春登壇です。田んぼの水の質を変えるだけのシンプル栽培法で死の湾を回復させた川崎満志男さんも参加なさいます。

●きゅうりの年越し栽培の準備で追われています。が、
みなさまには朗報(簡単栽培法)をお伝えできると思います。
そんなこんなで「新春の集い」のご案内は、
あまり積極的に行っておりません。
(どうぞ、気軽に集いあえる場にしましょう)
(もともと黒字ゆえ、感謝感謝です、のんびりゆったり行きましょう)
posted by 大下伸悦 at 09:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2度目の東京オリンピック & 大阪万博….夢は膨らむ



◎もうすぐ平成の御世の
 最後の12月を迎えますね。

一日一日が貴重です。

◎おひとりさま(高齢期の)が一気に
増えてまいりましたね。

必要必然ベストととらえましょう。

子育てという人生最大の
大事業を成し遂げ、
そして、ひとりとなり…、

やっと世のためひとのため…、
自他同然の域(ステージ)に立てるのです。

◎まずは、本物野菜を売り場に出させてもらい
ご近所のお子さんや臥せりがちの方々への
貢献(自他貢献)から始めましょう。

◎岐阜(岐南町)に
おひとりさまの為の「
野菜栽培/貢献法」の
お手本農園を用意しました。

年金+アルファーで
ゆったりと
他者貢献をいたしましょう。

◎東京オリンピック…、そして
 大阪万博…。
 復興の原動力になりましたね。

 そして、再びの東京オリンピック…、大阪万博…。

 還暦にほど近い55〜56年のサイクルで
 人類最古の長寿国「日本」が
 地球人類のために浮上してきたのです。

神々の取り計らい。ありがたく受け止めて
今生の旅を謳歌いたしましょう。

◎3月17日、東京大神宮(東京のお伊勢さん)の
ご神域で、「日本書紀編纂1300年前年祭」を
執り行います。

某神宮の「ごんの禰宜」と「太の安麻呂」と
「稗田の阿禮」と「大下」で執り行います。

詳細は、新年に入ってからのお披露目です。

◎東京大神宮は、JR飯田橋駅東口から
徒歩1分とのこと…。

すぐ下の外濠では「EMダンゴ」を
投じましょう。

さあ、本日も夢をいだいて
楽しんでまいりましょう。

126代天皇の御世は
4月からです。






例の23回目の新春の集い….

そのご案内…。併せて、うれしいご報告が2つ(自他貢献2つ)。
一つは1昨日ご報告の通り。

◎二つめ…。それは私たちが齢(よわい)を重ねてきたからこその「生きがいの創造法」のご紹介です。

ご自身のペースでの自然農のすすめ…。
「不耕起で、無肥料/無農薬で/いま人気の地域直売所(全国に普及)に
採りたて野菜を並べて直売し、
他者貢献をする起業法」です。

(お手本となる農園も完成。冬のきゅうりも…) 

●「簡単に/楽に/毎日収入を得る」。利益率は85%が可です。
「年金に野菜販売の収益をプラス。

尊厳高き個人事業主に簡単になれる」ことがわかると、
俄然、生きがいが生じ、病院通いとは縁遠くなります。

青森の80歳近いご婦人は年700万円前後の実績をあげているとのことです。

●ご自身の野菜が
地域のお子さんたちの健康に貢献する「自他貢献」の生き方提案その2」です。

「直売所販売で自立」するのです。

直売所はご自身の身近なところにあります。

JA直営/自治体直営/有志直営があります。
(知らない人が多いのです) 

●会とのご縁で「4月半ばから関わった岐阜の休耕地支援」では
「73歳の女性(Hさん)が彼女にとって
生まれて初めての起業」をいたしました。

「開始1ヶ月で売り上げ発生!」
「開業資金はゼロでした」。

●不耕起です。無肥料です。
無農薬です。
草に困りません(これが大きい)。

種も立ったまま種テープを敷いていきます。
しかも虫食いなしで、どなたでもできます。
(この栽培法は私たちの会のオリジナルです。新春の集いで発表) 

●この栽培法は「年金生活に入られた方(会員)のため」ということを
意識しておりますので、
若い方、忙しい方には更に有益でしょう。
どうぞ、気楽に見学/相談をなさってください。
そのための農園です。

詳しくはホームページ「夢をもって楽しく生きる会」でどうぞ。

●本物野菜で自らが元気になり、販売をすることで「自他貢献による交流」が生まれます。

※まさか、ご自身が73歳になって
「自他貢献の道」へと歩みだすことになろうとは…! と
いうのが今回のHさんの心境でしょう。

詳しくはどうぞ「HPのコラム」をご覧ください。 

●それにしても比嘉照夫先生はすごい!
数百円の手づくりキットで「猿の被害」に遭いません。

「猪/鹿/カラスの被害」に遭いません。
どぶ川や、沼や湖や海が再生されていくのです。

見返りを求めない有志の活動の輪はもう3万人を超え、
百匹目のサル現象は一気に「自他貢献/全循環の環の世界.

地球パラダイスを具象させ拡大し続けております。
これだけでもすごい…
(当然、新春の集いで発表いたします)。 


※本日はここまで…。

※「全循環の輪」というのは初めはピンときませんが、
だんだん、しっくりくるようになっていきそうですね。

しかし、「使ってほしくない」という声もありますので、
その団体には配慮しなければいけないでしょうね。

ボチボチと新春の集いの中身に触れていくようにします。

あすは東京です。





       
●池田整治さんも長年のEMの世界を広めてこられましたし、荒尾先生も量子の海からの重力子による遠隔治療を行うという点で比嘉先生の到達なさった世界につながっております。菅原克明GOP事務局長は「故飯島秀行アネモス」を継承し、宇宙の真理をお伝えするべくしての新春登壇です。田んぼの水の質を変えるだけのシンプル栽培法で死の湾を回復させた川崎満志男さんも参加なさいます。

●きゅうりの年越し栽培の準備で追われています。が、
みなさまには朗報(簡単栽培法)をお伝えできると思います。
そんなこんなで「新春の集い」のご案内は、
あまり積極的に行っておりません。
(どうぞ、気軽に集いあえる場にしましょう)
(もともと黒字ゆえ、感謝感謝です、のんびりゆったり行きましょう)
posted by 大下伸悦 at 08:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

2度目の東京オリンピック & 大阪万博….夢は膨らむ



◎もうすぐ平成の御世の
 最後の12月を迎えますね。

一日一日が貴重です。

◎おひとりさま(高齢期の)が一気に
増えてまいりましたね。

必要必然ベストととらえましょう。

子育てという人生最大の
大事業を成し遂げ、
そして、ひとりとなり…、

やっと世のためひとのため…、
自他同然の域(ステージ)に立てるのです。

◎まずは、本物野菜を売り場に出させてもらい
ご近所のお子さんや臥せりがちの方々への
貢献(自他貢献)から始めましょう。

◎岐阜(岐南町)に
おひとりさまの為の「野菜栽培/貢献法」の
お手本農園を用意しました。

年金+アルファーで
ゆったりと
他者貢献をいたしましょう。

◎東京オリンピック…、そして
 大阪万博…。
 復興の原動力になりましたね。

 そして、再びの東京オリンピック…、大阪万博…。

 還暦にほど近い55〜56年のサイクルで
 人類最古の長寿国「日本」が
 地球人類のために浮上してきたのです。

神々の取り計らい。ありがたく受け止めて
今生の旅を謳歌いたしましょう。

◎3月17日、東京大神宮(東京のお伊勢さん)の
ご神域で、「日本書紀編纂1300年前年祭」を
執り行います。

某神宮の「ごんの禰宜」と「太の安麻呂」と
「稗田の阿禮」と「大下」で執り行います。

詳細は、新年に入ってからのお披露目です。

◎東京大神宮は、JR飯田橋駅東口から
徒歩1分とのこと…。

すぐ下の外濠では「EMダンゴ」を
投じましょう。

さあ、本日も夢をいだいて
楽しんでまいりましょう。

126代天皇の御世は
4月からです。






例の23回目の新春の集い….

そのご案内…。併せて、うれしいご報告が2つ(自他貢献2つ)。
一つは1昨日ご報告の通り。

◎二つめ…。それは私たちが齢(よわい)を重ねてきたからこその「生きがいの創造法」のご紹介です。

ご自身のペースでの自然農のすすめ…。
「不耕起で、無肥料/無農薬で/いま人気の地域直売所(全国に普及)に
採りたて野菜を並べて直売し、
他者貢献をする起業法」です。

(お手本となる農園も完成。冬のきゅうりも…) 

●「簡単に/楽に/毎日収入を得る」。利益率は85%が可です。
「年金に野菜販売の収益をプラス。

尊厳高き個人事業主に簡単になれる」ことがわかると、
俄然、生きがいが生じ、病院通いとは縁遠くなります。

青森の80歳近いご婦人は年700万円前後の実績をあげているとのことです。

●ご自身の野菜が
地域のお子さんたちの健康に貢献する「自他貢献」の生き方提案その2」です。

「直売所販売で自立」するのです。

直売所はご自身の身近なところにあります。

JA直営/自治体直営/有志直営があります。
(知らない人が多いのです) 

●会とのご縁で「4月半ばから関わった岐阜の休耕地支援」では
「73歳の女性(Hさん)が彼女にとって
生まれて初めての起業」をいたしました。

「開始1ヶ月で売り上げ発生!」
「開業資金はゼロでした」。

●不耕起です。無肥料です。
無農薬です。
草に困りません(これが大きい)。

種も立ったまま種テープを敷いていきます。
しかも虫食いなしで、どなたでもできます。
(この栽培法は私たちの会のオリジナルです。新春の集いで発表) 

●この栽培法は「年金生活に入られた方(会員)のため」ということを
意識しておりますので、
若い方、忙しい方には更に有益でしょう。
どうぞ、気楽に見学/相談をなさってください。
そのための農園です。

詳しくはホームページ「夢をもって楽しく生きる会」でどうぞ。

●本物野菜で自らが元気になり、販売をすることで「自他貢献による交流」が生まれます。

※まさか、ご自身が73歳になって
「自他貢献の道」へと歩みだすことになろうとは…! と
いうのが今回のHさんの心境でしょう。

詳しくはどうぞ「HPのコラム」をご覧ください。 

●それにしても比嘉照夫先生はすごい!
数百円の手づくりキットで「猿の被害」に遭いません。

「猪/鹿/カラスの被害」に遭いません。
どぶ川や、沼や湖や海が再生されていくのです。

見返りを求めない有志の活動の輪はもう3万人を超え、
百匹目のサル現象は一気に「自他貢献/全循環の環の世界.

地球パラダイスを具象させ拡大し続けております。
これだけでもすごい…
(当然、新春の集いで発表いたします)。 


※本日はここまで…。

※「全循環の輪」というのは初めはピンときませんが、
だんだん、しっくりくるようになっていきそうですね。

しかし、「使ってほしくない」という声もありますので、
その団体には配慮しなければいけないでしょうね。

ボチボチと新春の集いの中身に触れていくようにします。

あすは東京です。





       
●池田整治さんも長年のEMの世界を広めてこられましたし、荒尾先生も量子の海からの重力子による遠隔治療を行うという点で比嘉先生の到達なさった世界につながっております。菅原克明GOP事務局長は「故飯島秀行アネモス」を継承し、宇宙の真理をお伝えするべくしての新春登壇です。田んぼの水の質を変えるだけのシンプル栽培法で死の湾を回復させた川崎満志男さんも参加なさいます。

●きゅうりの年越し栽培の準備で追われています。が、
みなさまには朗報(簡単栽培法)をお伝えできると思います。
そんなこんなで「新春の集い」のご案内は、
あまり積極的に行っておりません。
(どうぞ、気軽に集いあえる場にしましょう)
(もともと黒字ゆえ、感謝感謝です、のんびりゆったり行きましょう)
posted by 大下伸悦 at 11:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする