2019年07月18日

岐阜市近接の農園、まだまだ続く冷夏

DSC_0002.JPGDSC_0001.JPG天気予報によれば私の滞在する岐阜市近接地も曇りや雨の日が25日まで続く模様です。
夏野菜や稲の光合成不足をどのようにして補うか、知恵の出しどころですね。
さて、21日は農園でのもち米生育鑑賞会の予告をしておりましたが、この日は大事な国政選挙の日でしたね。
うっかりしておりました。
投票を終えてから来れる方のみ、いらしてください。
ちなみに私は既に投票済みです。
専業の農事経営者は、「冷夏だから出荷できなくても仕方がない」というわけには行かないのですよね。
創意工夫を楽しみましょう…。
-------------
韓国人の良心(誤字訂正.陣→人)https://www.youtube.com/watch?v=HBZowZgUHys&feature=share



posted by 大下伸悦 at 06:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

韓国陣の良心

posted by 大下伸悦 at 22:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷夏も、ほどほどにしてよ

DSC_0002.JPGDSC_0001.JPG
冷夏続きの近況に
気の早い筋は、
26年前の米の大不作の再来か、
と騒いでおりますが、
はたしてどうでしょう。

写真の稲、元気でしょう?

1万2千年前の
南九州での
稲作の歴史に触発されて
もち米(陸稲)の籾を
蒔いたのでした。

まだ草取りもしていません。
水もやっていませんが
極めて旺盛に
育っております。

もちろん不耕起、自然栽培。
無農薬、無化学肥料、
無有機肥料。

60年間連続でも、
同じ植え穴に籾を蒔いては
収穫しつづけるのです。

まあ、不作ということは
ないでしよう、

7月21日、
不耕起縄文稲作応援隊、
5名募集....。

草にあくせくしない栽培法です。
まあ、見てくださいな。

味が水稲に劣らなかったら
こんなに楽な栽培法は
ないでしょう。

13時までに集合..。
メールは
saiwai3101😀au.com
へどうぞ。
😀は@に替えてお送りください。
軍手とタオルと帽子を
ご持参ください。

岐阜県羽島郡岐南町です。

せっかくの人生です。
困った困った、いやだいやだ
ではなく、
こうしようああしよう、で
たのしんでや~。





















posted by 大下伸悦 at 22:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする