2017年02月05日

副業収入が生業収入を上回りだし、やがては生業を切り捨て「使命に沿って自他貢献しだす。

副業収入が生業収入を上回りだし、やがては生業を切り捨て「使命に沿って自他貢献しだす。

いまや誰もが1日30分程度は
スマホやパソコンに触れているのでは
ないだろうか。

どうせならそれらに触れている時間を
「ついでに副収入の発生源にしよう」、そう
思い立って行動に移したら
あれあれ本当に収入源になってしまった、と
いうひとが続出している。
というより、むしろ、
そういうことが当たり前な時代になっているのだが
3か月目で収入30万円、しかも右肩上がりに
増えていくというのだ。

すると、現在メインであったはずの仕事の収入を
追い抜いてしまう。副収入のはずであったはず。
しかし、正業と副業が入れ替わってしまう。

ところが、1日に占める拘束時間は、
従来の収入の方に10時間以上は拘束され、
高収入の側の所要時間は30分以下…。
そういう時代になってきた。

収入増は、精神的な余裕を生む。

しかも、「栽培ごと」で自然な土に触れ
天然自然な野菜を摂っているので
身体は至って健康、ということになる。

やがて「インターネットでの月収が
100万円」を超えだす。

すると、本来自分がやりたかったことに
意識が向かいだす。良心にしたがって
行動しだすのである。

「食の改革」であったり、「農の改革」で
あったり…。いわゆる「ご自身の使命に
向かいだす。

今現在の仕事は、メインからサブに、
そして圏外へと消えていく。
要するにストレスだらけの仕事を
捨ててしまう。

すると、満員電車から解放され、
ひとの軋轢から解放され、好きな時間に
好きなことができるようになる。
子供が欲しがるものには躊躇なく
笑顔で「いいよ」と言えるようになる。

年金生活者は漠たる将来への不安から
解き放たれ、ハツラツとして社会への
奉仕活動へと向かいだす。

ところで、
マネーは腐らないが、野菜や魚は
時間とともに劣化していく。

栽培で苦労し、
販売先を見つけるのにも苦しみ、
売れ残りの処理にも手を焼く。

「栽培ごと」で収入を安定させようとすると
どうしても、反自然や不自然と同居
することになる。

1月28日出版された私の新著「スーパー
微生物農法<丸わかり実践ガイダンス>
ヒカルランド刊.に示した栽培法に、

3ヶ月で「それ以降収入10万円以上」となる
30分オペレーションを1セットにした
生き方を提案していくものである。

===============

メインビジネス化.最低月収50万円って?

すると現在の仕事はセカンドビジネスに?

究極の安心は、100%失敗がなくて安定した収入源を得ること。
知らなくても簡単に稼げること。時間に自由があること。Youtaプログラム

どうせなら早く軌道に乗せることである。早ければ2日で入金(初収入)がある。どうやって?

@素直のクセづけ A勉強好き・しかし、圧縮化 Bプラス発想のクセづけ C行動のクセづけ(真似びグセ)

 

◎うまくいかない人の特徴
  素直さがみえないタイプ。まるっぽコピーすることができない人。
  ノウハウコレクターで散財をつづける人。会社員グセ(依存グセ)の強い人。
  行動しない(実行に移さない)人。すぐに隣の芝生に目移りする人。
  見栄っ張りグセのある人、名門高学歴の人。

 
◎非常にうまくいっているひとに目立つ特徴


不登校体験のあるひと。中卒のひと。借金だらけ(1000万円)で公園の草をてん

ぷらにして食べ漁ったり、走ってくる電車に吸い寄せられていったりというどん底

から未知の分野にくらいついていったひと。
20代前半で藁にもすがるつもりで1000円から始めたひと。ゲーム世代のひと。

 

◎稼いではいるようだが胡散臭い人。

年齢がまあまあいっている人。太っている人(まあ、これはどうかとは思うが)。

顔つきがゆがんでいる人。集客時6万円、20万円〜60万円の教材を売りつける

ひと。

 

◎うまくいくひと。それは、能力でも知識でもない。しょせん運のいいひとには敵わない。

運のいいひとには、いい縁が舞い込んでくるという事実がある。その点。、インターネット
ビジネスは明確にその特徴が表れる。

ゆったりしたグループの「環境が運を引き寄せる」。
そのひとたちの「場の力(パワー)」が成功者をつくっていく。

◎まあ、新時代の風を呼び込んでいる若者について行ってみよう、と思う。

老いては子に従えともいうではないか。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「青森から4年前に上京した若者」は、
元手「1千円」からスタートして

最近の2年間で6億円ほどを手にしているというのです。
しかもそれは彼にとって通過点に過ぎない…。

もちろん過去形ではありません。

自身で工夫していく間にノウハウが
形成され、それを全公開した157名全員が
もれなく50万以上の収入を得ている
というのです。

しかも、パソコンに向かって行うことは
文字どおり、機械的に
ワンクリックするだけ…。

まあ、いまの時代はインターネット一台
有れば、世界を旅しながらでも
稼げてしまうということになります。

パソコンは2万、3万のものでいい、とも
いうのですから痛快ですね。

野菜の栽培は午前10時までの
「朝日のバイブレーション」タイムだけにして
あとは一日の間のどこかの時間で
ワンクリック…、なんて、面白い
時代になってきました。

実際、栽培生活に入ると、マネーが
あまり必要ないし、食べ物は採れたて、
身体も適度に動かし、しかも身体を
いじめなくていい。ゴルフなどのように
偏った運動ではなく、全身運動に
なります。

病気になる要因がどんどん、減っていく。
2月12日は、4とおりのうちの
どれから行うことにしましょうかね。
元手1千円もいいですねぇ。

元手3千円から、という億万長者さんも
います。

でも、無料でできるものから入って
いきますかねえ。

「月収100万円ぐらいでいいのなら、
無料スタートで月収を地道に
増やされたらどうですか?」などと、

まあ、若きお師匠さん(大金持ち)は、
おっとりとして言ってくれちゃいます。(笑

まあ、私などは、月20万円ぐらいでいいのです。

しかも、パソコンを「ポン」とワンクリック
するだけなら、むしろ高齢者向きでは
ないのですかね。

30歳の主婦の年収が3000万円という
のにも…。もう驚かなくなりました。

「そうですねぇ。一日
何もしなかったり、やっても30分
ぐらいですかねぇ」…、とも…。

小学生で月収1000万円というのは…。
さすがに今でも驚きます。

まずは、知ることが大事ですね。
のんびり慎重に進めないと、
「うまくいかない組と、
失敗組に入りますぞ」。
「初めて見てどうでしたか」
「こうしたらうまくいきました」
という環境が
大事なのですよね。
 
それと、欲はかかないこと。
何のために収入を増やしたいのか?
やはり、なにがしかの他者貢献を
意識して進めたいものです。
子供のためというのは聖なる思いなのでしょう。

サラリーマンは成功しにくいのですよね。
なぜか、もう、お給料で飼いならされている…。

行動に移す代わりに
ノウハウ収集に目移りしてノウハウに
金をつぎ込み、なかには借金をしてしまう人がいる。
あのクレジットカードというのは
借金を癖づけさせる仕組みです。
口だけは達者になる、が、行動に移せないのです。

 「95%がうまくいかない」と言ったって
やればいいことをやらずに投げだしていたのでは
うまくいくも何もない。

95%がプロセスの途中で放りなげている。
せめて、収入が100円でも発生するところまで
やってから放りだせば、「あれ入金が発生している」
「これならもう少しやってみようか」という動機づけ
にはなる。
posted by 大下伸悦 at 14:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しょせん、運のいい人にはかなわない。が…。



メインビジネス化.最低月収50万円って?

すると現在の仕事はセカンドビジネスに?

究極の安心は、100%失敗がなくて安定した収入源を得ること。
知らなくても簡単に稼げること。時間に自由があること。Youtaプログラム

どうせなら早く軌道に乗せることである。早ければ2日で入金(初収入)がある。どうやって?

1. 素直のクセづけ A勉強好き・しかし、圧縮化 Bプラス発想のクセづけ C行動のクセづけ(真似びグセ)

 

◎うまくいかないタイプ:素直さがみえないタイプ。まるっぽコピーすることができな

いひと。

◎ノウハウコレクターで散財をつづける人。会社員グセ(依存グセ)の強いひと。

行動しない(実行に移さない)ひと。すぐに隣の芝生に目移りするひと。見栄っ張

りグセのあるひと、名門高学歴の人。

 

◎うまくいっているひとに目立つ特徴

不登校体験のあるひと。中卒のひと。借金だらけ(1000万円)で公園の草をてん

ぷらにして食べ漁ったり、走ってくる電車に吸い寄せられていったりというどん底

から飛びついたひと。20代前半で藁にもすがるつもりで1000円から始めたひ

と。ゲーム世代のひと。

 

◎稼いではいるようだが胡散臭い人。

年齢がまあまあいっている人。太っている人(まあ、これはどうかとは思う)。

顔つきがゆがんでいる人。集客時6万円、20万円〜60万円の教材を売りつける

ひと。

 

◎うまくいくひとは、能力でも知識でもない。しょせん運のいいひとには敵わない。

運のいいひとには、いい縁が舞い込んでくる。
ゆったりしたグループ「環境が運を引き寄せる」。
そのひとたちの「場の力(パワー)」が成功者をつくっていく。

◎まあ、他にやることもないし、
新時代の風を呼び込んでいる若者に
ついて行ってみよう。

老いては子に従えともいうではないか。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「青森から4年前に上京した若者」は、
元手「1千円」からスタートして

最近の2年間で6億円ほどを手にしているというのです。
しかもそれは彼にとって通過点に過ぎない…。

もちろん過去形ではありません。

自身で工夫していく間にノウハウが
形成され、それを全公開した157名全員が
もれなく50万以上の収入を得ている
というのです。

しかも、パソコンに向かって行うことは
文字どおり、機械的に
ワンクリックするだけ…。

まあ、いまの時代はインターネット一台
有れば、世界を旅しながらでも
稼げてしまうということになります。

パソコンは2万、3万のものでいい、とも
いうのですから痛快ですね。

野菜の栽培は午前10時までの
「朝日のバイブレーション」タイムだけにして
あとは一日の間のどこかの時間で
ワンクリック…、なんて、面白い
時代になってきました。

実際、栽培生活に入ると、マネーが
あまり必要ないし、食べ物は採れたて、
身体も適度に動かし、しかも身体を
いじめなくていい。ゴルフなどのように
偏った運動ではなく、全身運動に
なります。

病気になる要因がどんどん、減っていく。
2月12日は、4とおりのうちの
どれから行うことにしましょうかね。
元手1千円もいいですねぇ。

元手3千円から、という億万長者さんも
います。

でも、無料でできるものから入って
いきますかねえ。

「月収100万円ぐらいでいいのなら、
無料スタートで月収を地道に
増やされたらどうですか?」などと、

まあ、若きお師匠さん(大金持ち)は、
おっとりとして言ってくれちゃいます。(笑

まあ、私などは、月20万円ぐらいでいいのです。

しかも、パソコンを「ポン」とワンクリック
するだけなら、むしろ高齢者向きでは
ないのですかね。

30歳の主婦の年収が3000万円という
のにも…。もう驚かなくなりました。

「そうですねぇ。一日
何もしなかったり、やっても30分
ぐらいですかねぇ」…、とも…。

小学生で月収1000万円というのは…。
さすがに今でも驚きます。

まずは、知ることが大事ですね。
のんびり慎重に進めないと、
「うまくいかない組と、
失敗組に入りますぞ」。
「初めて見てどうでしたか」
「こうしたらうまくいきました」
という環境が
大事なのですよね。
 
それと、欲はかかないこと。
何のために収入を増やしたいのか?
やはり、なにがしかの他者貢献を
意識して進めたいものです。
子供のためというのは聖なる思いなのでしょう。

サラリーマンは成功しにくいのですよね。
なぜか、もう、お給料で飼いならされている…。

行動に移す代わりに
ノウハウ収集に目移りしてノウハウに
金をつぎ込み、なかには借金をしてしまう人がいる。
あのクレジットカードというのは
借金を癖づけさせる仕組みです。
口だけは達者になる、が、行動に移せないのです。

 「95%がうまくいかない」と言ったって
やればいいことをやらずに投げだしていたのでは
うまくいくも何もない。

95%がプロセスの途中で放りなげている。
せめて、収入が100円でも発生するところまで
やってから放りだせば、「あれ入金が発生している」
「これならもう少しやってみようか」という動機づけ
にはなる。
posted by 大下伸悦 at 11:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しょせん、運のいい人にはかなわない。が…。

メインビジネス化.最低月収50万円って?
すると現在の仕事はセカンドビジネスに?
究極の安心は、100%失敗がなくて安定した収入源を得ること。
知らなくても簡単に稼げること。時間に自由があること。Youtaプログラム
どうせなら早く軌道に乗せることである。早ければ2日で入金(初収入)がある。どうやって?
1. 素直のクセづけ A勉強好き・しかし、圧縮化 Bプラス発想のクセづけ C行動のクセづけ(真似びグセ)
 
◎うまくいかないタイプ:素直さがみえないタイプ。まるっぽコピーすることができな
いひと。
◎ノウハウコレクターで散財をつづける人。会社員グセ(依存グセ)の強いひと。
行動しない(実行に移さない)ひと。すぐに隣の芝生に目移りするひと。見栄っ張
りグセのあるひと、名門高学歴の人。
 
◎うまくいっているひとに目立つ特徴
不登校体験のあるひと。中卒のひと。借金だらけ(1000万円)で公園の草をてん
ぷらにして食べ漁ったり、走ってくる電車に吸い寄せられていったりというどん底
から飛びついたひと。20代前半で藁にもすがるつもりで1000円から始めたひ
と。ゲーム世代のひと。
 
◎稼いではいるようだが胡散臭い人。
年齢がまあまあいっている人。太っている人(まあ、これはどうかとは思う)。
顔つきがゆがんでいる人。集客時6万円、20万円〜60万円の教材を売りつける
ひと。
 
◎うまくいくひとは、能力でも知識でもない。しょせん運のいいひとには敵わない。
運のいいひとには、いい縁が舞い込んでくる。
ゆったりしたグループ「環境が運を引き寄せる」。
そのひとたちの「場の力(パワー)」が成功者をつくっていく。
◎まあ、他にやることもないし、
新時代の風を呼び込んでいる若者に
ついて行ってみよう。
老いては子に従えともいうではないか。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「青森から4年前に上京した若者」は、
元手「1千円」からスタートして

最近の2年間で6億円ほどを手にしているというのです。
しかもそれは彼にとって通過点に過ぎない…。

もちろん過去形ではありません。
自身で工夫していく間にノウハウが
形成され、それを全公開した157名全員が
もれなく50万以上の収入を得ている
というのです。

しかも、パソコンに向かって行うことは
文字どおり、機械的に
ワンクリックするだけ…。

まあ、いまの時代はインターネット一台
有れば、世界を旅しながらでも
稼げてしまうということになります。

パソコンは2万、3万のものでいい、とも
いうのですから痛快ですね。

野菜の栽培は午前10時までの
「朝日のバイブレーション」タイムだけにして
あとは一日の間のどこかの時間で
ワンクリック…、なんて、面白い
時代になってきました。
実際、栽培生活に入ると、マネーが
あまり必要ないし、食べ物は採れたて、
身体も適度に動かし、しかも身体を
いじめなくていい。ゴルフなどのように
偏った運動ではなく、全身運動に
なります。
病気になる要因がどんどん、減っていく。
2月12日は、4とおりのうちの
どれから行うことにしましょうかね。
元手1千円もいいですねぇ。
元手3千円から、という億万長者さんも
います。

でも、無料でできるものから入って
いきますかねえ。
「月収100万円ぐらいでいいのなら、
無料スタートで月収を地道に
増やされたらどうですか?」などと、

まあ、若きお師匠さん(大金持ち)は、
おっとりとして言ってくれちゃいます。(笑

まあ、私などは、月20万円ぐらいでいいのです。

しかも、パソコンを「ポン」とワンクリック
するだけなら、むしろ高齢者向きでは
ないのですかね。

30歳の主婦の年収が3000万円という
のにも…。もう驚かなくなりました。
「そうですねぇ。一日
何もしなかったり、やっても30分
ぐらいですかねぇ」…、とも…。
小学生で月収1000万円というのは…。
さすがに今でも驚きます。
 
まずは、知ることが大事ですね。
のんびり慎重に進めないと、
「うまくいかない組と、
失敗組に入りますぞ」。
「初めて見てどうでしたか」
「こうしたらうまくいきました」
という環境が
大事なのですよね。
 
それと、欲はかかないこと。
何のために収入を増やしたいのか?
やはり、なにがしかの他者貢献を
意識して進めたいものです。
子供のためというのは聖なる思いなのでしょう。

サラリーマンは成功しにくいのですよね。
なぜか、もう、お給料で飼いならされている…。

行動に移す代わりに
ノウハウ収集に目移りしてノウハウに
金をつぎ込み、なかには借金をしてしまう人がいる。
あのクレジットカードというのは
借金を癖づけさせる仕組みです。
口だけは達者になる、が、行動に移せないのです。

 「95%がうまくいかない」と言ったって
やればいいことをやらずに投げだしていたのでは
うまくいくも何もない。

95%がプロセスの途中で放りなげている。
せめて、収入が100円でも発生するところまで
やってから放りだせば、「あれ入金が発生している」
「これならもう少しやってみようか」という動機づけ
にはなる。
posted by 大下伸悦 at 02:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする