2017年08月28日

著作に没頭させていただいております。ありがとうございます

著作に没頭させていただいております。


人生!所詮(しょせん)
運のいいひとにはかなわない! 

「運の引き寄せステーション」のパワーを強化せよ

さて どう生きる
きっと うまくいく

そろそろ真・善・美・健・創の領域に生きよう
差し上げ上手な生き方 自他同然の境地に生きる
                           
大下伸悦

目次
人生…しょせん運のいいひとには敵(かな)わない
どうやら運の上手な引き寄せ方があるようだ
「思ったことは実現する」というのは本当か
思っても実現しないことはあるのか
こちらの今生世界は「思い」と「行動」で成り立っている
行動しても実現しないのはなぜか
他者の「思いと行動」が、あなたへの干渉波となって具象化を阻害する場合がある
干渉波とは関係なく自分の「思い」が実現しないケースはあるのか
「熱意と行動」が強烈なエネルギーを呼び込む
ジャパニーズことだまワールド
和歌… 三十一音の想念世界は「現実」をつくる
俳句… 十七音の想念世界は「虚」をつくる
余情の潜在力
思いが現実化していく流れ
行動をとるのは、まず微生物であると捉えたほうがいい
創造は「マネ」から始まり、経験を経て「独創」の境地に至る
思いは陳腐化する
みんな自分の季節を生き、そして消える
正義はふたつある
今生での醍醐味は「夢を持ち続けること」にある
「創造主」とは?「創造主体」とは?
試行錯誤は、創意工夫のプロセス
プロセス成果と、結果成果
悩みや怒りなど、地球の素材を用いて自分がつくられる

一「思いと行動」がセットになって現実がつくられる
今生世界での現実は「思い」と「行動」によってつくられる
「思えば思った通りになるのか」?
なまけもののエイト
夢を見失うな
二 2つの真実
実感の真実を受け止め、時代の風に乗る
運を吸引するソフトパワー
三 運のいいひと ツイているひととつき合う
ついている人 徳のある人とつき合う
「マネび」グセとは、コピーと貼り付け
四 優先順位をあげ 運を引き寄せよ
五 黒字から入る新規就農は?
まず安定収入・安心から
「らく」が前提
健康安全を優先
短所の長所化
六 飛び込む!優先順位をあげる
準備はほどほどに、優先順位をあげよう
楽しむこと・リラックス
なあんだ関係
なあんだ消極
七 開き直りの成功法則
人生、困ったことは起こらない
いったんそのルールから外れてみる
過去オール善
必要必然ベスト
そもそも死を受け入れてもらえないという天の掟はあるのか。
死んでいくのに持っていけるものはなにか。
いざとなれば国は優しい
対峙するな.理解者になれ.
八 人生の醍醐味は夢を持ち続けることである
九 投げ出すな!まだプロセス
あきらめ放棄が運を取り逃がす
陰口を言わないクセ
ベストがだめならベターに向かう
奔りながら考える。拙速がベストの時もある
包み込み法
絶体絶命の危機を救う
微量なほど、微細なほど
十 思いの5つの領域
思いの5つの領域
100とおりの思い
感謝系の思いは10とおり
神の領域 ……33
発明が生まれるしくみ
自他貢献
十一 陰の感謝系へと踏み入る
十二 感謝の4姉妹
「ありがとう」が長女さん
「ごめんなさい」のTPO
「感謝貯金」と「不安債務」
自分の内面に対して ……
足を折った話 ……
肯定と感謝 ……
思う存分悩みなさい ……
「素直」は性格ではない ……
十三 過去は変えられる.思いには時間性はない。 ……
思いには時間性がない……
過去は変えられる……
十四 変えようとするとツキを落とす ……
「反応」と「意志」
変えようとすると、つきを落とす
上手な思い込み
「遠ざける」「遠ざかる」
やさしさとは強さのことである
十五 「ありがとう」のかたち
親身になる
「産んでくれて、ありがとう」
中世のお城の晩餐会
3つの襖を開ける
アイドリングの話
十六 思えば叶う 宇宙通信
十七 素晴らしきかな人生 初めに言霊ありき
始めに思いありき
十八 ひとは「真 善 美」へ到達する 
真善美、良心にしたがう。崩壊と蘇生
十九 時代の変化に乗る
 変われなければ消え去るのみ
 人工知能 ビッグデータ 産業大変革
ロングテール戦略
変わらなければ悲惨なことになる
二十 自分のブランド化……
ものかきとなり印税を得る面接に来た女性 ……
映像作家となり、
こんな時代をどう生きる?
二一 体温 そして呼吸 ……
微生物の営みが自分 ……
呼吸の仕方
体温の維持と、健康 ……
むすび

posted by 大下伸悦 at 06:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

世界人口はなぜ増え続けているのか。


食べるものが無ければ餓死者が出るのですよね。

地球の人口は70数億人、
なぜこんなに増え続けるのでしょう。

「食べるものがあるから増えているのです。」
当たり前のことですよね。

すると、意外そうな顔をする人がいます。
餓えているひとがたくさんいるのではないですか?と、

いやいや、食べるものが無ければ人口は増えません。
食べものの確保に苦労しているところは増えている、これは事実でしょう。
社会不安に支配されている時代は人口が増えている事実がある。
平和な時代は増えない。日本でも平安時代と、江戸元禄時代、そして
現代がそうです。

日本は餓えていないのに
人口が減っているのではないですか?

豊かになっていく過程では増えるのですね。
豊かになってしまったら増えない…。

現在、世界人口が爆発的に増えていることは
まぎれもない事実です。

こうして生き続けているひとは
生きていけるだけのものは食べているのです。

貧乏人だって生きていけますとも…。

実りの秋を迎えて…
鳥獣害の問題は解決するということが
判ったのです。なんとモグラまでいなくなってしまう。
毎年収穫期にリンゴを食べに来ていた猿軍団が
近寄れなくなった。

しかし、人間が農産物を盗んでいくという人害対策は
未解決です。

近くのお店で店内にあった大きな券売機が
盗まれたそうです。農産物だけではないのですね。
なんとまあ、大胆な…。

おおした


posted by 大下伸悦 at 05:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

食糧危機が来ようが、金融封鎖があろうが、超高齢になろうが…にっこり笑って穏やかに生きていこう。


毎年1月恒例の「夢をもって楽しく生きる会・幸塾GOPの新春の集い」も
来春で22回目になります。

神聖にしてめでたい新年の門出です。
そろそろ登壇頂く方々を内定いたします。
「何ごともないかのようなのんびりした生活ができる。」
「なにより、健康であり続ける。」
そこを優先してまいります。

当たり前?いえ、当たり前とは言えない時代に入っています。

----------------
来春を起点にすれば
2年経つと「女性の半数が50歳以上」になります。
そこから4年経つと「3人に1人が65歳以上」になります。

どうか、寝たきりにならないように…。
どうか、認知症にならないように…。
どうか、生活できないということのないように…。

高齢になっていく子供らには迷惑を掛けない。
これだけはきっぱりしておこう。
どうか、ひとりで栽培ごとができるように…。
どうか、高齢になっていく子にときどき小遣いがあげられるように…。

これは、月例会に集う友人たちにだけではなく、
自分自身への仮題である。

そう思い立って、しかし幸いなことに、もうその手順を
見つけてしまった。
もう先行投資は要らない。
しゅくしゅくと楽しみながら進んで行けるようになった。

もうスピリチュアルとやらも楽しめるのかもしれない。
-----------

スピリチュアルがはやるのは、下記のような現実から
逃げるという面があるというひとがいます。が
おそらく、そのとおりでしょう…。

昨日までの自分なら

「死ねばこうなる」といわれたって、
「生きているいまをどうすることもできない」、という
時代を迎えているときにそんなことに逃げ込んでいて
どうするのか。
寝たきりになる迄の逃避行動か?

などと思っていた。
----------------
例えば、
お年寄りが、さらに年老いた親の介護をする。
親が認知症で徘徊を始める。寝たきりになる。
いまだって月8万程度の年金では食えないのに
介護費だけなど負担できるわけがない。
年金が多い人だって食えなくなる。
火葬できない。墓がない。
葉かに入ったって、いまだって無縁仏だらけだ。

ともかく、報酬の獲得手段だけは
見つけておく必要がある。

しかし、いままでの商売は成り立たなくなる。
腕が良くても客がこない。

そんな中で、世界は人類始まって以来の大変革の真っただ中にある。
(第4次大産業革命というけれど、それ以上の変化)

いままでは「愚痴」を言ったり、
政治批判をしていても食えてはいましたが、
もうそうはいかない時代に突入しているのではないですか。

-------------
あなたは下の状況を説明できますか?
−−−−−−−−−
ビッグデータが産業を支配しはじめる。
人工知能どうしが会話をはじめだした。
車が運転者なしで走り始める。
仕事のほぼ半分が消えてなくなる。
シェアリングエコノミー
銀行がフィンテックに馴染めない。
インダストリー4.0
UberEATS
ドルはいったいどうなるのか。どのような形で何に代わるのか。
銀行封鎖は?
仮想通貨は生まれては消えていく。
詐欺詐欺詐欺!ビットコインなるものだけがまだ消えない。なぜ?

食い物は誰がつくるのか。
誰がどうやって運ぶのか。
−−−−−−−−
こういう現実(変革の波)からは
誰だって、目をそむけたくなります。

故船井幸雄は「スピリチュアルはほとんど嘘」と
言い残しました。
でも、スピリチュアルに逃げ込みたくなるのは
判ります。

しかし、いま行うのはそんなことではありません。
−−−−−−−−

変われないものは変われないがゆえに
消えていくしかない。

新春にあたり
しなやかにゆったりと生きていける手順を踏んでいきたい。
と、思います。
−−−−−−−−

しかし、仕込みはもう終わりました。
2017年の8月でレールは敷き終えましたので
あとは楽しんで、大変革に応じ、
経済的に困らない穏やかな生活を送っていくことが
できるようにしてまいりましょう。
−−−−−−−−−
2018年新春の集いの候補

松岡沙耶さん(やっと見つけた救世主.無思考でできる)
      (しかも世界的に知られた職業)
      (この分野で世界一の業績を誇る前川さんですら
       自分のところのスタッフに松岡さんのシステムを
       導入している。しかも全員にである)
松下明弘さん(10年以上無農薬で草が生えない田んぼの実践者)
      (玄米ご飯用の胚芽の大きいお米を発見。よく知られるようになってきた)
船瀬俊介さん(3度目の登場なるか?本物探求者.松岡さんが無理な時は船瀬さん)
横山 卓さん(ビックリ!ほとんど触らないのに・・・)
近藤洋一さん(トータルヘルスデザイン社主)
大下伸悦  (他人事ではない。自分のためにも大変革に合わせた生き方を構築)
加津間広之さん
二宮 直さん
写真作家数名、動画作家(Youtube)数名
 
食糧危機が来ようが、金融封鎖があろうが、超高齢になろうが…
転変地変があろうが…

にっこり笑って穏やかに生きていこう。
それは、どうも、できる。

おおした



posted by 大下伸悦 at 06:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする