2017年07月31日

新規就農者が初月から生活の不安なく生き方を変えていく就農モデル


@新規就農者が初月から生活の不安なく
安心して入っていける就農モデルの一つができたことは確かだ。

A同時にそれは、借金苦にあえぐ方へのアドバイスとしても
有効なものとなりそうだ。

B安定月収(黒字)を実現していくことになる農業関係者は、
基本的に農業以外の「成功報酬を得る業務は行わなくていい。

それは、外注(アウトソーシング)に出すからである。
どこへ外注を出すのか?
それは、その仕事をいただいて「喜ぶ人」へ出すことになる。

農業関係者は、農業に関わることをやるだけでいい。
しかし、ユーチューブ活用のような「販売促進活動」も外注に(下請け)に
出すことになる。

やがては栽培に関するオペレーションも外注に出すことになっていくのかも
知れない。

なんだ、「やることを奪うなよ」とおっしゃるかもしれない。
当然、やらなければならないことはある。

文化的活動である。

「信・善・美」「創造」「健康」の分野に向かっていくことに
なるだろう。

夢・希望へとビジョンを指し示すひととしての
役割が待っている。そんな予感がしている。


◎ 3つの夢・生きがいの創造ができそうだ。

土壌の活性環境の創造者であり、
「善」の先導者でありたい。

詩人として、歌人として、エッセイストあるいは音楽家としての
「美」の表現者でありたい。

自然の摂理、「真」なるものを探求する
大道無門のひとでありたい。

宇宙の仕組みは「シンプル」に尽きる、とするなら、
農薬だの化学肥料だのは余計だものなのだろう。

実際にそのようなものを使って黒字化に成功しているところは
ほとんどないに等しいともいわれている。


もう一度言う。
松岡モデルも、ユーチューブもアウトソーシングにした方が
受けたほうも喜びそうだ。

写真集や句集歌集、エッセイ集だって文字起こしや編集はアウトソーシングに
することができる。

沢村君のシステムは5000人の仲間が使っているという。
なるほど。5000人がメンバーの新著を2ページ読んでくれれば
それだけで一日当たりの印税が5000円になる。
しかも彼のシステムはそれが2倍の単価になるというのだ.

すなわち、一日1万円になる。

5000人が自分の新著を購入してくれれば
それはそれは、すごいことになる。

一般の出版界で5000人売れなければ
出版社としてはメリットが出ない。

彼が嫌われても嫌われても5000人獲得に
こだわった理由は、私にはわかるような気がする。

それでは誰にアウトソーシングするというのか。

少し考えればわかろうというものだ。

ところで、沢村君のシステムを搭載したパソコンを
欲しいのだが、
どなたか10万円で売ってくれまいか。
8月の後半には必要となる。

さて、ラインはくだらない販売者が毎日何かしら
送ってくるので
全部ご破算で消してしまった。

全部消したら、さすがに不便かなと思っていたが
なんのなんの、実に快適なものだ。

メールもやめようかと思っている。

ラインポッドに替えていきたい。

おおした


posted by 大下伸悦 at 19:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さあ、8月も あけっぴろげに生きていこう


今朝は、午前4時30分になるのに蝉が鳴かない。
蝉たちの歴代の恋は、この庭のなかで自己完結してしまうかのような
程よい広さの庭だ。


8月を前に 過ぎ行きしこの7カ月をゆっくりと振り返ることができる。
そこそこの余裕が出てきた証拠だ。そうかな?

まあ、なんとか時代の波に乗っていけそうなところまでは追い付いてきた。と
そのように思える。

少しは、あか抜けてきたようにも思う。


さあ、8月も上を向いて歩いていこう・・・。

胸襟拡げて あけっぴっろげに生きていこう。


それにしても今日の蝉はどうしたのだ。

蝉たちよ。君たちは
環境に恵まれすぎているのではないか・・・?

鳴かぬなら
鳴かぬなら・・・

深呼吸して
2度寝てしまおう。

おおした
posted by 大下伸悦 at 05:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

つかの間の日本の独立も、また引きずり戻される


国民が挨拶代わりに交わす会話や世間話のほとんどは
テレビや新聞、週刊誌からのものである。

どなたも「自分こそがもっとも詳しい情報を得ている」とばかりに
得意げに長々と話す。ボルテージが上がることは確かである。

その国の独立を守ろうとする宰相を引きずづり落とすのは、
実は、上記のような国民たちである。

共産圏以外を支配する世界支配層は、支配を持続させるために
マスメディアを必ず手懐(なず)けておく。

日本国の宰相は、USAのトランプ大統領就任を契機に
ジャパンハンドラーどもをきっぱりとはねのけたのであった。

世界支配層が、ロシアとの対立を欧米に強要するなか、日本だけが
経済交流を深めていっている。

トランプの欧州滞在中にUSA議会は、上下両院とも「ロシア敵国決議」を
圧倒的多数で可決してしまった。

まったく馬鹿げた話なのだ。
が、USA議員個々人が有能であるとき、この馬鹿げた決議案を画策し、
議員連に言い含める存在が背後にいる、ということを意味する。

トランプ大統領は拒否権を発動するにしても、
彼自身が引きずり落とされる可能性が高まっていることは事実である。

そして、自主独立路線のJAPAN宰相また、しかり。

加計問題など、もともと存在しない。
違法性はまったく存在しないのである。

国家戦略会議のなかで進行してきたものなのだ。


しかし、マスコミを使っての「Japan再隷属化」の目論見が
もうすぐ成功するかに見える。

自分の国の独立堅持を「それはまかりならぬ」「再びUSAの
隷属国家に戻れ」という流れをつくっているのが
「日本国民の大多数」なのだ。

悲劇というより喜劇である。

ああ。情けなや
日本のテレビは高性能ですからね・・・。
それはスイッチも入れたくなりますわな。

口を開けば愚痴。愚痴のついでに国つぶし。

みなさん頭はいいんだよね。自分で考える時間が
どんどん削られていく。
なんで?

テレビに新聞に見入るからです・・・。
その合間に酒をかっ喰らうからです。

ああ、今夜も飲みすぎてしまった。
愚痴ぐらい言わせてくださいや。

おおした




posted by 大下伸悦 at 09:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする