2017年02月11日

安倍夫妻とトランプ父娘、本日ゴルフ



USAと日本の親戚付き合いを
見せつける
プライベートゴルフ…。

仮に
トランプお父さんが
「過去のジャパンハンドラーたち」の
ように陰湿な脅しを仕掛けてきたら
イヴァンカさんはお父さんを
許さないでしょうね。

昭恵さんは素敵な「人たらし」ですから
「昭恵・イヴァンカ」ラインは
フェアーな付き合いをしているかどうかの
「判定員役」を担っていくように
なりそうです。

日本の新幹線導入の話が
今回持ち上がれば
トランプさんを支持する人たちが
一気に増えるでしょう。

USAがなぜ「麻薬取引に
どっぷりと浸かってきたきたのか」、
あるいは、「なぜ他国を攻撃して
金品を奪ってきたのか」は

国民からの税収が
USAではなく、略奪者たちの側に
その90%が流れていく構造に
なっているという点にあるのですから、
トランプさんは、
早期にその病巣に手を付けるでしょう。

USAの貿易赤字の50%近くが
対チャイナですから、
それを是正していくためには
日本との関係を盤石にし、
更にロシアとの敵対関係を
解いておく必要がありますよね。

しかし、USAの富を略奪し続けている
ファミリーたちの使用人群が
議会やマスコミを通じて
対ロシア敵対工作を続けている…。そして
その現状が
変更されないように抵抗している、
ということが見えてきます。

彼らは、トランプさんの
「鰍tSAからの独立」を
阻んでいるということが
浮き彫りになってきています。

要するに「世界最大の植民地USA」の
解放がやすやすとできるはずがないがないところ、
敢然と挑んでいるトランプさん、と
いった構図が見えてきます。

トランプさんは、「あぶないなぁ」…。
「ワクチンの真実」まで口にして
医薬品業界を敵に回したのでは
「いよいよあぶない」…。

酒でも飲めれば、もう少し間合いを取ることが
できるのでしょうけれどね。

ともあれ、トランプさんは、いまは、まず
「NIPPONパワーを後ろ盾にしたい」
そして、正規USA軍に守ってもらわざるを
得ない、と言えそうです。

更に「ロシアとの融和」を
国民に理解してもらいたいところですね。

ところが、涯SA側のマスコミが
プーチン悪党・ならずもの」イメージを
国民に植え付けようとして躍起になっています。

議会構成員に対しても
「対ロシア融和策阻止」の議決を
働きかけています。

なぜか。裏支配ファミリーは
第3次世界大戦へと
なだれ込まないと
何世紀も続けてきた支配体制が持たないから…、
という事情があるのでしょう、ね。


まさにUSAは、深刻な内戦状態と
なっているということが見えてきます。


トランプさんがもう一歩、歩を
進めるためには…、2月11日のゴルフは
非常に大事な日となる、と言えそうですよ。

トランプさんは、
先行する日本の「対ロシア親善」の
後押しをするという形で
「対ロシア経済制裁」を解く…。

その時期は、日米首脳会談から
少し間を置いて
フランス大統領選のあとになるのかも
しれません。

USAも日本も、「表現の自由」をかざす
売国マスコミを
支配ファミリーから取り戻さなければ
ならないということですが、
そこまで手を付けるのですか?
トランプさん…。

まあ、多くの女性に嫌われますよ。
こわいこわい…。

もうひとつ…。
注意深くみていると
「政界に巣食う異邦人側のエージェントたち」が
国を溶解させる動きをしているのが
よく見えてきます。
特に日本の政界に顕著です。


マスコミ改革について…。
日本ではそれを小沢一郎さんが
やろうとしてつぶされたのでしたね。

USAにしても
日本にしても、
「民主主義を声高に叫ぶ善良で優しい国民たち」が
国を溶解させていく役割を担っているのでしょうね。
私にはそのように見えます。

なぜか、それは
視力が落ちたきて乱視になったからなのでした。
それで名前を変えようかな、と思っています。
「立川乱視」なんてね。
どうやら、性格も歪んできたようです。


…。

ところで、外国人の不法就労者と
その雇用者が摘発されましたね。
日本での話です。

見事ですねぇ。
日本って、すごいなあ。

しかし、日本に来られた外国人は
みなさん、日本人っぽくなるのですよね。

そてはなぜ?
それは「日本語」を用いるからですよ。

日本ではテロは起きません。
たぶんね。

あぁ、例外がいましたね。
共産チャイナ政府から政治的に
送り込まれたチャイニーズは例外となる
のかもしれません。

それ以外のチャイニーズは、
みんな気のいい奴です。


おおした
posted by 大下伸悦 at 04:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イヴァンカさん、その調子でお願いします。



2月10日、本日は横浜市港北区樽町に滞在しております。

この地域は50年ほど前には
温泉街で最盛期はホテルや旅館が70軒ほども
ひしめいていたそうです。

その面影を唯一残す旅館あとにご縁をいただき、
7棟のうちの4棟を解体し終えて、
本日、めでたく地鎮祭の運びとなりました。


そして本日は、注目の日米首脳会談、インフラ整備には
日本の新幹線も一役買うことになっていくでしょう。

トランプさんは、酒が飲めない方なんですね。
たばこもやらないのだそうです。

脳が酩酊を知らない豪直球、就任以来まだ20数日というのに
強烈な改革が進んでいます。

大統領令が連発されていますが、
御嬢さんのイヴァンカさんに阻まれて
唯一、署名に至らなかった事案があったのだそうです。

デスク上に乗せさせなかった…。

イヴァンカさんの思いが国政に影響することがある…。

そういうことが知られてくるにつれて、服装が派手だとか、
イヴァンカさんの進めてきた事業が嫌がらせを受け始めています。

日本の政治にも少なからずイヴァンカさんの思いが
影響してくる。というより既に強く影響しているのでした。

トランプ親娘は、「いけにえの儀式の血のファミリー」とは
まったく無縁の「表の世界」のひとですから、
「血塗られたジャパンハンドラー」の酩酊時代は
過去のものとなった、と言えそうです。


おおした、
posted by 大下伸悦 at 03:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする