2018年10月27日

安倍総理は「尖閣」についても



◎安倍総理は
習氏に対し、

「尖閣についても
釘をさして帰国なさった。

◎お二人の背景には
両国の国旗が配置されていた。

いままでは
わざと外していたのだ。

習氏よ、
「今まではすみませんでした」と
言えよ。

いやいや冗談冗談

これからは仲良くしましょう。
posted by 大下伸悦 at 18:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャイナよケッパレ!(再)




◎時の権力者や、党にとって都合の悪い行いを
したものは、いとも簡単に「闇に葬ってしまったり
捕えて強制収容所送りにする国」がある。

チャイナでは、イスラム教やキリスト教の信者までも
強制収容所に囚われている。

北コリアでは、金青年のスピーチのメモを
取らなかったというだけで収容所送りになるという。

◎このような異様な国を崇め奉っている新聞やテレビが、
どういうわけか日本にはあり、
しかも野放しのままである。

◎正確には「野放しのままであった」と言い直した方が
いいだろう。

◎やっといまになって、若者たちが
「この日本を貶(おとし)め続ける新聞テレビを監視し
続けるようになった」。

チャイナの李鵬という先々代首相が「もうじき、日本は
歴史上から消える」と豪語していたことは、いまだに
忘れることはない。

コリアの先々代のトップもまた、「日本はいつでも
どうとでもできる」と言っている場面に背筋が凍りついた
ことを思い出す。

◎世界中の「白人国家の植民地」が解放されたのは、
「東洋のJAPANという国」が
この地球上に存在していたからである。

◎GHQ体制から始まった73年間に、ボロボロになって
しまったが、若者層の
おかげで、消滅することなく
再び世界の中心に位置する尊厳高き国家に
返り咲くことができそうだ。

教育現場の教科書のウソが赤裸々にされ、
他国の「工作機関紙」が、存続の危機に立たされている。

昨年は、2分間にひとりのペースで
購読契約が解約されていった新聞もある。

◎73年の間に、この国が消滅しなかったのは、意外にも
米国のおかげである。
更に、意外や意外、故ロックフェラー氏のおかげである。

◎今月25日26日の安倍総理のチャイナ公式訪問は、
「やけになって暴発しかねなかったチャイナの習/現体制」
に足かせをはめる結果になった。


チャイナの通貨「人民元」の価値は
どんどん損なわれていく。
そのとき、チャイナは
「日本に交わしてもらった通貨スワップ」で
ひとまずは「一息つける」ことになる。
ひとまずは…、である。

安倍総理は、40年も続けた「ODA/開発援助」は、
「終わりにする」と宣言してきたのである。

歴代政権は何をいていたんだよ!

「一帯一路への協力」?
そんなものはカンボジアでもラオスでも
日本が対象国のために貢献する必要が認められる
場合に限り、単独で行ってもいいし、
チャイナをかましてもいい、というだけのことで
ある。

◎いま、世界中の通貨で、信任を得ていて
鉄板状の安定した通貨は、「ドル&円
」のみである。
(ユーロも信用が揺らいでいる)。

◎4〜6月期(四半期)の日本の企業の収益率の高さに
世界中が驚いているという。(例:ウオールSジャーナル)

◎現政権の前の政権は、誰?どこ?でしたか。
枝野さん?菅さん?野田さん?辻本さんもいたっけかな?
惨憺たるものでしたね。

彼らこそが拉致被害者を返せる立場にあるのでは
ないのですかな。自分たちが政権を担っていたではないか。

◎「日本を貶めようとする連中」を
支援しますか?健全化に向けて動きますか?

日本は、65歳以上の人口が実に多いのです。

新聞やテレビで死ぬまでの
アリバイづくりをしているのもいいけれど、

ヒマだから選挙にだけは行くのですよねぇ。

棺桶に入る前に「国を壊す側に立ってみるのも
余興としてはいいのかもね」と
思っているのかどうか…。

どうせ、死んでしまえば「われ関せず」でしょうからね。


それって、実は私のことです…、けどね。


◎「女性の車の運転はご法度」と
いうけったいな国があった。

サウジアラビアである。

確か、今年の6月からは「運転をしてよし」と
いうことになったのでしたね。

カショギさんは
サウジのジャーナリストなのかな?

チャイナのように闇に葬られたの?
なんでチャイナのことは騒がないの?


===================


☆☆安倍首相の訪中に秘められた明確な戦略
株式会社 産経デジタル

2018/10/26 23:58



 安倍晋三首相は平成24年12月の首相再登板以降の約6年間で延べ149カ国・地域を訪れたが、中国に2国間の枠組みで赴くのは今回が初めてだ。当初は首脳会談も拒否していた中国が、米国による圧力が通商から人権、安全保障面へと広がる中で手のひらを返すように日本への接近を図ってきたタイミングでの訪問となった。なぜ首相は中国のアプローチに応じたのか。そこには明確な狙いがある。(北京 原川貴郎)
 「日中両国の関係は今まさに新たな段階へと移りつつある。李克強首相とともに関係を大きく前進させていきたい」
 安倍首相は26日午前、北京市の人民大会堂での会談後、共同発表で李氏との連携を強調した。
 李氏も5月の訪日と今回の安倍首相訪中に触れ「両国の政府首脳が半年のうちに相互訪問を実現させたことは、両国人民の中日関係の改善、平和友好の実現、共同発展への期待を示す」と語った。
 2人は25日の非公式晩餐会、26日の昼食会も含め長時間をともにした。安倍首相は伝統的に対日関係を重視する中国共産主義青年団出身の李氏との親密さを強調。米中貿易戦争の影響が中国経済に広がる中、国内では習近平国家主席への批判もあり、中国指導部内で李氏の影響力は相対的に高まっている。安倍首相には習氏の配下にある中国軍の行動を牽制する狙いもあったのだろう。
 安倍首相が中国との関係強化を図るのは北朝鮮という要因も大きい。拉致問題解決の上で北に発言力を持つ中国との連携を確認する重要性は論をまたない。
 「中国と対峙する米国に日本が戦略的に中国と近づいているとみられてはいけない。あくまで関係改善だが、日本は米国の従属ではない」
 外務省幹部はこう語る。首相は通貨スワップなどの協力を進めて日本の経済力と重要性を中国側に認識させ、それを日中関係の正常化だと米国に理解させる難しい綱渡りを選択した。
 「韓国を助けるための対韓スワップとは性質が違う。中国で活動する日本の企業保護のためだ」
 政府高官はこう説明する。ただ、中国元暴落などの場合の日本のリスクは大きい。習政権を利するだけに終わる可能性もある。
 一方、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」への協力姿勢について安倍首相は、周囲にこう話している。
 「実際に中国に何かサービスをしているわけではない。こっちの利益になることは一緒にやってもいいというだけだ」
 とはいえ、今回の訪中を通じ政財界が中国傾斜を強めるのは危うい。中国は安倍首相が訪れた25日も、沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺の接続水域に海警局の公船を航行させた。中国の微笑外交に惑わされ、警戒を解くことがあってはならない。
posted by 大下伸悦 at 18:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャイナよケッパレ!




◎時の権力者や、党にとって都合の悪い行いを
したものは、いとも簡単に「闇に葬ってしまったり
捕えて強制収容所送りにする国」がある。

チャイナでは、イスラム教やキリスト教の信者までも
強制収容所に囚われている。

北コリアでは、金青年のスピーチのメモを
取らなかったというだけで収容所送りになるという。

◎このような異様な国を崇め奉っている新聞やテレビが、
どういうわけか日本にはあり、
しかも野放しのままである。

◎正確には「野放しのままであった」と言い直した方が
いいだろう。

◎やっといまになって、若者たちが
「この日本を貶(おとし)め続ける新聞テレビを監視し
続けるようになった」。

チャイナの李鵬という先々代首相が「もうじき、日本は
歴史上から消える」と豪語していたことは、いまだに
忘れることはない。

コリアの先々代のトップもまた、「日本はいつでも
どうとでもできる」と言っている場面に背筋が凍りついた
ことを思い出す。

◎世界中の「白人国家の植民地」が解放されたのは、
「東洋のJAPANという国」が
この地球上に存在していたからである。

◎GHQ体制から始まった73年間に、ボロボロになって
しまったが、若者層のおかげで、消滅することなく
再び世界の中心に位置する尊厳高き国家に
返り咲くことができそうだ。

教育現場の教科書のウソが赤裸々にされ、
他国の「工作機関紙」が、存続の危機に立たされている。

昨年は、2分間にひとりのペースで
購読契約が解約されていった新聞もある。

◎73年の間に、この国が消滅しなかったのは、意外にも
米国のおかげである。
更に、以外や意外、故ロックフェラー氏のおかげである。

◎今月25日26日の安倍総理のチャイナ公式訪問は、
「やけになって暴発しかねなかったチャイナの習/現体制」
に足かせをはめる結果になった。

◎チャイナの通貨「人民元」の価値は
どんどん損なわれていく。
そのとき、チャイナは
「日本に交わしてもらった通貨スワップ」で
ひとまずは「一息つける」ことになる。
ひとまずは…、である。

40年も続けた「ODA/開発援助」は、
「終わりにする」と宣言してきたのである。

「一帯一路への協力」?
そんなものはカンボジアでもラオスでも
日本が対象国のために貢献する必要が認められる
場合に限り、単独で行ってもいいし、
チャイナをかましてもいい、というだけのことで
ある。

◎いま、世界中の通貨で、信任を得ていて
鉄板状の安定した通貨は、「ドル&円」のみである。
(ユーロも信用が揺らいでいる)。

◎4〜6月期(四半期)の日本の企業の収益率の高さに
世界中が驚いているという。(例:ウオールSジャーナル)

◎現政権の前の政権は、誰?どこ?でしたか。
枝野さん?菅さん?野田さん?辻本さんもいたっけかな?
惨憺たるものでしたね。

「日本を貶めようとする連中」を
支援しますか?健全化に向けて動きますか?

65歳以上の人口が実に多いのです。

棺桶に入る前に「国を壊す側に立ってみるのも
余興としてはいいのかもね」

どうせ、死んでしまえば「われ関せず」でしょうからね。

それって、実は私のことです…、けどね。











◎「女性の車の運転はご法度」と
いう国があった。サウジアラビアである。

確か、今年の6月からは「運転をしてよし」と
いうことになった。





権力者に取って悪意のある記事を配信したり、


安倍首相の訪中に秘められた明確な戦略 株式会社 産経デジタル

2018/10/26 23:58


 安倍晋三首相は平成24年12月の首相再登板以降の約6年間で延べ149カ国・地域を訪れたが、中国に2国間の枠組みで赴くのは今回が初めてだ。当初は首脳会談も拒否していた中国が、米国による圧力が通商から人権、安全保障面へと広がる中で手のひらを返すように日本への接近を図ってきたタイミングでの訪問となった。なぜ首相は中国のアプローチに応じたのか。そこには明確な狙いがある。(北京 原川貴郎)
 「日中両国の関係は今まさに新たな段階へと移りつつある。李克強首相とともに関係を大きく前進させていきたい」
 安倍首相は26日午前、北京市の人民大会堂での会談後、共同発表で李氏との連携を強調した。
 李氏も5月の訪日と今回の安倍首相訪中に触れ「両国の政府首脳が半年のうちに相互訪問を実現させたことは、両国人民の中日関係の改善、平和友好の実現、共同発展への期待を示す」と語った。
 2人は25日の非公式晩餐会、26日の昼食会も含め長時間をともにした。安倍首相は伝統的に対日関係を重視する中国共産主義青年団出身の李氏との親密さを強調。米中貿易戦争の影響が中国経済に広がる中、国内では習近平国家主席への批判もあり、中国指導部内で李氏の影響力は相対的に高まっている。安倍首相には習氏の配下にある中国軍の行動を牽制する狙いもあったのだろう。
 安倍首相が中国との関係強化を図るのは北朝鮮という要因も大きい。拉致問題解決の上で北に発言力を持つ中国との連携を確認する重要性は論をまたない。
 「中国と対峙する米国に日本が戦略的に中国と近づいているとみられてはいけない。あくまで関係改善だが、日本は米国の従属ではない」
 外務省幹部はこう語る。首相は通貨スワップなどの協力を進めて日本の経済力と重要性を中国側に認識させ、それを日中関係の正常化だと米国に理解させる難しい綱渡りを選択した。
 「韓国を助けるための対韓スワップとは性質が違う。中国で活動する日本の企業保護のためだ」
 政府高官はこう説明する。ただ、中国元暴落などの場合の日本のリスクは大きい。習政権を利するだけに終わる可能性もある。
 一方、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」への協力姿勢について安倍首相は、周囲にこう話している。
 「実際に中国に何かサービスをしているわけではない。こっちの利益になることは一緒にやってもいいというだけだ」
 とはいえ、今回の訪中を通じ政財界が中国傾斜を強めるのは危うい。中国は安倍首相が訪れた25日も、沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺の接続水域に海警局の公船を航行させた。中国の微笑外交に惑わされ、警戒を解くことがあってはならない。
posted by 大下伸悦 at 10:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GHQの仕掛けた日本統治システムが、いまガラガラと崩れていく.

◎ヒカルランドからの出版原稿は、
昨年の10月に校了するはずだったが、
どうにも創作意欲が
湧いてこないため、不義理を重ねている。

実は、ヒカルランドの石井社長には、
船井幸雄先生がお世話になり続けていたことから
「石井社長には
恩返しの意味で、私が貢献しなければ
ならない」ということから、
お付き合いが始まっている。

そろそろ原稿を送らなければ
ならないとは思う。

「開き直りの成功法則」と

「それからの百匹目の猿現象」となるだろう。
舩井幸雄は生きている。

なんと、若者たちのチカラで
「日本が本来の立ち位置へと返り咲いていく」。

おおした


posted by 大下伸悦 at 06:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする