2017年02月08日

USAは対チャイナ貿易赤字是正策に着手



USA、初の対中制裁関税が確定
=道路舗装材に372.81%
 【ワシントン時事】米政府機関の国際貿易委員会(ITC)は
7日、道路舗装用の素材が中国から米国に不当に安く輸入され、
米国企業に被害を与えていると最終認定した。
これを受け、米商務省が決めた372.81%の反ダンピング(不当廉売)税率と
最大152.5%の相殺関税率の適用が確定した。

トランプ政権発足後、中国製品に対する制裁関税の適用が確定したのは初めて。

 米商務省はオバマ前政権下の1月上旬に税率を決めたが、
中国はトランプ大統領の強硬姿勢を警戒しており、
制裁関税に反発する可能性がある。

 対象は道路の舗装などに使う「二軸ジオグリッド」。
ITCは中国の補助金支給も認定した。適用される相殺関税率は15.61〜152.5%。

商務省によると、2014年の米国の輸入額は前年比76.6%増の
924万9000ドル(約10億円)だった。 
posted by 大下伸悦 at 11:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする