2017年02月07日

2月11日、12日の受け付けは終了しております。

2月12日はキャンセル待ちも不可です。
2月11日はキャンセル待ちも
締め切りました。

当日受け付けはございません。ご注意ください。


3月18日の講演会のお申し込みが
始まっております。お早めにどうぞ。
-------------------------


◎「植民地」とは他国へ自国民を植民させて
国家を乗っ取ることを言う。
数百年にわたって白人国家が採ってきた他国
侵略行為である。いまは、形を変えて
リビアやイラク、シリアなどが侵略され
続けている。国家秩序を破壊し、まず富を
強奪する。そして、難民移民を仕立てあげて
他国へ送り込み、第3次世界大戦への
下ごしらえを続けている。
「そんなことはない、単なる善意からだ」
などとよく言うよ。ならば「最初から
他国を壊すな!」、「非白人国家の富を
盗み取るな!」「難民への善意と称して
移動経費を支給して、進軍進駐させるな!」

「シリアの和平」と称してシリアへ
他国(白人ども)が土足で踏み込んで
和平交渉」などと言っているのでは、
植民地時代となにも変わっていないでは
ないか。

◎チャイナは非白人国の風上にも置けない。
チベットを返せ!ウィグルを返せ!

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%80%90%e3%80%8c%e5%8f%8d%e3%82%a2%e3%83%91%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e3%80%8d%e3%83%87%e3%83%a2%e3%80%91%e6%ae%ba%e6%b0%97%e7%ab%8b%e3%81%a3%e3%81%9f%e6%b2%bf%e9%81%93%e3%81%a7%e3%80%81%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%82%b0%e3%83%ab%e4%ba%ba%e3%81%ae%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%81%af%e8%aa%9e%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%80%8c%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ab%e7%b4%a0%e6%99%b4%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e5%9b%bd%e3%81%a7%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%8f%e3%81%a0%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e3%83%87%e3%83%a2%e3%81%8c%e2%80%a6%e3%80%8d/ar-AAmEkXc?ocid=TSHDHP#page=2


おおした












◎「国連脱退決議」はUSA議会の下院で
2017年1月3日可決済み。
これはオバマ政権時に行われたものだが、
トランプ氏が進めたかのように
トランプ陥れの材料にされている。
(どこまでもトランプ憎し.のUSA&世界支配層.
こら、マスコミ!早くトランプを追い落とせ!といらだっている模様)
しかし、これでトランプ大統領がサインを
すればUSAはいつでも脱退できる。

◎国連本部のアジア移転話が噂されている。
しかも候補地まで具体的だ。
「ドバイか日本だ」、というのである。

◎トランプ新任大統領は、就任からまだ
2週間強であるが、新任とは思えないほどの
存在感を見せている。

◎同大統領の強力な後ろ盾はジャパンである。
11月、2月(10日11日)と身内同然の接し方で
「インフラ整備と雇用拡大」へと突き進む。
(出迎えは娘さんの夫君.安倍夫妻を別荘招待.一緒にゴルフ)
◎日本がUSAの「国民の夢」の実現に力を貸す。
しかし、それは日本の国益にも適(かな)う。
諸外国は「両国の関係は別格である」という印象を
持つだろう。垂涎の的となる。なにしろ日本は
世界で唯一長期資金を用立てることができる国
なのだ。更に日本は、世界に先駆けて
ロシアとの「親善・経済協力」を見せつけ、
そして、USAとの対等な関係をご披露することに
なる。

◎世界支配ファミリーが日本に送り込んでいた
ジャパンハンドラーが駆除され、代わって
対日本への影響を行使するのは、「大統領の娘
夫妻」となる。陰険な裏支配から穏当な表関係に
変わりつつある。その流れが見えていないネット
上の論客たちがキャンキャン浮足立っていて
痛ましい。
(日米関係は、キャロライン元大使、イヴァンカさんという素敵な女性が日本健全化に寄与する)
◎新任大統領チームは、正規軍人出身者が多い。
彼らは日本の自衛隊とは軍事演習を共にし、
お互いに認め合い、敬いあう関係にある。
彼らは、日本の防衛隊の技術と技量のすごさに
敬服している。日本さえいてくれれば、
コリアは要らない、とすら思っているのかも
しれない。
フィリピンは日本の深い友人だから
USAとフィリピンの関係は日本を頼みの綱と
できる。

◎2017年の時代の風は、日本の「政治経済
両面での台頭」を披露するだろう。
そのことを世界が認識していくこととなる。

◎難民移民という一見「善意の仕掛け集団」
の本意は、整然と「混乱・動乱・不調和を
仕込み、第3次世界大戦へのシナリオを推進
していく、と見立てることができる。
それ以外の見立ては考えられない。異常すぎる。
狂っている。ウクライナの政権転覆も
そのための仕掛けであろうし、EUというのも
国家群の上に君臨させて、理不尽を国家に強要
しているように見受けられる。(ウクライナは
合法政権を襲撃し、のっとた非合法政権で、
その企てと必要経費は涯SAであるとのこと)

◎それに気づいているのが、プーチン氏であり、
トランプ氏であり、イギリスであり、フィリピン
である。フランスはルベンさんが台頭し、
EUから離脱することで難民移民という名の
騒乱要因の流入を防ぐという流れになって
いきそうだ。ドイツのメルケルさんは、既に
難民とやらを100万人以上も受け入れ、本音を
吐露なさった。「これでは国が壊れる…と」
しかし、彼女は既に引き返せない位置にいる…。(誤字訂正:正は「引き返せない」)
◎USAの入国禁止令のあおりを受けて、
日本は100名の難民移民受け入れを決めた。
しかし、
日本の問題は、「チャイナ」が他国へ自国民を
「植民」し続けていることにある。
見よ、在日チャイニーズによるアパホテルへの
大規模なデモを。農地や山林がどんどん
買い占められていく。見よ、チベットや
ウィグルを…、混血政策で民族が消されていく。
インドネシアには、すでに100万人が送り込まれたという。が、私には調べるすべがない。


おおした


アメリカの国連脱退法案が下院で可決・
資金提供の停止法案も提出済み
新法案によりアメリカの国連脱退の
実現可能性が高まる
US exit from United Nations could become reality with fresh bill
(市原じゅんさんのブログより.表題のみ)
posted by 大下伸悦 at 15:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャイナの「他国への植民政策」、これは武器を使わない国家乗っ取り策

「植民地」とは他国へ自国民を植民させて
国家を乗っ取ることを言う。
数百年にわたって白人国家が採ってきた他国
侵略行為である。いまは、形を変えて
リビアやイラク、シリアなどが侵略され
続けている。国家秩序を破壊し、まず富を
強奪する。そして、難民移民を仕立てあげて
他国へ送り込み、第3次世界大戦への
下ごしらえを続けている。
「そんなことはない、単なる善意からだ」
などとよく言うよ。ならば「最初から
他国を壊すな!」、「非白人国家の富を
盗み取るな!」「難民への善意と称して
移動経費を支給して、進軍進駐させるな!」

「シリアの和平」と称してシリアへ
他国(白人ども)が土足で踏み込んで
和平交渉」などと言っているのでは、
植民地時代となにも変わっていないでは
ないか。

◎チャイナは非白人国の風上にも置けない。
チベットを返せ!ウィグルを返せ!

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%80%90%e3%80%8c%e5%8f%8d%e3%82%a2%e3%83%91%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e3%80%8d%e3%83%87%e3%83%a2%e3%80%91%e6%ae%ba%e6%b0%97%e7%ab%8b%e3%81%a3%e3%81%9f%e6%b2%bf%e9%81%93%e3%81%a7%e3%80%81%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%82%b0%e3%83%ab%e4%ba%ba%e3%81%ae%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%81%af%e8%aa%9e%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%80%8c%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ab%e7%b4%a0%e6%99%b4%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e5%9b%bd%e3%81%a7%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%8f%e3%81%a0%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e3%83%87%e3%83%a2%e3%81%8c%e2%80%a6%e3%80%8d/ar-AAmEkXc?ocid=TSHDHP#page=2


おおした












◎「国連脱退決議」はUSA議会の下院で
2017年1月3日可決済み。
これはオバマ政権時に行われたものだが、
トランプ氏が進めたかのように
トランプ陥れの材料にされている。
(どこまでもトランプ憎し.のUSA&世界支配層.
こら、マスコミ!早くトランプを追い落とせ!といらだっている模様)
しかし、これでトランプ大統領がサインを
すればUSAはいつでも脱退できる。

◎国連本部のアジア移転話が噂されている。
しかも候補地まで具体的だ。
「ドバイか日本だ」、というのである。

◎トランプ新任大統領は、就任からまだ
2週間強であるが、新任とは思えないほどの
存在感を見せている。

◎同大統領の強力な後ろ盾はジャパンである。
11月、2月(10日11日)と身内同然の接し方で
「インフラ整備と雇用拡大」へと突き進む。
(出迎えは娘さんの夫君.安倍夫妻を別荘招待.一緒にゴルフ)
◎日本がUSAの「国民の夢」の実現に力を貸す。
しかし、それは日本の国益にも適(かな)う。
諸外国は「両国の関係は別格である」という印象を
持つだろう。垂涎の的となる。なにしろ日本は
世界で唯一長期資金を用立てることができる国
なのだ。更に日本は、世界に先駆けて
ロシアとの「親善・経済協力」を見せつけ、
そして、USAとの対等な関係をご披露することに
なる。

◎世界支配ファミリーが日本に送り込んでいた
ジャパンハンドラーが駆除され、代わって
対日本への影響を行使するのは、「大統領の娘
夫妻」となる。陰険な裏支配から穏当な表関係に
変わりつつある。その流れが見えていないネット
上の論客たちがキャンキャン浮足立っていて
痛ましい。
(日米関係は、キャロライン元大使、イヴァンカさんという素敵な女性が日本健全化に寄与する)
◎新任大統領チームは、正規軍人出身者が多い。
彼らは日本の自衛隊とは軍事演習を共にし、
お互いに認め合い、敬いあう関係にある。
彼らは、日本の防衛隊の技術と技量のすごさに
敬服している。日本さえいてくれれば、
コリアは要らない、とすら思っているのかも
しれない。
フィリピンは日本の深い友人だから
USAとフィリピンの関係は日本を頼みの綱と
できる。

◎2017年の時代の風は、日本の「政治経済
両面での台頭」を披露するだろう。
そのことを世界が認識していくこととなる。

◎難民移民という一見「善意の仕掛け集団」
の本意は、整然と「混乱・動乱・不調和を
仕込み、第3次世界大戦へのシナリオを推進
していく、と見立てることができる。
それ以外の見立ては考えられない。異常すぎる。
狂っている。ウクライナの政権転覆も
そのための仕掛けであろうし、EUというのも
国家群の上に君臨させて、理不尽を国家に強要
しているように見受けられる。
◎それに気づいているのが、プーチン氏であり、
トランプ氏であり、イギリスであり、フィリピン
である。フランスはルベンさんが台頭し、
EUから離脱することで難民移民という名の
騒乱要因の流入を防ぐという流れになって
いきそうだ。ドイツのメルケルさんは、既に
難民とやらを100万人以上も受け入れ、本音を
吐露なさった。「これでは国が壊れる…と」
しかし、彼女は既に引き返せない位置にいる…。
◎USAの入国禁止令のあおりを受けて、
日本は100名の難民移民受け入れを決めた。
しかし、
日本の問題は、「チャイナ」が他国へ自国民を
「植民」し続けていることにある。
見よ、在日チャイニーズによるアパホテルへの
大規模なデモを。農地や山林がどんどん
買い占められていく。見よ、チベットや
ウィグルを…、混血政策で民族が消されていく。
インドネシアには、すでに100万人が送り込まれたという。が、私には調べるすべがない。


おおした


アメリカの国連脱退法案が下院で可決・
資金提供の停止法案も提出済み
新法案によりアメリカの国連脱退の
実現可能性が高まる
US exit from United Nations could become reality with fresh bill
(市原じゅんさんのブログより.表題のみ)
posted by 大下伸悦 at 11:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

USAの国連脱退決議



◎「国連脱退決議」はUSA議会の下院で
2017年1月3日可決済み。
これはオバマ政権時に行われたものだが、
トランプ氏が進めたかのように
トランプ陥れの材料にされている。
(どこまでもトランプ憎し.のUSA&世界支配層.
こら、マスコミ!早くトランプを追い落とせ!といらだっている模様)
しかし、これでトランプ大統領がサインを
すればUSAはいつでも脱退できる。

◎国連本部のアジア移転話が噂されている。
しかも候補地まで具体的だ。
「ドバイか日本だ」、というのである。

◎トランプ新任大統領は、就任からまだ
2週間強であるが、新任とは思えないほどの
存在感を見せている。

◎同大統領の強力な後ろ盾はジャパンである。
11月、2月(10日11日)と身内同然の接し方で
「インフラ整備と雇用拡大」へと突き進む。
(出迎えは娘さんの夫君.安倍夫妻を別荘招待.一緒にゴルフ)
◎日本がUSAの「国民の夢」の実現に力を貸す。
しかし、それは日本の国益にも適(かな)う。
諸外国は「両国の関係は別格である」という印象を
持つだろう。垂涎の的となる。なにしろ日本は
世界で唯一長期資金を用立てることができる国
なのだ。更に日本は、世界に先駆けて
ロシアとの「親善・経済協力」を見せつけ、
そして、USAとの対等な関係をご披露することに
なる。

◎世界支配ファミリーが日本に送り込んでいた
ジャパンハンドラーが駆除され、代わって
対日本への影響を行使するのは、「大統領の娘
夫妻」となる。陰険な裏支配から穏当な表関係に
変わりつつある。その流れが見えていないネット
上の論客たちがキャンキャン浮足立っていて
痛ましい。
(日米関係は、キャロライン元大使、イヴァンカさんという素敵な女性が日本健全化に寄与する)
◎新任大統領チームは、正規軍人出身者が多い。
彼らは日本の自衛隊とは軍事演習を共にし、
お互いに認め合い、敬いあう関係にある。
彼らは、日本の防衛隊の技術と技量のすごさに
敬服している。日本さえいてくれれば、
コリアは要らない、とすら思っているのかも
しれない。
フィリピンは日本の深い友人だから
USAとフィリピンの関係は日本を頼みの綱と
できる。

◎2017年の時代の風は、日本の「政治経済
両面での台頭」を披露するだろう。
そのことを世界が認識していくこととなる。

◎難民移民という一見「善意の仕掛け集団」
の本意は、整然と「混乱・動乱・不調和を
仕込み、第3次世界大戦へのシナリオを推進
していく、と見立てることができる。
それ以外の見立ては考えられない。異常すぎる。
狂っている。ウクライナの政権転覆も
そのための仕掛けであろうし、EUというのも
国家群の上に君臨させて、理不尽を国家に強要
しているように見受けられる。
◎それに気づいているのが、プーチン氏であり、
トランプ氏であり、イギリスであり、フィリピン
である。フランスはルベンさんが台頭し、
EUから離脱することで難民移民という名の
騒乱要因の流入を防ぐという流れになって
いきそうだ。ドイツのメルケルさんは、既に
難民とやらを100万人以上も受け入れ、本音を
吐露なさった。「これでは国が壊れる…と」
しかし、彼女は既に補機返せない位置にいる…。
◎USAの入国禁止令のあおりを受けて、
日本は100名の難民移民受け入れを決めた。
しかし、
日本の問題は、「チャイナ」が他国へ自国民を
「植民」し続けていることにある。
見よ、在日チャイニーズによるアパホテルへの
大規模なデモを。農地や山林がどんどん
買い占められていく。見よ、チベットや
ウィグルを…、混血政策で民族が消されていく。
インドネシアには、すでに100万人が送り込まれたという。が、私には調べるすべがない。


おおした


アメリカの国連脱退法案が下院で可決・
資金提供の停止法案も提出済み
新法案によりアメリカの国連脱退の
実現可能性が高まる
US exit from United Nations could become reality with fresh bill
(市原じゅんさんのブログより.表題のみ)
posted by 大下伸悦 at 08:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする