2018年10月10日

日本とアメリカの経済は好調、しかし、日本を乗っ取ろうという邪悪なクニの仕掛けは巧妙



◎「日本とアメリカの経済は
好調だといったではないか」、
「それなのに日本が乗っ取られるというのは
矛盾しているではないか」という質問あり。

いえいえ、矛盾しておりません。

「善政」は、まず「失業率と求人率」が
高結果ならが及第点です。

その点、空前の結果が生じています。

株もまだまだあがるでしょう。

求人をしても応募者が来なければ
やがて給与は上がりだします。

次に、消費が活発になります。

その次にインフレ率が2%へと向かうでしょう。

安定的成長は、過去の経験則で
インフレ率2%のときなのだそうです。

理由は説明がつかないのだけれど
なぜか2%のときが穏やかな成長を
為していくのだというのです。

いま、日米両国だけが安定しています。


しかしながら、
日本を乗っ取ろうと目論む共産独裁国家は、
日本国の新聞テレビなどをしたがえて、
日本国乗っ取りの手順を進めています。

仕掛けは巧妙…。

年齢が若返るほどそのことに
気づいているとのことです。

70歳前後の団塊の世代しだいです。

悪意に満ちた活字に躍らされ、
悪意に満ちた映像に踊らされて

国を滅ぼしたのが、団塊の世代だった
というのではなぁ。
まあ、もうじき死んでいくから
どっちでもいいのかもね。
posted by 大下伸悦 at 16:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先ほど紹介した虎の門ニュースは、1時間10分過ぎから



◎先ほど紹介した報道番組「虎の門ニュース」は
「1時間10分過ぎ」のところから
ごらんください。



A新聞の「昨年1年間の解約」は、「2分に1件」とのことです。
優秀な記者がどんどんやめているというのです。

すると、残るのはどこの国のひとなのでしょう。
「広告欄を増やし、人件費が減る」
黒字が続くわけでしょうねぇ。
posted by 大下伸悦 at 15:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

団塊の世代が日本国の崩壊を防ぐ



◎日本国の人口構成で
最も多い人口層が
「日本の植民地化を画策」する
西の大陸の「ならず者国家チャイナ」の
野望を打ち砕く。



一歩一歩…、GHQ体制を打ち壊そう!
新聞/テレビが
乗っ取られている。
新聞/テレビを救おう!

そのためには
まず、新聞を取るのをやめよう!(爆

◎目覚めよ!団塊の世代!
新聞/テレビ・病院を捨てて
「善循環の輪でつながろう!

川を海を、土壌をよみがえらせ、
利他に生きている人たちがいる。

見返りを求めず、
自他同然に生きる人々と
つながろう!

◎ドイツがニューメディア弾圧の
最悪な法律を施行している。
都合の悪い放映内容を削除しなければ
最大60億円(YEN換算)の罰金が
課せられる。24時間以内/7日以内の
時間的猶予がある。

今年1月法施行以来、
Youtubuの動画は90%削除されていて、
Facebookは40%削除され、
ツイッターはいまのところ1%削除に
とどまっているといわれている。
(ソース:川口マーン恵美氏/作家)

◎日本のネットメディアによる本物の
情報が猛威を振るい始めている。

「なんだ、旧来からの新聞テレビは
国賊のような存在ではないか」

「チャイナやコリアの持ち物と
錯覚しかねない存在ではないか」ということが
広がってきている。

◎壊されゆく日本国に居住しながら
ノー天気に「祈ればドウタラこうたら」と
死ぬまでの時間を
無駄に消費している日本人は、
「罪深い」と思われるが、

ニューメディアの報道番組から
発信し始めた先駆者たちのおかげさまをもって
日本国崩壊が押し返されている。


おおした(誤字があったらごめんなさい)
posted by 大下伸悦 at 14:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする