2017年02月04日

2月12日の横浜、大阪でも行ってという声が上がっています。



さきほど掲載した「青森上京の若者」は、
元手「1千円」からスタートして3年ほどの
間に8億円ほどを手にしています。
もちろん過去形ではありません。

自身で工夫していく間にノウハウが
形成され、それを全公開するから
全員もれなく50万以上の収入を得ている
というのです。

しかも、パソコンに向かって行うことは
文字どおり、機械的に
ワンクリックするだけ…。

まあ、いまの時代はインターネット一台
有れば、世界を旅しながらでも
稼げてしまうということになります。

パソコンは2万、3万のものでいい、とも
いうのですから
痛快ですね。


野菜の栽培は午前10時までの「朝日の
バイブレーション」タイムだけにして

あとは一日の間のどこかの時間で
ワンクリック…、なんて、面白い
時代になってきました。

実際、栽培生活に入ると、マネーが
あまり必要ないし、食べ物は採れたて、
身体も適度に動かし、しかも身体を
いじめなくていい。

病気になる要因がどんどん、削られていく。

2月12日は、4とおりのうちの
どれから行うことにしましょうかね。

元手1千円もいいですねぇ。
元手3千円から、という億万長者さんも
います。

でも、無料でできるものから入って
いきますかねえ。
「月収100万円ぐらいでいいのなら、
無料スタートで月収を地道に
増やされたらどうですか?」などと、
まあ、若きお師匠さん(大金持ち)は、
おっとりしたものです。

まあ、月20万円ぐらいで
いいのですよねえ。

30歳の主婦の年収が3000万円という
のにも…。もう驚かなくなりました。
「そうですねぇ。一日
何もしなかったり、やっても30分
ぐらいですかねぇ」…、とも…。

小学生で月収1000万円というのは…。
さすがに今でも驚きます。

「こら!おおした、しっかりせんか」.
「はい、小学生のお師匠さま」.

さぞかし、甘いもの食べ放題で
ぶくぶく太っていたりしてね。

なに?
そんな暇はないですって?

まずは、知ることが大事ですね。
のんびり慎重に進めないと、
「うまくいかない組と、
失敗組に入りますぞ」。

「初めて見てどうでしたか」
「こうしたらうまくいきました」
という環境が
大事なのですよね。
 
それと、欲はかかないこと。
何のために収入を増やしたいのか?
やはり、なにがしかの他者貢献を
意識して進めたいものです。
子供のためだっていいではないですか。

サラリーマンは成功しにくいのですよね。
もう、お給料で飼いならされている…。

ノウハウ収集に目移りしてノウハウに
金をつぎ込み、借金をつくる…。
そして、行動に移さないのです。

95%がうまくいかない、と言ったって
そんなものです。

12日の初期メンバーで何回か、
精進してまいりましょう。
次回はいつにするか、提案を
お願いします。


おおした
posted by 大下伸悦 at 02:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする